マンションジャーナル

マンションジャーナル

デキるビジネスパーソンが実践しているデスク整理方法とは?

マンションジャーナル最新記事

More
デキるビジネスパーソンが実践しているデスク整理方法とは?

パソコンのコード、食べ物、ペン、書類などデスクのが汚くなる要因は様々です。

ファイルに入れるべきものも、捨てるべきものも混ざっていては、仕事は思うようにはかどりません。

また探し物をする時間が長くなり、集中力も途切れます。

すると徐々に仕事の優先順位がわからなくなり、効率も悪く、重要な仕事になかなかたどりつかなくなってしまいます。

こんな状態から脱出するために整理されたデスクを維持できる「デキル人」のテクニックを教えします。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

まずは紙を減らす

photo by 女性の美学

まず、紙をなくすことが重要です。

仕事を終えた後は、その書類が必要かどうかを判断し、データーとして残っている情報は捨てましょう。

文房具は1種類1個が原則です。

使うものだけを置くようにし、みんなで使うものは共有スペースに移動しましょう。

デスクの上にはパソコンと今使うものだけを置くスタイルが理想です。

カレンダーなどをデスクに置くことも余計な情報になるのでやめましょう。目に入る情報が少ないほど集中力がアップします。

パソコンのフォルダーを整理する

photo by yasibu

パソコンのデスクトップはデスクの上と同じだと思ってください。

整理されていないと効率が下がります。

フォルダーは、カテゴリー別や日付別など上手にわけ、どこに何が入っているかすぐわかるように整理しましょう。

特にフォルダー内は、「保存日時順に並べる」機能を活用してみてはいかがでしょうか?

置く場所を決める

全ての定位置を決めましょう。

特に注意すべきは、引き出しの中です。文房具などを収納する引き出しですが、少しコツが必要です。

photo by アスクル

photo by 無印

100均グッズなどを使ってもいいですし、アスクルの引き出し整理ボックス無印良品のデスク内整理トレーなどを利用して引き出し内を仕切り、ペンや付箋、修正テープなどの定位置を決めます。

使用頻度が高いものは、引き出してすぐに取れるよう手前におきましょう。

そしてモノは重ねないこと。上から見て何がどこにあるかすぐわかることが重要です。

定期的に片づける時間をつくる

当然ながら、デスクで食べたり飲んだりした後は容器やごみを捨てるようにしましょう。

また、整理が不得手な人は休み前の日など、定期的にデスクを片づける時間をつくりましょう。

不要な書類は捨て、デスクの上に出ている文房具などは引き出しに戻すだけです。ほんの10分ほどで終わります。

この時間をつくることで、休み明けのTO DO LISTが頭の中で整理でき、効率よく仕事が進むことにつながります。

まとめ

これであなたも整理されたデスクを維持する「デキる人」ですね。

整理されたデスクは効率を高めます。子供の勉強机も同様です。

目に入る情報が少ないほど集中力は上がり、それに比例して成績も上がっていきます。

自分のデスクもそうですが、お子さんの勉強机にも漫画本や携帯電話など余計なものを置いていないか、一度チェックしてみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top