マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【代官山を語ろう!】都内屈指のおしゃれスポットの長い歴史とは

【代官山を語ろう!】都内屈指のおしゃれスポットの長い歴史とは

おしゃれスポットとして知られる代官山には、長い歴史が隠されています。

東京を象徴するかのような先進的な街並みに最新のトレンドを発信しているショップなど、代官山と聞けば「オシャレな街」というイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか。

今でも残っている歴史を語る建造物から、土器が発掘された公園に至るまで、代官山が古代からどのような歴史を辿ってきたのかをご紹介します。

代官山の歴史を知ることで、代官山の見方が変わるかもしれません。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

代官山には坂が多い?

出典:http://www.ao-daikanyama.com/

上村坂、衆楽坂、代官山坂と坂道が多い代官山には、実は歴史の1つが隠されています。これらの坂の上は、渋谷周辺が海の底だったころでも陸の上にあったとされています。

これは、猿楽小学校裏にある、猿楽古代住居跡公園から弥生時代の土器や住居跡が発見されたことからも分かります。縄文、弥生時代から人々が生活していたと考えるだけで歴史の神秘さを感じることができますよね。

江戸名所図会に描かれているように、代官山から見る富士山の景色は絶景だったとのこと。

出典:https://japanknowledge.com/contents/edomeisho/feature.html

今ではビルが邪魔をし、江戸時代のように空気が澄んでいないので見えることはなくても、当時は富士山を見るとても良い場所だったのです。

そのため、当時の有力な武士や地方藩士が家を建てていったのが代官山なのです。

猿楽神社について

出典:http://jinja.tokyolovers.jp/tokyo/shibuya/sarugakujinja

ブランドショップが立ち並ぶ旧山手通りに代官山を象徴するヒルサイドテラスがあります。

住居、店舗、オフィスから成る複合施設のヒルサイドテラスには、周辺を歩く人に人気のある「猿楽神社」があります。

代官山の洗練された空気が更に研ぎ澄まされるような緑の中にある神社は、心が安らぐスポットとしても知られています。

また、最近のブームによる追い風もありパワースポットとしても知られています。猿楽神社がパワースポットとされているのには根拠があります。

猿楽神社は古墳時代に築造されたとされており、開発が進んでいるこの地方において直径20m、高さ5mの円墳「猿楽塚」があるのはは、とても珍しく歴史を感じさせてくれます。

猿楽の街の名前の由来もこの塚によるものとされています。

朝倉家と西郷山公園

猿楽塚を所有していたのが大正時代の大地主である朝倉家です。

出典:https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/asakura.html

大正時代の大地主であった朝倉家の跡地となっている旧朝倉家住宅は、代官山には似ても似つかない古き良き時代の建物となっており、周辺の歴史を感じさせてくれます。

また、西郷山公園は、名前の通り「西郷家」と関わりのある公園で、西郷隆盛の弟が購入した土地が今の公園になっています。

出典:http://www.ide-sign.jp/daikanyama/report.html

代官山が富士山を見るのに適していた土地のように、西郷山公園は高台にあり、今では様変わりしてしまった東京の景色を美しく見せてくれます。

まとめ

出典:http://www.logroad-daikanyama.jp/

代官山の歴史を知った上で、様々な代官山のスポットに行くと当時の空気を感じることができます。

歴史を感じさせるものはそのままの形で、または形を変えて今の私たちを包み込んでくれています。

オシャレスポットを感じるために訪れる代官山ですが、古くからの流れを知った上で一度訪れてみてください。

>>>代官山駅周辺のマンション情報はこちら!

eye catch : http://www.logroad-daikanyama.jp/

669

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top