マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

三井住友銀行の住宅ローンって実際どうなの?

三井住友銀行の住宅ローンって実際どうなの?

メガバンクの1つである三井住友銀行の住宅ローンは、他の銀行よりも力が入っているサービスとなっています。

メガバンクであるという安心感に加え、様々なオプションを用意しており、コンサルティングまで実施してくれます。住宅ローンの担当者は話しやすく親身になって答えてくれます。

大手の銀行だからといって上から目線になることはなく、これまでの経験を加味した提案をしてくれる信頼のおける銀行です。

では、三井住友銀行の住宅ローンを詳しくみていきましょう。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

どこにでもある安心感

三井住友銀行はメガバンクであり、どこを見渡しても店舗に出会うことができます。銀行の口座を持っていれば、金利の優遇を受けることも可能です。

また、住宅ローンを組むときに口座を作る場合でも優遇を受けられることがあります。三井住友銀行の口座を持っていると、数あるATMでの引出し手数料がかかりませんし、困った時には店舗に相談ができます。

引っ越し先や出張先にも必ずありますので、万が一のトラブルの際にも安心です。他のメガバンクと比較しても住宅ローンに力を入れており、金利が低く設定されていることも嬉しいですよね。

クロスサポートで更なる安心

三井住友銀行の住宅ローンには、クロスサポートのサービスがあります。

家計を支えている旦那さんが亡くなった場合には、住宅ローンが0円になるのが一般的です。三井住友銀行では、奥さんに何かあった場合にも保険金が適用されますので、残高を0円にすることができるのです。

奥さんが働いている家庭では、夫婦間でのリスクを軽減するために、それぞれが住宅ローンを借りる場合があります。この場合は、旦那さんが亡くなったとしても奥さんは支払いを続けなければなりませんし、奥さんが亡くなった場合にも旦那さんの住宅ローン残高がなくなるわけではありません。

一見、リスクを軽減できているように見えますが、クロスサポートを利用すればどちらに何があっても0円になる魅力があります。

住宅ローンの借り入れも魅力

現在の住宅ローンから借入を検討している人は、三井住友銀行の住宅ローンを検討してみてください。三井住友銀行では、超長期固定金利型の住宅ローンがあります。

将来的に金利の変動があったとしても支払額は変わりません。今の金利だけをみるのではなく、将来を見据えた金利の選択ができるようになるのです。

30年、35年と一生涯にすることもできますし、まずは10年型を選択することもできます。

優秀なコンサルティング

借り換えが得なのは何となく分かるけれども、本当はどれくらいの差があるのかは素人に見えないものです。住宅ローンの金利を理解するのは簡単ではありません。

三井住友銀行の住宅ローン担当者は、住宅ローンのプロです。そして、同じ目線になってアドバイスをしてくれます。他の銀行を比較すると分かりますが、様々なパターンが頭に入っていて、数々の家族を相手にしている経験があるからこそ、ベストな選択をアドバイスしてくれます。

また、押し売りのようなことがなく、最終的に選ぶのはこちらに与えてくれますので、相談しやすいのです。とりあえず相談してみようかな、と思っている人は、是非とも三井住友銀行を選択してみてください。

インターネットバンキングで手数料を無料に

お金が貯まってきたら繰り上げ返済を考えるでしょう。

30歳で住宅ローンを組み、35年のローンにした場合は、定年になってからも払い続けなければなりません。払える時にお金を返しておきたくなるものです。

しかし、一般的には手数料がかかりますので、少しずつ繰り上げ返済をしていくと損をすることになるのです。

三井住友銀行では、インターネットバンキングを利用することで繰り上げ返済の手数料を0円にすることができます。まずは条件を窓口で確認をして、繰り上げ返済のメリットを知ってください。

三井住友銀行のデメリット

もちろん、三井住友銀行の住宅ローンにはデメリットもあります。

他のメガバンクと比較すると金利が低くて利用しやすいのですが、ネットバンキングには勝てません。ネットバンキングは人件費を削っていることで、金利を低く設定することができるようになっているのです。

ただし、ネットバンキングだと急に窓口を訪問するといった相談ができません。いざというときに相談に乗ってもらえる人が近くにいるメリットが、金利に上乗せされているデメリットと捉えることもできるのです。

安心を取るのか、ただ低い金利を取るのかは、選ぶ人の考え方次第と言えます。

まとめ

三井住友銀行は、住宅ローンに力を入れているメガバンクです。中小の銀行にはない安心感があり、窓口での対応も素晴らしいです。

マンションや一軒家を購入するのは、ワクワクする反面、心配になることも多いでしょう。どこにいっても店舗がある三井住友銀行であれば、心配になってすぐに訪問して相談することができます。

メガバンクの安心感を感じつつ、住宅ローンの検討をしてみてください。

アイキャッチ画像 http://www.smbc.co.jp/kojin/jutaku_loan/

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top