マンションジャーナル

マンションジャーナル

冷蔵庫の中身がいつも綺麗な人が実践している5つのポイントとは?

冷蔵庫の中身がいつも綺麗な人が実践している5つのポイントとは?

毎日開け閉めする冷蔵庫ですが、整理整頓されていないと何がどこにあるのか、わからなくなってしまいがちですよね。

無作為に詰め込みすぎた冷蔵庫は電気代がかさみ、食材を無駄にしてしまうこともあります。

今回は、色々なアイテムを活用して冷蔵庫をキレイに見せる収納術をご紹介します!

年末年始のご馳走の準備で散らかってしまった冷蔵庫をすっきりさせましょう!

1.置き場所を「しっかり」決める

出典:https://jp.pinterest.com

大まかでもいいので、まずはどこに何を入れておくか決めましょう。

まず初めに食材や調味料の定位置を決めるだけで、冷蔵庫がすっきりとして見えます。

料理の効率も良くなりますし、食材を買い忘れたり、冷蔵庫にあるものをまた買ってしまったりといった「うっかり」を防ぐこともできます。

使用頻度の高いものは手の届きやすい段に置き、あまり使用しないものは高い段に置くと良いでしょう。

「フリースペース」を設けておけば、急な頂きものや冷蔵調理が必要なときなどに便利です。

置き場所を決めることは、冷蔵庫に限らず収納術の基本中の基本ですのでまずはここから始めてみてください。

2.献立を決めてから買い物をする

食材が安売りしているからといって買ってしまって、結局使わずに無駄にしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

買い物に行く前に、次に買い物に行く日までの献立を決めてしまうことをおすすめします。

冷蔵庫の中身を見ながら献立を決めることで、賞味期限の迫ったものを意識的に使うこともできますし、先ほどもご紹介した「うっかり」買い忘れることや同じ物を買ってしまうことを防止することができます。

必要最低限の買い物をすることで、結果として節約にも繋がり、冷蔵庫もいつもキレイに保つことが可能になります。

3.100円均一の収納グッズを活用

出典:https://jp.pinterest.com

100円均一で販売している取っ手付きの収納ケースを活用すると、より一層冷蔵庫の整理整頓をすることができますよ。

写真のように、取っ手付きの収納ケースに種類ごとに分けて食材を入れれば、見やすく取りやすい冷蔵庫に変身します。

また、チューブの調味料を収納するための専用ケースやソースボトルを活用することで、すっきりおしゃれに収納することができます。

4.冷凍室は立てて収納

出典:https://jp.pinterest.com

冷凍室は食材を重ねて収納してしまうと、見えづらく取りづらくなってしまうので、立てて収納することが基本です。

これによって、どこに何が入っているのか一目瞭然になります。

立てて収納するためには、プラスチックの書類ケースや、仕切り板を活用すると良いでしょう。

ペンケースや書類入れなどの収納グッズが冷凍庫収納に活躍してくれますので、固定観念にとらわれずに、冷凍庫の大きさにピッタリの収納ケースを探してみてくださいね。

5.ラベルを貼る

出典:https://jp.pinterest.com

最後は、食材や調味料がどこに入っているのかより分かりやすくなるように、収納ケースやクリップにラベリングをしていきましょう。

探したり一度出してみて確認する手間が省けますので、時短に繋がります。

また、冷蔵庫を長い間開けっ放しにすることがなくなりますので、電気代の節約にもなります。

まとめ

冷蔵庫の収納術について詳しく知ることができましたでしょうか?

収納術だけでなく、冷蔵庫をキレイに使い続ければ節約や時短など色々なメリットがあることがおわかり頂けたと思います。

ぜひ、今回ご紹介した収納術を試して冷蔵庫をすっきりさせてみてくださいね!

アイキャッチ画像 by roomclip

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top