マンションジャーナル

マンションジャーナル

目が合っちゃうかも?今人気のアニマルインテリアとは

目が合っちゃうかも?今人気のアニマルインテリアとは

動物をモチーフにしたインテリアは、たとえ作り物だと分かっていても目が合ってしまうと思わず「ドキッと」しちゃうこともありますよね。動物柄は、どこか愛嬌があって楽しいものも多く、いつの間にか愛着が湧いてきます。今回は、そんな個性豊かなアニマルインテリアを紹介します。

アニマルモチーフのインテリア実例

手っ取り早く動物インテリアを取り入れる方法として、アートはいかがでしょうか。アートなら、現在のリビングなどでも手軽に取り入れることも可能ですよね。少しだけ遊び心を加えるなら、動物柄はピッタリです。

もしも、カラーコーディネートなどで迷ってしまうとしたら、アートは画像のようなモノトーンをチョイスしましょう。ホワイトとブラックのモノトーンなら、他のインテリアのカラーを邪魔することもありません。

こちらは、エレガントな猫のシルエットの壁紙をチョイスしています。大胆な壁紙は、目を引くお部屋のアクセントウォールとしても使えますよ。印象的な猫柄の壁紙は、スタイリッシュなインテリアにもぴったり。家具や雑貨などのフォルムは、滑らかなカーブしたのものを選択すれば統一感も出てきますね。

また、個性的で曲線デザイン家具も多いミッドセンチュリーインテリアでコーディネートしてもおすすめですよ。

アニマルモチーフの効果的な使い方

こちらはマグネット式の壁紙なので、思い出の写真やお気に入りの絵はがきなどで自分なりのディスプレイも楽しめます。また、キリン柄の壁紙はインパクトも強いため、部屋のフォーカルポイントとしても活躍しそうですね。

こちらの壁紙は、リビングはもちろんのこと、子ども部屋にも使えるでしょう。ポップで、ユニークな部屋になりそうです。動物が好きな人は、このような大胆な柄をセレクトしてみてはいかがでしょうか。

http://roomclip.jp/photo/HJs

動物は嫌いじゃないけれども、リアルな動物柄は苦手……という人も中にはいるのではないでしょうか。そういった人には、動物でもキャラクター化されているものがおすすめ。動物をモチーフにしていても、リアルすぎないためインテリアに取り入れても抵抗感が少ないでしょう。

こちらは、スウェーデンの陶芸家であるリサ・ラーソンの「ライオン」の置物。リサ・ラーソンは、日本でも大人気です。さまざまな北欧デザインの雑貨と並べても似合いますね。

アニマルアイテムのおすすめ購入スポット

スタイリッシュな豹のウォールステッカー。迫力ある豹柄ですが、ホワイトとブラックのモノトーンなので、意外とシックなイメージになりそうです。落ち着いたシンプルモダンインテリアにマッチするでしょう。剥がせるタイプのウォールステッカーなので、賃貸の人はもちろんのこと、壁を汚したくない人や頻繁に模様替えしたい人にも最適です。キュートなハリネズミ柄のクッションカバーです。ただの動物柄ではなく、少しオリエンタルな雰囲気も持ち合わせています。自然素材である綿麻なので、肌触りも良さそうですね。アジアンテイストなどのリゾート風インテリアに、ポイントとして加えてもおすすめです。通常のアジアンテイストに、親しみやすさもプラスされるのではないでしょうか。

デニム生地で出来ているラフな雰囲気が、魅力的なアニマルクッション。思わず抱きしめたくなるようなキュートな動物柄です。ソファの上だけではなく、ベッドの上に置いてもアクセントになりそうですね。ポップな印象のアニマルクッションは、ヴィンテージテイストのインテリアに加えるとカジュアルさもプラスされ親近感も湧きそうです。

まとめ

ユニークな動物は、見ているだけでも自然と笑顔になりますよね。本当は動物が好きで飼いたくても、事情により飼えないという人もいるのではないでしょうか。そういった人は、動物のモチーフをインテリアに取り入れてみませんか?ささやかながらも、日々の生活の癒やしになるかもしれませんよ。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top