マンションジャーナル

マンションジャーナル

【必見!】今注目を集める中古住宅市場が成長を続けるわけ

【必見!】今注目を集める中古住宅市場が成長を続けるわけ

住宅市場にも新築と中古の両方があります。日本では今新築よりも中古市場が成長過程にあると言われており、中古住宅市場が活性化を見せています。

ではどのような背景があって、中古住宅市場が成長を見せているのでしょうか?

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

そもそも中古住宅市場が海外よりも遥かに小さかった

出典:不動産ジャパン http://www.fudousan.or.jp/

まず前提として、日本の中古住宅市場は、新築住宅よりも遥かに市場規模、流通件数が少ないことで知られています。

東日本不動産流通機構の調査によれば、日本の中古住宅は、日本全体の住宅市場のうち、流通件数で3割にも満たないものになっています。

『これは海外よりも遥かに低い数字であり、例えばヨーロッパやアメリカでは、中古住宅は住宅市場全体の7割から8割に近い数字を占めています。

海外では住宅を建てて、リフォームをしながら長く住み続けるのが当たり前であり、日本のように家を買う際に、わざわざ新しい家を建て直す人はかなり少ないのです。

日本人の新しいもの好き、新築信仰というのはある意味で、文化に基づくものもあるので、良し悪しは一概にはいえませんが、海外と比べれば中古住宅の購入数が非常に少なかったのです。

しかし今ではそういった海外の動きを参考にする人も多く「絶対に新築ではないとダメ」という人も減ってきているので、中古市場が活性化をしているのです。

住宅建築技術の発達により、長く住める家が増えた

海外で中古住宅が多く流通している背景には、気候の問題も作用しています。

日本は気候の関係で湿度が高い地方が多いです。しかし日本の家は木造が多く、湿度の影響で数十年も住めば、大幅に劣化し住めなくなってしまうような家も多かったのです。

一方で海外は湿度が低い環境が多く、さらに石で作られた住宅がメインなので、築年数で住宅が劣化するということが少ないので、築70年や80年よいう家でも問題なく住むことができるのです。

しかし木造の家が数十年で劣化すると言われていたのも今は昔の話。

現在の建築技術ならば家に湿度が入り込まないようにする構造のものも多く、大変に断熱性の高い素材や建材を使い、長持ちするような住宅が増えています。

50年住むことを前提にした住宅ローンなどもあり、国でも長期優良住宅へは住宅ローン減税を優遇するなど、エコの観点でも長く住める家造りを促進しています。

築20年、30年と聞くと「あと10年もすれば住めなくなってしまうのでは」と懸念する人もいますが、平成に入って建てられたような家ならば、かなり長く住むことは可能ですし、今後建てられていく家も同様です。

新たに建て直さずとも、リフォームをしていけば、十分に何十年も住み続けられるでしょう。

新築住宅市場が高騰しすぎている

中古住宅の最大の特徴と言えば、やはり新築住宅よりも安いことです。

2016年時点の日本ではオリンピックを前に大規模な施設の建設などが相次いているせいで、人件費や建材の費用が大幅に高騰しています。

つまり新築の家を建てることは、大変に割高になっているとも言えるのです。

オリンピックが終われば建材なども多少相場が落ち着くと見られていますが、そこまで待てない人も多々いることでしょう。

割高な人件費や建材で家を建てれば、価格以下の価値しかない家を買うことになり、ただでさえ高い新築物件が更に高くなってしまいます。

更に都心のマンションは投資対等になることで、最早一般的な収入の人間が購入できるものではなくなっています。

都心に家を買いたいような人は、必然的に中古という選択肢しかなくなっているとも言えるのでしょう。

立地の良い物件を買うならば中古市場のほうが見つけやすい

日本が今住宅あまりと言われており、昔建てられ、住人がいないのにそのままになっている家も多くあります。

つまり立地の良い土地にはすでに家が立っていることが多く、今から新築の家を建てる土地を探そうとしても、良い条件、駅に近い土地などは非常に少なくなっているのです。

それならばすでに立っている住宅を購入し、お金に余裕があればそこに建て直してもいいでしょうし、リフォームやリノベーションをして新築同様の綺麗さ、設備を整えて住むほうが良いという人が増えています。

まとめ

不動産物件の価格面、住宅の機能や性能の向上、そして土地が最早余っていないといった背景により、中古住宅市場がどんどん活性化しています。

また地方では過疎化が進んでいるので、余った土地に新築を立てる人もそれなりにいるでしょうが、人口がまだ増える都心では更に中古物件がメインの選択肢になるという潮流は、しばらく変わらないでしょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top