マンションジャーナル

マンションジャーナル

【知らないと損!】申請しないと貰えないすまい給付金とは?

マンションジャーナル最新記事

More
【知らないと損!】申請しないと貰えないすまい給付金とは?

これから家やマンションを購入しようと考えている人は、事前に国の施策を知っておく必要があります。

今回ご紹介したいのは、「すまい給付金」です。

住宅購入をサポートするこの制度は、消費税の増税による負担を軽減することを目的としており、現金で受け取ることができる特徴があります。

また、申請をしなければ受けることのできない仕組みとなっているため、制度を知らない人は恩恵を受けることができません。

みなさんが得をするために、すまい給付金について説明させていただきます。

どうすれば「すまい給付金」を貰えるのか?

すまい給付金には、⑴年収⑵部屋の広さの二つの条件があります。

第一条件としては、収入が510万円以下であること、都道府県民税の所得割額が9.38万円以下であることが挙げられます。

これで基礎給付金10万円の条件を突破することになりますが、更に収入が下がっていくと最大で基礎給付金が30万円となります。

第二条件としては、購入した家が50平方メートル以上あることが挙げられます。

夫婦だけで生活をするためや1人暮らしのために、1LDK、45平方メートルのマンションを購入したとしてもすまい給付金の対象とはなりませんので注意してください。

住宅ローン減税との違いとは?

すまい給付金を考える際、住宅ローン減税との違いについて理解しておく必要があります。

住宅ローン減税とは、住宅ローン残高の1%を所得税から控除する政策です。

期限は10年間と定められており、毎年年末調整の時期に最大で400万円が返ってくるようになります。

10年間で400万円ということは、1年で40万円が所得税から戻ってくるということです。

1年で40万円と聞くと魅力的ですが、実際全員が最大金額である400万円を貰えるわけではないのです。

要するに、10年間でローン残高が4000万円を超えていて、かつ年間の所得税と住民税で40万円を超えていなければいけないのです。

ここからわかるのは、住宅ローン減税は、収入が多く、高額の住宅に住んでいる人(住宅ローン額が多い人)が得をする法律ということです。

それに対し、すまい給付金は、収入が多くない人に対しての給付金を目的としているため、住宅ローン減税と比べ、多くの人が対象となるのです。

まとめ

すまい給付金のメリットは、低所得であっても家を購入するチャンスを手に入られることです。

給付金を含めた家計の設計ができますので、賃貸物件よりも収支面で得をすることもあります。

すまい給付金の重要なところは、「申請をしなければならない」ということです。

忘れないように覚えておき、販売員の方に相談をしてみることをお勧めします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top