マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【大変貌!】冴えない浜松町エリアはどう生まれ変わるの?

【大変貌!】冴えない浜松町エリアはどう生まれ変わるの?

オフィス街が立ち並ぶ浜松町駅周辺は東側と西側で大きく色が変わります。

ビジネスの場面で降り立ったことがあるであろう駅は、西側へ向かう人が大半で、東側はどこか物寂しさを感じます。

東側にある旧芝離宮恩賜庭園が有名ではありますが、庭園内もどこか寂しい雰囲気が漂っています。

周辺には古くなった工場や倉庫街が目立ち、海が近いといったイメージもあまり感じません。

そんな浜松町駅の東側が再開発されることで注目されています。

再開発に3500億円の社運をかけてチャレンジすると言われている「野村不動産」によって、浜松町はどのように変わるのかをお伝えしていきます。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

野村不動産の特長

出典:野村不動産 http://www.nomura-re.co.jp/

再開発で注目されている野村不動産の特長についてお伝えします。

野村不動産と言えば、「プラウド」シリーズで有名な大手デベロッパーです。

供給戸数は日本でも最大級であり、マンションの運営に長けている企業の1つです。

プラウドシリーズはとても人気があり、プロモーションに長けている企業です。

プラウドタワー立川が即日に完売したように、安心感と高級感を併せ持ったマンションになっています。

野村不動産と浜松町駅との関係は、東芝が関係しています。

現在の浜松町ビルディングは、東芝に名前が変わった時に「東芝ビルディング」として東芝の完全子会社によって竣工されています。

しかし、東芝の業績悪化によって、この子会社を売りに出したのですが、どのデベロッパーも逃げ腰でした。

そんな時に、1つの勝負に出たのが野村不動産です。

今では、月に200億円近くの利益を上げるビルに成長し、野村不動産の賃貸事業を支えています。

浜松町ビルディングの建て替えをメインの1つとして、野村不動産の再開発事業がスタートするのです。

浜松町はどう変わる?

野村不動産の再開発によって、浜松町はどのような変化をしていくのでしょうか。

出典:東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/132024

3500億円の再開発は、社運を賭けた勝負と言われています。2008年、浜松町ビルディングに勝負を賭けた時と同じような意気込みを感じます。

駅から徒歩5分の場所とは思えない広い敷地に、新しいビルを1棟建てる計画になっています。

浜松町ビルディングのテナントを建てた1棟のビルに誘導しつつ、浜松町ビルディングを立て直す計画を立てています。

2つの巨大なオフィスビルができることで、浜松町の東側は人の流れが変わる事でしょう。

ビジネスマンが増えてくれば、飲食店を始めとした店舗も増やしていくことができます。

浜松町の再開発で注目されているのが「舟」です。

舛添知事の頃から検討されてきた舟運は、再開発された浜松町からスタートされるかもしれません。

渋滞が無く、既にある水の道を利用することで、莫大な費用をかける必要がありません。

浜松町から水上ボートを出すことで、羽田まで10分で移動できるようになるのです。

水とと共に成長を続ける都市は、新たな可能性を存分に含んでいると言えます。

周辺の再開発

浜松町ビルディング周辺の再開発の他にも、浜松町のシンボルとなっている「世界貿易センタービル」が竹芝も再開発される計画になっています。

完成イメージ 出典:2012年10月18日付報道発表資料(PDF) http://urx2.nu/Ar43

JRとつながることになる200メートルと160メートルの2棟のビルは既に開発が進んでいて、2024年に竣工予定となっています。

また竹芝駅と浜松町駅を歩行者デッキでつなごうとしているのが東急不動産です。2020年に竣工を予定していて、周辺には複合施設を作ることになっています。

出典:2012年10月18日付報道発表資料(PDF) http://urx2.nu/Ar43

東京都は、これらの再開発をひっくるめて、浜松町エリアの活性化を図っています。

野村不動産が今回チャレンジすることによって、東京の新たなコアステーションとなることは間違いありません。

世界的にも自慢ができる都市が1つ生まれようとしているのです。

>>>浜松町駅周辺のマンション情報はこちら!

eye catch : 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/132024

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top