マンションジャーナル

マンションジャーナル

【型崩れとはおさらば!】バッグの正しい収納法!

マンションジャーナル最新記事

More
【型崩れとはおさらば!】バッグの正しい収納法!

仕事でもプライベートでも必要不可欠なバッグ。実用性はもちろん、おしゃれにもこだわってたくさんのバッグを持っている人も多いと思います。でも、意外と困るのが「バッグの収納方法」。ただまとめて置いておくだけでは見た目にも良くありませんし、何しろ型崩れが心配ですよね。

そこで今回は、バッグの型崩れを防ぐための収納方法をご紹介します。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

フックに引っ掛けて収納

バッグに限らず、収納で大活躍するのがS字フック。服と同じようにかけておけば、バッグが潰れたりする心配もいりません。

突っ張り棒などを併用すれば、デッドスペースでも収納スペースに早変わりします。もったいないな、と感じるスペースは、バッグの収納に使ってみてはいかがでしょうか?

S字フックの使い方やバッグのかけ方次第で、家の中でもまるでお店のディスプレイのように見える収納ができますよ。

ボックスに入れる

100円ショップでもホームセンターでも、いろいろなデザインの収納ボックスが販売されていますよね。そんなボックスを利用するのも、収納手段の一つです。

ボックスといっても、縦型のもの、ふたがついているもの、積み重ねられるものなど、特徴は様々です。どんなバッグでもしまえるよう全て統一しても良いですし、収納自体もおしゃれに見えるようにあえて違うデザインのものを組み合わせてみるのも良いかもしれません。

入れるときのコツとしては、他のバッグとあまりくっつかないようにすること。一つ一つを区切ることできれいに見えますし、型崩れすることもありません。

専用の収納ラックに入れる

自分で試行錯誤せずとも、バッグ専用の収納ラックというものもあります。

仕切りがすでにされており、なおかつすぐにどのバッグか分かるようなつくりになっているものがほとんどなので、手っ取り早くすっきりと収納させたいという人はこのような便利グッズを使ってみるのも一つの手段ですよ。

柔らかい素材なら中に新聞紙を入れるべし


柔らかい皮などの素材のバッグの場合、適当に保管しておくとすぐにへたったり、シワがついたりしてしまいます。

そうならないためにも、収納するときには中に新聞紙などをくしゃくしゃにしたものを詰めておくのがおすすめです。ふくらみを持たせておくことで、型崩れを防ぐことができます。

まとめ

今回ご紹介した収納方法以外にも、自分ならではの方法でバッグを収納しているという人も中にはいると思います。
せっかくのお気に入りのバッグであれば、長持ちさせるためにも、バッグにとって一番良い環境で収納してあげることを心がけましょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top