マンションジャーナル

マンションジャーナル

着るだけじゃもったいない!服を活用したおしゃれ部屋

マンションジャーナル最新記事

More
着るだけじゃもったいない!服を活用したおしゃれ部屋

よく考えてみると、服は身につけている時間よりも、クローゼットやタンスの中にしまってある時間の方が長いという人も多いのではないでしょうか。

そこで、それらの服を活用してお部屋に彩りを与えみてはいかがでしょうか。

今回はそんな服を利用した、流行りの「見せる収納」でお洒落なお部屋の上手な作り方をご紹介します!

「同系色で統一する場合」/「色を豊富に使う場合」の2つのパターンに分けて考えみます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

同系色で統一する場合

色を統一するのであれば、壁紙の色に合わせるか、落ち着いた色を選ぶのがいいでしょう。定番はやはり、白・ベージュ・グレー・紺・黒などシンプルな色です。

白・ベージュ系は明るい印象を与えるため、温かみのあるお部屋になります。おしゃれなカフェのようなインテリアにしたい方に最適です。

出典:https://jp.pinterest.com/pin/454441418634606309/

また、ベージュやグレーはナチュラルな雰囲気も演出するので、観葉植物との相性も良く、より緑が引き立ちます。

反対に、紺や黒は男性的でスタイリッシュな仕様になり、バーのような暗めの内装に向いています。また、紺や黒はアイテムが豊富で揃えやすいため、比較的簡単にイメージ通りのお部屋にできるのも嬉しいポイントです。

色を豊富に使う場合

続いて、たくさん色を使う場合について考えてみます。色選びは、自分の好きな色を中心に始めるのが良いと思います。

出典:https://jp.pinterest.com/pin/474777985697809386/

アイテムに関しては、色やデザインのバリエーションが豊富なものを選びます。夏場であればTシャツ、冬場であればニットやマフラーなどを色のアクセントに使ってみるなどして、季節感を演出することも可能です。

ハンガーラック選びも大切

見せる収納をやる上で欠かせないのがハンガーラックです。このハンガーラックにも木製のもの、金属製など様々なタイプが存在します。

こちらもお部屋のイメージに合わせて選ぶことが大切です。

白やベージュを基調にする場合は、メープル材やウォールナット材で木目を生かしたものが違和感なく、お部屋に合うでしょう。

紺・黒などの暗い色や、たくさんの色を並べたいのであれば、黒やシルバーの金属製のものを利用した方が色やデザインが強調されます。

出典:https://jp.pinterest.com/pin/474003929512670689/

まとめ

服を有効に使ってお部屋に彩りを与えることで、必要のないインテリアグッズを買ってしまい、あとで置き場に困るなんてことも減るかもしれません。

もうすぐ新生活が始まる人も多いと思いますので、この際にお部屋のレイアウトを新たに検討してみてはいかがでしょうか?

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top