マンションジャーナル

マンションジャーナル

【年末必見】人間関係までもスッキリ!?断捨離のススメ!

マンションジャーナル最新記事

More
【年末必見】人間関係までもスッキリ!?断捨離のススメ!

一昔前から、新しい自分を見つける方法の1つとして「断捨離」をする人が増えています。

何となく概要は分かっている、効果も分かっている、けれどもうまく断捨離ができない人がたくさんいます。

ここでは、断捨離のススメをお伝えしていきます。

新しい自分を発見し、人生を豊かにしたいと思っている人は、ぜひとも参考にしてください。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

断捨離とは?

言葉は聞いたことがあるけれど、実際にはどういう事なの?と思っている人のために、まずは断捨離の意味をご説明します。

断捨離とは、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」の頭文字を組み合わせたものです。

自分にとって必要のないものを断つ(断行)、不要なものを捨てる(捨行)、執着するものから離れる(離行)行為を言います。

勘違いしてはいけないのは、再利用をしないとか、もったいないけれどもポンポン捨てていくという意味ではなく、必要のないものを手元に置いておかない、という意味があります。

目の前から不要なものが無くなっていくことで、人とのコミュニケーションが増える、部屋だけではなく心にもスペースができる、新しいアイデアが生まれるといった効果があります。

時間についても同様で、効率的なライフスタイルを構築することができるようになるとあって、数年前から注目されています。

断捨離の考え方

断捨離をするためには、断捨離の考え方を知る必要があります。少し強引かもしれませんが、モノに対する考え方を切り替えてみてください。

部屋の中を見渡してみると不要なものは結構あるのですが、なかなか捨てるところにまで至りません。

いつか使うのではないか、せっかく買ったのにもったいない、といった感情が邪魔をするからです。

「これは捨ててもいいかな?」と思ったものは、断捨離の対象です。

いつか使うと思っていたとしても例えば半年以上利用していないものであれば、無くなっても困りません。

いつか使う必要があるときが来るかもしれませんが、先のことを考えすぎないようにすることが大切です。

また、時期も重要です。来月になったら捨てよう、と思っているとなかなか捨てられません。

いらないと思ったらすぐに行動に移すことです。

捨てることも大切ですが、増やさないことも大切です。

断捨離をするようになっても、家にモノが増えていっては意味がありません。

断捨離をするようになると、購入する前にも今一度考え直す時間を持てるようになります。

価格以上の効果があるのか、これは今買わなければならないものなのかを再度自分に問いかけるようにしましょう。

断捨離のススメ

断捨離の考え方が理解できたら、次は行動に起こすことです。

初めて断捨離をする人は、家にあるモノを「仕分け」してみてください。本や衣服が一番分かりやすいでしょう。

まずは、本です。本棚に本を並べている人もいるでしょうし、棚に入っていたり、段ボールに入ったままになっていたりする人もいるでしょう。

本の場合、1度も読み返したことがないのであれば、不要なものであり、すぐに場所が分からない場所にあるものは不要なものです。

捨てることが気が引けるのであれば、古本屋に売る、友達にあげる、といった行動に移すようにしてください。

万が一、再度読みたいと思ったら買えばいいのです。そうすることで、本の大半を手放すことに成功します。

衣服も同じです。特に衣替えの時に仕分けをしてみてください。

今年1度も着なかったものは来年も来ません。今年1回程度しか利用しなかったものも来年は着ないことが多いでしょう。

そのまま捨てるのがもったいない人は、フリーマーケットや古着屋さんに持っていくもの1つです。

本に比べると荷物になりますので、行動を起こしにくく、また1点1点の価格が高いものもありますので気が乗らないことも多いでしょうが、断捨離の効果を考えたらすぐに行動に移すべきです。

本や衣服と言った分かりやすいもので断捨離をしていくと、他のモノも仕分けできるようになっていきます。

まとめ

断捨離のススメとして考え方から行動の起こし方をお伝えしていきました。

明日やろうと思っていたらそのままになることが多いです。思い立ったらすぐに行動することが大切です。

断捨離をすれば、新しい自分を必ず見つけることができるようになりますし、ライフスタイルに変化を感じるようになります。

これから有意義な生活を送るためにも断捨離にチャレンジしてみてください。

>>>年末の大掃除についての記事はこちら!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top