マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【意外と知らない!】RC造、SRC造とはどんなものか?

【意外と知らない!】RC造、SRC造とはどんなものか?

マンションを選ぶ際に誰もが重要視しているのは、駅からの距離や周辺の治安、部屋のレイアウトなどではないでしょうか。そのため、マンションがどのように造られているのかまでは気にしない人がほとんどです。

しかし、マンションやビルの造りには違いがあることをご存知でしょうか?マンションやビルのデータを確認すると、必ず構造が載っています。ここでは、マンションやビルでよく聞くRC造とSRC造の違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

RC造の特徴について

RC造は、Reinforced-Concreteの略です。コンクリートだけではなく、中に鉄筋を入れている構造のことをRC造といいます。マンションやビルが曲がってしまわないように鉄筋を使い、強度を保つためにコンクリートを利用している建築方法になります。

高層マンションにも使われており、一般的なマンションの構造と言えるでしょう。日本では地震が大きな災害の1つとなっていますが、RC造は耐震性に優れており、地震にとても強い造りとなっています。また、長く維持できるのも特徴で、築20年、30年くらいではビクともしません。長く住み続けることができるのがRC造のメリットとなっています。

また、設計をする際に制限が少ないのも特徴で、デザイナーズマンションのような複雑なレイアウト設計にも対応しやすくなっています。一方で、地盤をしっかりと保っておかなければならない、結露が発生しやすいといったデメリットがあります。

SRC造の特徴について

SRC造は、Steel Reinforced-Concreteの略です。つまり、RC造に鉄骨を加えた造りがSRC造になります。RC造よりも柱の断面を細くすることができ、耐震性には違いがありません。

その上で、SRC造には部屋を広々としたレイアウトにすることができるメリットがあります。加えて耐火性能が向上しているため、火事にも強い建物となっています。

しかし、鉄骨を加えることでマンションやビルの工期が長くなります。完成までに時間がかかるということは、物件が高額になってしまうデメリットがあります。RC造よりも部屋のレイアウトに制約がついてしまうこともデメリットの1つと言えるでしょう。

今は、RC造の技術が向上しているため、SRC造のマンションやビルは減少傾向にあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。マンションの造りまでこれまであまり意識してこなかったのではないでしょうか。

RC造やSRC造といった鉄筋コンクリートの比較だけでなく、木造建築と比較するとまた面白いかもしれません。今住んでいるマンションやこれから引っ越しを検討しているマンションを探す際の参考にしてみてください。

671

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top