マンションジャーナル

マンションジャーナル

劇的にキレイになる!キッチン掃除術を場所別に解説

劇的にキレイになる!キッチン掃除術を場所別に解説

この記事を読むとわかること
・ガスコンロ・換気扇など、キッチンの場所別の掃除方法
・重曹など、キッチンの場所別の掃除に便利なおすすめアイテムを紹介
・自分で掃除するのが億劫な人には家事代行サービスを利用しても?

毎日掃除しているつもりでも、意外と汚れが溜まっていってしまうのがキッチンまわり。「今日こそキレイにするぞ!」といざ意気込んでもどのように掃除すればいいのかわからないものですよね。

それもそのはず、キッチンはなかなか落ちない汚れや手の届きにくい場所がたくさんあるので、掃除するのもおっくうになりがちです。

今回は、そんな厄介なキッチンの掃除術を場所別に詳しくご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

コンロまわり

コンロまわりは、油ものを調理した際に飛び散った油汚れを落とすのがとにかく大変。調理したあとにすぐ拭けば汚れも落ちやすいですが、放置すると落とすだけでも一苦労。

本来であれば、日々の料理のあとに毎回必ず水拭きと乾拭きをするのが理想です。ですが、忙しいとそれも出来ない方が多いのではないでしょうか。毎日でなくともレンジまわりはできるだけ、こまめに掃除をしたいものです。

コンロの掃除の基本は、中性洗剤とスポンジでこすり洗いをして、濡れぞうきんでレンジ全体の洗剤を拭き上げます。

IHヒーターの場合は、ガラストップ洗剤を使用しましょう。五徳やグリルの焼き網についた油汚れは、取り外してクリームクレンザーとたわしでこすり洗いをするといいです。

洗剤だけで落ちない場合は重曹を使うのがオススメ

それでも落ちない頑固な汚れは、重曹を用いるのがオススメです。

100ccのお湯に対して小さじ1杯程度の重曹を入れ、その中に汚れた五徳などを入れます。10分程放置してからこすり洗いするとキレイに落ちますよ。

汚れがひどい場合は、大きめの鍋に上記の分量でお湯と重曹、汚れを落としたいパーツを入れ、煮立ててから一晩置いて、こすり洗いすればどんな汚れも攻略できます!

換気扇・レンジフード

換気扇やレンジフードは、気づけば油煙でできた頑固な油汚れでベタベタになりがち。

こまめに拭き掃除したいところですが、実際は高い場所で面倒ですし、なかなかそこまで手が回らないですよね。

まずは、スプレータイプの油汚れ用洗剤とスポンジでこすり洗いしてから、水拭きしてみましょう。軽い汚れであればこの方法で落ちるはずです。

それでも落ちないようでしたら、取り外せる部分は外して、油汚れ用洗剤を溶かしたお湯にしばらく漬けます。そして、クリームクレンザーとたわしでこすれば、大体の汚れは落ちるでしょう。

それでもなお落ちない場合は、先ほどレンジまわりでご紹介した重曹を用いたお掃除方法を試してみてください。重曹はどんな汚れにも対応できる万能アイテムなので備えておいて損はないですよ!

ただし、レンジフードには、部分的にアルミを用いている製品があります。その場合は、アルカリ性の重層を用いると錆びてしまう可能性がありますので、注意しましょう。

掃除する際には、お湯を沸かしたあとがオススメです。頑固な汚れがお湯の蒸気によって多少柔らかくなり、汚れが落としやすくなるためです。

冷蔵庫

冷蔵庫は、食材を保存しておく場所で、あまり汚れない印象ではあります。

しかしながら、食材から出る液体やカスが溜まりやすく、冷蔵庫内にあるものを全て出してみると予想以上に汚れているものです。

口の中に入れるものが詰まった場所ですので、衛生的にも清潔にしなければなりません。

日頃のお手入れでは、庫内の食材を片側に寄せるか持ち上げるかして、アルコールをかけて拭き掃除しましょう。

除菌クリーナーを用いても良いです。この際に、買い物する食材をチェックしたり賞味期限チェックをすれば、冷蔵庫を清潔に保つだけでなく、見ためもすっきりきれいな冷蔵庫になります。

汚れがひどい場合は、外せる部分を全て外しましょう。

シンクやお風呂の浴槽にぬるま湯をため、その中に塩素系漂白剤を少し入れます。(ぬるま湯1Lに対して漂白剤10cc程度)そこに、外せたパーツを全て入れてしばらく漬け置きすれば、大概の汚れは落ちるはずです。

バスルームの掃除術もチェック!

電子レンジ

電子レンジも気づくとお皿が油などで汚れがち。

理想的なのは食器洗いと同じ感覚で毎日拭き掃除をすること。ターンテーブルは食器と同じように、食器洗い洗剤とスポンジで洗うことができます。食洗機にもかけることが可能です。

庫内についてしまった汚れは、濡らして軽く絞ったふきんを2〜3分レンジで加熱して、そのふきんで拭き掃除をすると、汚れが水蒸気で柔らかくなっているので、掃除しやすくなりますよ。

ふきんを濡らす際に重曹をまぜておくと、より汚れが落としやすくなります。

シンクまわり

キッチンのシンクまわりは、水による汚れやカビが発生しやすい場所。

水アカやサビ、ヌメリなど放ってしまうと汚れが落としにくくなるのはもちろんのこと、臭いも発生してしまうので、キッチンの中でも特に優先順位を高くしてこまめに掃除するのが大切です。

通常は、お掃除用の中性洗剤とスポンジでシンクまわりをこすり洗いし、その後乾いたクロスで水気を拭き取ります。水アカやカビの原因となる「水気」をとにかく残さないように心がけましょう。

ついてしまった水アカは、クリームクレンザーとたわしでこすり洗いしましょう。あまり強くこするとシンクに傷がついてしまうので、クレンザーを泡立ててから少し置いて、優しくこするようにすると良いですよ。

シンクには、重曹スプレーも有効です。100ccのぬるま湯に小さじ1杯の重層を混ぜて、スプレーボトルに入れれば簡単に自分で重層スプレーをつくることが出来ますし、市販もされています。

排水口やゴミ受けには、重層とお酢を使うと、ヌメリも取れて除菌にもなります。塩素系漂白剤で沈着してしまった汚れや色を取除いてあげると、より一層清潔に保つことができます。

ハウスクリーニングを使う手も

キッチンは全体的に油汚れや水アカがたまりやすい場所です。汚れに応じてお掃除方法や用いる洗剤も異なるので、大変に思う方も多いでしょう。

キッチンの掃除が億劫な方は、ハウスクリーニングを使うこともオススメです。大手ハウスクリーニング会社の他にも、地域に根ざした個人のハウスクリーニングもあります。

クラウドソーシングで募集するなどして個人に頼めば、大手よりも安価で、急な対応もしてくれるかもしれません。

最近サービスが開始された、家事代サービスのDMMおかんも大変おすすめです。スマートフォンのアプリから簡単に登録、予約ができ、90分3600円という低価格で家事代行が気軽に頼めますよ。

おわりに

キッチンの掃除とひと口に言っても、キッチンの場所によって用いる掃除道具や掃除方法もさまざまでしたね。料理を気持ち良く、美味しく作るには、食材や道具にこだわることと同じくらい、キッチンをキレイに清潔に保つことが重要と言えます。

ぜひ、ご紹介したお掃除方法を試して、キッチンをピカピカにしてみてくださいね!

お部屋をピカピカにする方法はコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top