マンションジャーナル

マンションジャーナル

【気になる?】エンジニアの部屋特集

マンションジャーナル最新記事

More
【気になる?】エンジニアの部屋特集

今はどこの企業もエンジニア不足となっており、システム開発やネットワーク設計ができるエンジニアが足りていません。

エンジニアの人が転職活動をすれば、決まるスピードも早いです。ここでは、エンジニアとして活動をしている人の部屋をご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

エンジニアの今

出典:https://gaishishukatsu.com/

システム会社の中にはブラック企業と呼ばれるところが多かったのですが、エンジニアに離れられると仕事が回らないこともあって、徐々に世間の流れが変わってきています。

優秀なエンジニアの人は、会社に所属する必要もなくフリーランスとして活躍をしています。フリーになっても仕事をもらえる環境が整ってきているのです。

また、会社で働くエンジニアは、常に新しい技術を身につける必要があります。将来のことも考えて、自宅で勉強をする人が増えてきたのです。

趣味の延長のような技術は、楽しみながらスキルアップをすることができます。

エンジニアの部屋について

エンジニアの部屋は、一人暮らしなのか家族と一緒なのか、また自宅で仕事をしているのか趣味や勉強をしているのかによっても違います。今ご紹介したパターンに合わせてエンジニアの部屋の実態をご紹介します。

エンジニアの部屋(一人暮らしの場合)

一人暮らしをしているフリーランスの方は、仕事をメインにした部屋のレイアウトにしています。他に必要なスペースをできるだけ削減して、仕事に必要なパソコンが部屋の主役になるようにしています。

とはいえ、仕事をプライベートを分けなければ、仕事にも集中できませんし、ストレス発散の場所がなくなります。そこで、1LDKや2LDKといったもう1部屋を用意して仕事部屋にすることが理想です。

フリーのエンジニアで活躍している人はサラリーマンよりも収入はよくなりますので、波に乗ってきたら仕事用の部屋が持てる物件に引っ越して、更に仕事のスピードが上がる好循環を狙うようにしてください。

会社に勤めている人は、家でのエンジニア時間は「遊び」や「勉強」の時間であることが多いでしょう。もう1部屋持つのはもったいないので、ノートパソコンで場所を省力化して、部屋のスペースを空けるようにしておくことが大切です。

エンジニアの部屋(家族がいる場合)

家族がいるフリーランスのエンジニアは、必ずもう1つ仕事部屋を持っています。奥さんと二人で生活をしている人でも寝室と仕事部屋は分けるようにします。

近くに寝る場所があるのは、仕事中に睡魔などの誘惑に誘われ寝やすくなるためにお勧めできません。子供がいる場合は、仕事をする時間を切り分けれるようにしておきましょう。

仕事は夜が一番やりやすいかもしれませんが、健康でいることが第一ですし、病気をすれば自分だけの責任で終わらないことを考えて、朝型にしている人が多いようです。

企業で働いているエンジニアの方は、自分だけの時間が作りにくいでしょう。フリーの方とは違い、朝は会社に出かけるので、自分の時間は夜に集中してしまいます。子供がいる場合は、休みの日にエンジニア業もやりにくくなります。

自分だけの部屋を持つというよりも、スペースを持っているエンジニアの方が多いですね。リビングでも奥の方のスペースだけは自分だけのスペースとして利用をし、子供がいても近づかない、余計なものは触らないと教育しています。

部屋をスッキリと見せるためには、パソコン周辺を常に片づけておくことも大切です。

まとめ

エンジニアの部屋について、いかがだったでしょうか。自分はまさにエンジニアだという人、職種は違えど同じような環境の人もいるのではないでしょうか。

特に、家の中で仕事や勉強をしている人は、プライベートとの切り分けが大切です。自ら集中できる環境づくりを意識しておかなければ、様々な誘惑に流されることになってしまいますので気を付けましょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top