マンションジャーナル

マンションジャーナル

【2017年速報】住みたい街ランキングに異変アリ!一体何が変わったのか?

【2017年速報】住みたい街ランキングに異変アリ!一体何が変わったのか?

住宅情報誌「SUUMO」を運営するリクルートが毎年実施している「住みたい街ランキング」が2017年も発表されました。毎年、住宅地の人気を見る大事な指標として活用される同ランキングですが、今年も大きな変化がありました。不動の人気を誇る吉祥寺、昨年初めて1位を獲得した恵比寿、近年人気が急上昇している武蔵小杉などの顔ぶれに加え、品川、中目黒、渋谷、東京などのニューカマーも一気にランキングを上げています。早速、ランキングを見ていきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1位 吉祥寺 – 去年の雪辱を晴らす

2016年に恵比寿に1位を取られてしまった吉祥寺が、再び1位に返り咲きました。吉祥寺を全く案内しない老舗不動産屋「重田不動産」で働く2人の主人公を描いた「吉祥寺だけが住みたい街ですが」がドラマ化されたり、現在リニューアル工事をしている「コピス吉祥寺」が2017年3月1日一部先行オープン、3月30日に全館リニューアルオープン予定となっていることで話題を集めました。

2位 恵比寿 – 1位は陥落したものの、堂々の2位

昨年初めて1位を獲得した恵比寿が2位にランクイン。オシャレな飲食店も多く、生活がしやすい上、山手線、日比谷線、埼京線など様々な路線が利用でき、どこに行くのにも便利なのが人気の理由。お隣の目黒、渋谷、中目黒、代官山などへは、徒歩や自転車で行くことが出来るため、休日の楽しみも広がる街です。

>>恵比寿のマンション情報はコチラ

3位 横浜 – 不動の3位

圧倒的なブランドを誇る横浜が2015年、2016年に続き3位を獲得。2017年には横浜赤レンガ倉庫が開館15周年を迎え、今までの来館者数は約8,300万人を超えるというのですから、驚きです。最近では武蔵小杉の新築マンションラッシュに押され気味なところもありますが、ブランド力、知名度ではやはり横浜の人気が一段上、ということになるでしょう。

>>横浜のマンション情報はコチラ

4位 目黒 – 昨年より2位追い上げ

目黒駅が4位にランクインしました。住みたい街ランキングではおなじみの目黒。オシャレなイメージと、山手線、目黒線、三田線、南北線などの電車の利便性が高いのも人気の理由。どちらかというと、お隣の恵比寿や渋谷に比べて大人しいイメージでしたが、駅前再開発で再度注目を集めています。

再開発は27階建てのオフィスビルと、40階建て、38階建てのタワータワーマンションからなり、タワーマンション「Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)」は販売価格1億円以上の住戸が365戸という価格設定にも関わらず、立地条件の良さ・希少性、眺望の良さからすぐに完売してしまいました。この3棟の再開発は2017年11月に完了する予定になっています。他にも駅前のパークタワー目黒はランドマークマンションとして人気を集めています。

>>目黒のマンション情報はコチラ

5位 品川 – 新駅開発で一気に注目を集める

昨年13位だった品川が8位もランキングを上げ、5位にランクインしました。注目の理由は何といっても、田町駅との間に開発が予定されるJR山手線の新駅。またリニア新幹線の始発駅としても注目を集めています。

元々品川駅の西側は高級住宅街である御殿山や、品川プリンスホテルなどがありましたが、品川インターシティなどの商業ビルなど、駅の東側が開発されたのはつい最近のこと。今ではワールドシティタワーズ品川Vタワーコスモポリス品川などの人気マンションが軒を連ねます。

>>品川のマンション情報はコチラ

6位 武蔵小杉 – 昨年から2位ランキングを落とす

近年一気にランキングを上げてきた武蔵小杉が昨年の4位から2位ランキングを落とし、6位となりました。横須賀線、湘南新宿ライン、南武線、東横線、目黒線を利用することが出来、2014年には大型商業施設グランツリー武蔵小杉、ららテラス武蔵小杉がオープンしました。ディベロッパーによりパークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーザ・コスギタワーシティタワー武蔵小杉などの人気タワーマンションが建設され、中古マンションでも人気が最も高いエリアの一つです。

>>武蔵小杉のマンションを見てみる

7位 池袋 – 豊島区旧庁舎跡地で再開発計画

昨年に続き、池袋が7位にランクイン。2015年には区役所とタワーマンションが複合した49階建ての再開発が大きな注目を集めました。さらに豊島区の旧庁舎と公会堂の跡地は30階建てのビルとして、オフィスやカンファレンスホール、シネマコンプレックスなどが2019〜2020年までに再開発される予定。また池袋西口でもサンクンガーデンや高層ビルなどの再開発が計画中となっています。

>>池袋のマンション情報はコチラ

8位 中目黒 – 中目黒高架下のオープンにより注目度アップ

昨年の11位から3位ランキングを上げた中目黒。飲食店やセレクトショップが集まり、毎年桜のシーズンに目黒川沿いのお花見でも有名ですが、2016年11月22日にオープンした「中目黒高架下」も大きな注目を集めました。個性豊かな28店舗が中目黒〜祐天寺間の高架下にオープンし、新たな人気スポットとなっています。駅前のタワーマンション中目黒アトラスタワーが特に有名です。

>>中目黒のマンション情報はコチラ

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top