マンションジャーナル

マンションジャーナル

介護しやすいマンション選びで気をつける7つのポイントとは?

マンションジャーナル最新記事

More
介護しやすいマンション選びで気をつける7つのポイントとは?

介護を考えた住まいは、戸建てよりマンションの方が適しているといいます。

高齢になったら、階段の上り下りはきついし、段差も多いし、マンションに引っ越そうとお考えの方も多いのではないでしょうか

夫婦二人で助け合って暮らす場合も、両親を自分の近くに呼び寄せる場合も、バリアフリーのマンションがいいと思う方が多いそうです。しかし、マンションといっても色々な間取りがあります。

介護を見据えたマンション購入や、マンションリフォームをする場合、どのような間取りのマンションがいいのでしょうか?

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.フロアには段差がない

高齢になり足が上がらなくなると、ちょっとした段差でも躓いてしまいます。フロアは極力段差がないようにしたいものです。古いマンションでは配管があるため水回り部分が高くなっていて、結構な段差がある物件もあります。

この場合は、スペースが許されるならスロープをつける。スロープが無理な場合は、中間の段差を一段作って浅めの階段にする。もし、リフォーム費用に余裕があり、天井が高めの物件であれば、思い切って床上げをして高い方に合わせて段差を解消するという方法もあります。

2.水回りのスペースは広く取り、部屋のドアは開き戸より引き戸に

将来、車椅子での生活になった場合を考えると、トイレや洗面所、台所などは車椅子でも入れるくらいのスペースが欲しいものです。

各部屋のドアは引き戸がおすすめです。開き戸では、車椅子で移動する際、自分でドアを開けて通るのが難しい場合もあります。廊下の幅も可能なら、少し広めがいいでしょう。

3.介護する側とされる側の部屋は近くに

介護が始まると、夜中でもトイレなどで介護している家族は起こされることがあります。介護する高齢者の声が届きやすいように、互いの部屋は近い方が安心です。徘徊が始まって、勝手に家を出て行ってしまう場合も、気配が感じられるすぐ近くにいる方が安心です。

4.広めの部屋を寝室にする

高齢者の寝室は、最低でも介護ベッドを置いて余裕がある広さ、できればベッドから車椅子への移乗がやりやすいように、車椅子が入り、向きを変えられるくらいのスペースが確保できれば安心です。

5.トイレ、洗面所は寝室の近くへ

夫婦で助け合う場合も、親を介護する場合も、介護は至れり尽くせりで、なんでもやってあげてしまうのでは、本人のためによくありません。自分でもひとりでまだまだできるのだという自信は生きる上で大切ですし、また手を貸し過ぎると介護度が上がってしまうのです。

今本人でできることは、少しでも長くそのまま維持できるようにしてあげることが大切です。

トイレや洗面などの基本的な習慣は、なるべく自分でやらせてあげたいものです。夜中の急なトイレもすぐに行けるように、水回りは寝室の近くに配置できるといいでしょう。

6.眺めのいいベランダをお庭感覚で楽しめる

高齢者は戸建てでは2階に行くのも苦労しますが、マンションなら10階でもエレベーターがあるから安心です。足が弱ってなかなか外に出られなくなったら、少し広めのベランダをお庭にしてガーデニングを楽しんだり、外の景色を見たりできる物件もいいでしょう。とはいえ、高層階では怖がって近寄らなくなりますから、ほどほどの階層で。

7.その他

マンションの間取りではありませんが、共有部分も確認しておきましょう。

  • マンションから外に出る間に大きな段差がないか、確認しましょう。
  • エントランスはタクシーなどの乗降がゆっくりできるよう、車を停めるスペースがあるか、雨の時濡れないかも確認しましょう。
  • 車椅子での移動を想定すると、なるべくエレベーターホールに近い物件がいいでしょう。

まとめ

介護しやすい間取りについて、ご紹介しました。既に介護認定を受けている親族がいる場合、地方自治体から介護リフォームの費用補助が出る可能性もあります。ケアマネージャーや地域包括センターに相談してみましょう。マンションのリフォームに関しては、管理組合で規定がありますから、確認してから計画しましょう。

カウルなら仲介手数料無料で物件をご紹介可能です!是非カウルにご登録頂き、「物件リクエスト」から物件をご依頼下さいませ。

>>カウルサービスページ

>>物件リクエスト機能について

>>ご利用者様インタビュー

販売済みの場合はご容赦ください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top