マンションジャーナル

マンションジャーナル

【お受験は当たり前?】港区の一流教育環境

【お受験は当たり前?】港区の一流教育環境

港区と言えば高所得者が多く住む街としてブランド化しています。

都内での贅沢な暮らしがストーリーとして描かれる場合、舞台はほとんどが港区ですよね。

そんな港区は、「子育てがしやすい街」としても人気が高いのをご存知ですか?

本記事では、港区の子育て・教育環境について知るためのポイントをご紹介したいと思います!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

お母さんに優しい!

高級なイメージのある港区ですが、子供を持つ家庭にはとてもいい環境と言えます。

まず妊産婦には港区のコミュニティーバスを無料で使用することが出来ます

また出産費用についても60万円まで助成されるそうです。

そして高所得者が多い中、中学生までこどもの医療費助成を受けられる点もメリットと言えるでしょう。

預かり保育も充実していることも、とてもありがたいですよね。

参考:港区ホームページ

気になる教育環境

昔は“お受験”と言って、“お”をつけるほど特殊で特別だった小学校受験ですが、共働き家庭が増え子供の教育に熱心な親が増えたためにそこまで特別な存在ではなくなってきました。

そんな中でも港区は私立小学校の進学率がNo. 1の地域です。

その理由としては高所得者が多く在住している点と、近隣に私立小学校が多くあるからと言われています。

ZUU onlineによると、港区の平均年収は、902万円と23区でトップとなっています。

参考:東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の…… (ZUU online)

また、特殊な世界である小学校お受験に対して周囲の理解度が高いことも理由と挙げられます。

この環境を象徴するのが、お受験幼稚園と半お受験幼稚園の存在です。

  • お受験幼稚園は、幼児教室に通いやすいような登園時間になっていたり、試験近くになると欠席が多くなることを黙認してくれる環境があります。一方、希望の学校にご縁がもらえなかったりすると、登園することが困難になることでしょう。
  • 半お受験幼稚園は、先生にお受験をすると伝えておくと、お受験クラスにまとめてくれる傾向があり、お教室などでのお休みにも快く対応してくれるそうです。

他の地域では、港区ほどお受験の希望者がいないため、周囲にお受験することを隠すという傾向があります。

ですが、受験は情報戦です。過去の選考内容などに関する情報交換は非常に重要になってきます。

港区では、同じ「合格」という目的の為に頑張っているママ友同士の情報共有が活発ですから、お受験に強いのは納得できますね。

港区のマンション情報はこちら!

港区の子供達が目指す小学校は?

大学までエスカレーター式の名門校がやはり人気です。

慶応幼稚舎

photo by 慶應

「幼稚舎」という名前ですが、あくまで幼稚園ではなく、小学校です。

港区からでも通学しやすい渋谷区にある高倍率の小学校となっています。

学校の周辺環境の良さと、私学トップの慶應義塾大学へのエスカレーター式の進学を目指して毎年15倍から20倍の倍率となっています。

福澤諭吉の「半学半教」の精神を学んだ子供達は、日本の政財界のトップとして活躍していきます。

慶應幼稚舎で形成された人脈は、将来のかけがえのない財産になるでしょう。

青山学院初等部

photo by 青山学院

同じく渋谷区にある有名校です。倍率は5倍程度と慶應幼稚舎と比較すると低いですが、十分ハイレベルなお受験校として知られています。

ますますグローバル化が進んでいく中で、異文化を理解する能力はもはや必須となってきます。

キリスト教について幼い頃から学ぶ事で、アメリカやヨーロッパの文化を理解するための素養を身につける事ができるでしょう。

まとめ

我が子を一流小学校に入学させやすいのは、とても贅沢な環境だと思います。

住まいを考える際、いろいろな判断軸があると思いますが、教育環境を重視する方にとっては港区は恵まれた環境と言えるでしょう。

そんな港区のマンション情報はこちら

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top