マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【ママ必見!】60万の出産費用サポート!?子育てが充実した区特集

【ママ必見!】60万の出産費用サポート!?子育てが充実した区特集

保育園の待機児童や出生数の低下などがテレビや新聞で話題になりますが、子育てには保育施設以外にも、いろいろなサポートが必要です。

子育て世への支援ははただ単にお金や物だけではなく、「お金、人、環境」の3つが揃う事が望ましいですね。

都内の自治体は子育てサービスが充実している所が多いですが、サービスの内容でそれぞれ特色のある所も多い様です。

以下でいくつかをピックアップしてみました。

千代田区の取り組み

多くの区で中学校までの医療費の助成が、千代田区では18歳まで受けることができます

また、16歳から18歳までの子供に「次世代育成手当」として月5000円が支給されるなど、高校生の子育ても応援しているのが大きな特徴です。

千代田区の公式ホームページはこちら

港区の取り組み

妊娠から出産、育児にかけて一環した助成を行っているのが港区のサポートの魅力です。

赴任治療の助成が5年間で合計150万円、出産費用の助成が最大60万円まで、私立幼稚園の保護者補助金が年間最高24万2,400円などの他、認可外の保育施設への入所補助を月最大8万円受ける事ができます。

特に出産費用が60万支給されるのは、驚くべき点です。

通常出産費用は、

  1. 検診費用
  2. マタニティ用品に対する費用
  3. 出産準備用品の費用
  4. 出産費用

の4項目を合わせて50〜100万円かかるので、大部分を60万円でカバーすることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

港区の公式ホームページはこちら

荒川区の取り組み

子だくさんで大変なママさんを応援できるサポート体制が特徴です。

年中無休のホットライン「あらかわキッズコール24」の設置や第三子の保育料の免除、双子や三つ子などの多胎児を養育している家庭にタクシー利用券の配布と一時保育利用料の補助を行っています。

荒川区の公式ホームページはこちら

まとめ

もちろん、上記意外の都内の自治体でも子育てへのサポート体制は整っています。

千代田区が取り組んでいる様な赴任治療への助成を行っている自治体は都内では10にのぼりますし、医療費の助成に関しては、23区の全ての地域で中学校3年生までのサポートが行われています

また、育児疲れや、病気や体調不良、急な用事などで育児が困難な場合に、数日間子供を預かるショートステイと言った取り組みも23区内全てのエリアで実施されおり、お金だけでなく、人や環境面でのサポートも進んでいるのです。

昔は子育ては地域で行うもの…と言った意識がありました。育児の悩みを聞いたり、近所の子供を預かったり、困った事があればサポートしていたのは身の回りの人達でした。しかし、今では昔の様な風潮は少なくなり、子育てをする親達も孤立しがちです。

都内の自治体の様な取り組みがそうした親達の助けになるのでは無いでしょうか?

家族や周囲の助けだけではなく、行政の制度なども利用して余裕のある子育てをして行けるといいですね。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top