マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

それ良くないかも!?気をつけたい家電の配置

それ良くないかも!?気をつけたい家電の配置

家電の配置によっては、機械の寿命が短くしてしまったり、風水的に見て運気を下げてしまっていることもあります。

この際、間違った配置をなるべく改善して、故障を減らして無駄な出費を抑え、運気を上げましょう。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

冷蔵庫を壁にくっつける

冷蔵庫の側面には熱を放出ある部分があり、そこを壁にくっつけてしまうと熱が逃げ場を失ってしまいます。すると、熱がこもり、冷蔵庫の故障に繋がるばかりか、お家の壁も痛めてしまう可能性もあります。

最低でも側面は0.5cm、上部は5cm以上の隙間を確保した方がいいと言われていますが、メーカーごとによって異なるため、取扱説明書に記載されている通りにするのが一番です。

冷蔵庫の上に電子レンジ

これは風水の話になりますが、冷蔵庫の上に電子レンジを置くのは良くないのです。ものを冷やすための冷蔵庫と温めるための電子レンジというのが矛盾しているため、金運が下がると言われています。

しかし、スペースの関係上、どうしても電子レンジを冷蔵庫の上に置かなければならないケースがあります。その時は、木の板などを挟んで仕切るなどして、直接くっつけるのを避けるようにしましょう。

窓際にテレビ

窓際に置くと直射日光が当たって、熱を持ってしまい、故障の原因になる可能性があります。家電製品全般に言えることですが、直射日光はなるべく避けるように配置することで少しでも長く使うことができます。

特にテレビはリビングのテーブルやソファーの関係から窓の近くに行きがちなので注意が必要です。

窓際以外に置くところがない場合でも、カーテンで光を遮るだけでもだいぶ違ってきます。

テレビの近くに空気洗浄機

テレビの近くに空気洗浄機を置くと電波の妨げとなる可能性があります。テレビから少なくとも1m以上離れた場所に置くことをお勧めします。

最適な置き場所はお部屋の出入り口付近で、お部屋に入ってくる空気を洗浄してくれます。きれいな空気の流れを作り、お部屋で過ごす時間を快適にできます。

まとめ

家電は決して安くないので、できる限り長く使い続けたいという人がほとんどだと思います。

そのためにも、故障のリスクを少しでも減らす配置を心がけてみてはいかがでしょうか。

また空間を広く見せ、動線をよくするためには、家具の配置がとても重要となってきます。家具配置に関する3つテクニックを知っていれば、簡単に部屋をデザインすることができるので、家電の配置と一緒に気をつけてみてください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top