マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

光熱費を節約!暖房がよく効くお部屋とは!?

光熱費を節約!暖房がよく効くお部屋とは!?

冬の悩みと言えば、寒さ対策を真っ先に上げる人も多いでしょう。雪景色も見る分には楽しいものですが、同時に家の中を暖めないとまともに生活もできません。

エアコンやストーブなどの暖房は、光熱費が大変にかかり冬の家計を圧迫する一員ともなります。床暖房の場合、空間全体を温めるため室温を維持するコストがそれほどかからず、電気代はエアコンほどかかりませんが、それでも出費はかさんでしまいます

そこで、できるだけ光熱費を節約するために、暖房を効率よく暖められる部屋とはどのような部屋なのかをお伝えします。

外気を防ぎ、密閉された空間を作る

部屋の中を暖房で暖めても、なかなか温まらない一番の要因は、寒い外気の影響を受けているからです。一般的に木造住宅よりもコンクリートでできたマンションが暖かいと言われるのは、木よりもコンクリートのほうが断熱性の高い素材だからです。断熱性を高くすれば、外気の影響を受けにくくなり、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるでしょう。

しかし外壁の工事は手軽にできるものではありません。家で手軽に断熱性を高くするためにできる工夫と言ったら、外気の侵入を防ぐために部屋を密閉することです。隙間をなくし、外気が入ってきづらいように手を打ちましょう。窓の隙間にはテープやスポンジを貼れば、僅かな隙間から外気が入ってくることを防げます。

また窓ガラスは二重構造でもない限り、非常に薄い場所なので冷気が侵入する経路になります。窓ガラスの前には、床下までしっかりと届く分厚いカーテンをおけば、外気をシャットアウトしてくれるでしょう。他にも窓ガラスにエアクッションを貼る、カーペットの下にアルミシートを置くなどの工夫で、外気の影響を減らすことができます。

たとえエアコンやストーブの温度を下げても、外気が入ってこなければ気温も下がらないので少ない電力で気温を維持できます。ただし石油ストーブやファンヒーターを利用するときには、換気を忘れずに行いましょう。

暖かい空気を循環させる

空気の性質として、暖かい空気は上空に舞い上がり、冷たい空気が下の方に溜まっていきます。冬に椅子に座っていて、足元が冷たく感じたり、なかなか部屋が暖まらないと感じるのは、そのせいでもあります。そこで部屋の天井近くに溜まっていく暖かい空気を循環させることを考えましょう。

そのためにはサーキュレーターや扇風機など、強い風を巻き起こすことができる家電を用いて、上に向かって強風を当てていきます。冬に扇風機、と思う人もいるかもしれませんが、暖かい部屋の中で扇風機が当たっても寒くは感じませんし、空気の循環を促進すれば上の方から暖かくなった空気が、どんどん床の方に降りてきて、非常に暖かく感じられます。

足元がどうにも寒い、床に座っていると寒いという人は部屋の空気の循環を図ってみてください。電気代をそれほどかけずに暖かい空気を部屋中に満たすことができます。

適度に加湿し、体感温度を上昇させる

日本の冬は気候の影響で空気が乾燥しがちです。空気の乾燥は冬の火事の原因にもなるばかりでなく、体感温度にも大きく影響します。

夏に湿度が高いと蒸し暑くて不快であり、湿度が低ければ気温が高くてもカラッとしていて、それほど過ごしにくくはないですよね。つまりある程度の湿度があれば、体感温度が高くなりやすいのです。

そこで部屋に加湿器を置いて湿度を高めてみれば、体感温度を上げることができます。体感温度が上がれば、エアコンの温度を下げてもそれほど寒くなったと感じなくなるので、暖房代を節約することができます。また湿度を高めることによって、火災対策や風の対策も行えるので、健康維持や家の安全を守るためにも大きく役立ってくれます。

どうしても冬の空気は乾燥してしまうので、加湿をすることで家の中に潤いを与えていきましょう。

まとめ

暖房の効果を上げるには

  • 外気を遮断する
  • 体感温度を上げる

といった2つの手段が特に有効です。ちょっとした工夫でお金をかけずにこれらの対策をすることは可能ですから、100円ショップなどでグッズを探してみると良いでしょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top