マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

本当に返済できる?住宅ローンはいくらまで借りるべきなのか?

本当に返済できる?住宅ローンはいくらまで借りるべきなのか?

住宅を購入する際には、多くの方が住宅ローンを利用します。

今や住宅ローンは、メガバンクからネット銀行まで様々な種類があり、金利やサービスなどにそれぞれの個性が見て取れます。

多くの方が、「とにかく金利の安い銀行で!」「サービス面が重要!」など、いわゆる『どこから借りるか』の判断には、多くの時間と労力をかけますが、意外と考えられていないのが、『いくらまで借りるべきなのか』です。

当然、今後返済していくわけですから、返済計画は入念に立てるべきです。

例えば、出産やお子様の進学、突然の病気や失業なども考慮した計画が立てられれば理想的です。

備えあれば憂いなし。この機会に、果たしてご自身がいくらまで借りるべきなのかを把握しましょう!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

借入額の目安とは?

借入額の目安を確認する方法の一つに、「返済負担率」という考え方があります。

返済負担率とは、税込年収に対する年間ローン返済額の割合のことで、一般的には25~35%程度が適切だと言われていますが、将来のあらゆるリスクを想定した上で、25%以内にとどめていくのが得策でしょう。

返済負担率=(年間ローン返済額÷年収)×100

例:年収750万円のエンジニアAさんが住宅ローンを借りる場合

40代前半のAさんは4人家族。大手企業のエンジニアとして勤務し、年収は750万円。金利1.5%で返済期間は35年を予定しています。返済負担率を25%に抑える場合・・・

7,500,000×25%)÷12156,250円(毎月の返済額)

上記のように、Aさんの場合、年収と返済負担率を考慮すると、約15万円が適切な毎月の返済額となります。

では、こちらのAさんは、総額いくらまで借りるべきなのでしょうか?

156,250円(月の返済額)÷3,061円(金利1.5%100万円あたりの金額)×1,000,000円=51,045,410

上記の条件であれば、Aさんの借入金額はおよそ5,000万円が妥当なラインだと言えます。

ボーナスによる繰り上げ返済を計画している方も多いでしょうが、外的要因に左右されやすいボーナスは、当初の計画には入れない方がよりリスク回避に繋がるでしょう。

夫婦の収入合算でローンを組める?

共働きのご夫婦であれば、両者の収入合算でローンを組むという選択肢もあります。

借入額を増やすことができるため、夫婦個人の年収が高くなくてもローン借り入れができることなどのメリットがある反面、夫婦どちらか一方の収入が減少したり、失業したりすると、借入金が多い分、リスクが高まります。

収入合算の世帯年収の考え方、ローンの借入可能額とは

三菱東京UFJ銀行では、収入合算でローンを組み、主たる生計者の年収と他の年収を合算する場合、主たる生計者の年収の半額まで合算できます。

つまり例えば、夫の年収800万円、妻の年収600万円のご家庭で収入合算しようとすると、主たる生計者の夫800万円+妻400万円の、計1,200万円が世帯年収と見なされ、審査対象となります。

世帯年収が大きくなることで借入可能額を増やすことはできますが、前述のようにリスクもあるので、慎重に判断する必要があります。

「借りられる額」と「借りてもいい額」は違うということを意識してください。

まとめ

今回は、住宅ローンに関する借入可能額と、収入合算という借り方をご紹介しました。

住宅ローンは非常に複雑なので、分からないことは不動産会社や、直接銀行の窓口へ行って確認しましょう。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

著者について

コンサルティングセールス谷鴻佑
仲介手数料最大無料の中古マンションWEBサービス「カウル」にて、中古マンションの購入・売却のコンサルティング営業を担当。
不動産に関する広範囲な知識を元に、分かりやすい情報提供と、お客様とって最高の家探し、マンション売却のお手伝いをしています。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top