マンションジャーナル

マンションジャーナル

【必見!】冷凍庫に入れておくと便利な食材とは?

マンションジャーナル最新記事

More
【必見!】冷凍庫に入れておくと便利な食材とは?

毎日の食事の用意は、家事の中でも最も時間を割くものでしょう。いくら料理が好きな人でも忙しいとき、体調が悪いときなどはなかなか料理を楽しんですることはできないものです。そこで冷凍庫に常備しておけば、簡単に料理として出せる食材や加工品をここではご紹介します。ついでや彩りの一品がほしいときなどにも便利ですよ。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

緑が目にも鮮やかな野菜は冷凍食材の定番

まず冷凍をしておくと便利なものの筆頭は、すぐに痛んでしまう野菜でしょう。野菜は急速冷凍をすることによって、栄養を逃さず閉じ込めておくことができます。まるごと売っている野菜を買ってきて、少量ずつ分けて保存をしておけば、必要な時に少しずつ使えるので大変便利です。

お得であるからと言ってまとめ買いをして、結局腐らせたり痛めたりして食べられなくなった、という思いをしたことがある人は、ぜひ野菜を冷凍保存してみるということを始めてみてはいかがでしょうか。

特に数ある野菜の中でも冷凍保存に向いているのがブロッコリーです。それほど水分も多くないブロッコリーは冷凍をしてもその独特の風味や、噛みごたえのある食感が損なわれにくいです。

決して食卓の主役ではありませんが、彩りとして役立つブロッコリーを用意しておけば、ビーフシチューに入れたりハンバーグなどの付け合わせにしたり、お子さんのお弁当箱にちょっと添えておいたりできるので、非常に便利です。

また刻んだ青いネギも冷凍しておくと便利です。カサが小さいのですぐに解凍できますし、ちょっとずつ使うことが多いので、その時のほしい分だけ少し袋などから書けるように使いましょう。お味噌汁などの汁物に入れても良いですし、和食に少しづつ使うこともできます。青みが足りない時には冷凍野菜は本当に役立ってくれるでしょう。

きのこは冷凍庫に入れておけば食べやすくなり、保存も効く

冷凍の野菜の次に、冷凍庫に入れておくべきものとして、提案をするのがきのこ類です。きのこの冷凍というのは冷凍食品などでもあまり見かけないので、それほどピンとこないかもしれません。

しかしきのこを凍らせることで細胞が凍結、崩壊し、その際にきのこの中に含まれる旨味成分が染み出すとも言われています。そのため冷凍した後に解凍すれば、ナマで味わうのとはまた違った味が出てくるのです。

ただしどうしても食感は損なわれてしまうので、エリンギなど歯ごたえを楽しみたいきのこ類は冷凍保存に向いていないかもしれません。どちらかと言うと食感よりも味を楽しめるきのこを保存しておきましょう。しめじ、そしてなめこなどは味が魅力のきのこなので、冷凍によってさらに味わいを増すことが期待できます。

解凍したあとはスパゲティやきのこおこわなどに入れると大変美味しく味わうことができるでしょう。様々な種類のきのこが入ったパックをスーパーで買ってきて、それをいしづきを取ってから、包丁でみじん切りにカットします。それをふりかけのようにいろいろな料理に混ぜ込んでもきのこの旨味が染み出しやすくなって、また新鮮な食感や味覚を楽しめるでしょう。

焼いても良し、スープに入れても良しの餃子

冷凍しておくと便利な食材だけではなく、調理済みの加工品があれば、解凍するだけで食卓に出せるので、手間を大幅に削減できますよね。時間のある時に大量に作り、冷凍しておくと便利な加工品といえば餃子です。

餃子ならば冷凍庫から出して、レンジで解凍してしまえば、そのまますぐに食卓に出して食べることもできる一品料理になります。夕飯の材料を買ってくるのを忘れた、ちょっと手抜きをしたい、子どもがお腹が空いてもう少しおかわりをしたいときなど、きちんとした料理として出せるので、色々なシーンで活用することできるでしょう。

さらに料理の具としても餃子は役立ってくれます。鶏ガラスープに入れればボリュームのある中華スープの出来上がりですし、鍋物やフォーなどと一緒に煮ても美味しく食べられます。キムチ鍋、鶏塩鍋、ちゃんこ鍋などどんな鍋物にも合うでしょうし、中華料理との組み合わせはまさに王道です。

さらに餃子を上にチーズを乗せて解凍して、ピザ風にすればお子さんが大好きな味になるでしょう。喜ぶでしょうし、もちろんお弁当に入れたり、朝ごはんで出したりすることもできます。

炭水化物、野菜、タンパク質が一気に摂れるので、餃子だけ食べても栄養バランスが撮れる、というのは魅力的ですよね。朝から餃子を食べるとにんにくの臭いが…という方はにんにく抜きの餃子を自分で作っても良いでしょう。

焼き餃子、水餃子、上げ餃子など、多様な調理法に対応している餃子は、まさに冷凍加工食品の王様と言えます。常備しておけば必ずや役立ってくれるでしょう。

まとめ

ここに挙げたもの以外にも、冷凍しておけば役立つ食材はたくさんものです。最近では冷蔵庫の冷凍室の性能もアップして、野菜の旨みや栄養素、また生鮮食品なども傷まないように保存できるようになっています。刺し身も傷めずに保存できるものがあるほどです。

冷凍食材を色々キープしておけば、料理の手間を減らすだけでなく、買い物をする頻度を減らすこともできて、時間と無駄遣いを省けるでしょう。忙しい現代人にとって、冷凍食材は時間をうまく活用するための、必需品とも言えるのかもしれません。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top