マンションジャーナル

マンションジャーナル

【気分ゆったり】人気銭湯に通えるマンションまとめ

マンションジャーナル最新記事

More
【気分ゆったり】人気銭湯に通えるマンションまとめ

全国的に銭湯の数は減少傾向にあり、都心でも昔から好まれてきた銭湯が消えていくことが多くなりました。近くにスーパー銭湯ができるようになったり、都市の再開発に利用される土地であったりと理由は様々ですが、銭湯好きの人からすると少し寂しいですよね。

平成元年、東京都内に2,000件あった銭湯は、25年の間に1,300件が姿を消しました。一方で、今でも人気の銭湯は数多くあり、テレビでの特集をきっかけにお客さんを増やしている銭湯がたくさんあります。銭湯と言えば、やっぱり家からの徒歩でいくべきもので、体が冷えない間に家に帰ってゆっくりできるのが理想ですよね。ということで、ここでは都心の人気銭湯をご紹介し、その銭湯に通うことができるマンションを合わせてご紹介していきます。銭湯好きの人、必見です!

光明泉(目黒区・中目黒駅)

出典:http://kohmeisen.com/

東京のオシャレな街、中目黒駅にある銭湯で、親子三代に渡って受け継がれている銭湯です。2014年にデザインを一新、今では観光名所のひとつとして知る人ぞ知る銭湯になりました。中目黒という立地上、とても上品な佇まいをしており、古くから来ているお客さんと新しいお客さんのコミュニケーションが図れる場となっています。アメトークでも紹介された、芸能人の方もお忍びでくる銭湯のひとつですね。

高濃度の炭酸泉はとても人気があり、ジョギングやスポーツで筋肉痛になった体を癒してくれます。都内の銭湯に珍しく、露天風呂があるのも光明泉の特徴です。木々に囲まれた空間は、心と体を癒してくれます。

中目黒アトラスタワー

495戸の大型タワーマンションです。間取りは2LDKとなっており、家族で生活をするのにも十分なスペースがあります。高層マンションでゴージャスな気分を味わいつつ、銭湯に足を運ぶのも気持ちがいいですよ。上品な住民の方が多いため、出かけるときと帰ってくるときの服装には気を付けるようにしましょう。

  • 東急東横線/東京メトロ日比谷線「中目黒駅」より徒歩2分
  • 住所:東京都目黒区上目黒一丁目26-1
  • 建築年:2009年10月
  • 総戸数:495戸

>>中目黒アトラスタワーの詳細はこちら

清水湯(東京都港区)

出典:http://shimizuyu.jp/

南青山という土地に合わせるようにリニューアルさせたのが清水湯です。100年以上続いていた老舗の銭湯が南青山、表参道のお客さんに「行きたい」と思わせる銭湯を完成させました。お湯は全て軟水を利用しており、健康と美容を意識したお湯の性質にこだわっています。

海外の文化を多く取り入れており、男湯のタイルはイタリア製、女湯のタイルはスペイン製を利用しています。大口から均等に吹き出すドイツ製のレインシャワーヘッドが気持ちいいです。湯上りにはベルギービールを楽しむことができるというオシャレなサービスを展開しています。まさに南青山にぴったりの新しい銭湯の形と言えるでしょう。

パークアクシス南青山

パークアクシス南青山は、外観が他にはない独創的なマンションとなっています。街と溶け込みつつも個性を発揮しているマンションとなっており、周辺に住む人にとっては自分と照らし合わせているかのような気分になります。内装もゴージャスでオシャレになっており、南青山に住むステータスを更にランクアップさせてくれます。お風呂も広々としていますが、たまには清水湯に出かけて、また違った青山の空気を感じてみるのもいいでしょう。

  • 東京メトロ銀座線/千代田線/半蔵門線「表参道駅」より徒歩2分
  • 住所:東京都港区南青山三丁目13
  • 建築年:2009年10月
  • 総戸数:495戸

戸越銀座温泉(東京都品川区)

出典:http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/spot/13020660.html

近隣の方には「中の湯」として親しまれていた温泉が2007年にリニューアルしました。昔の風情を残しつつ、現代的なデザインに仕上げた「戸越銀座温泉」です。リニューアルのタイミングで天然温泉を利用するようになり、体の疲れがより取れるようになりました。

銭湯としては珍しく、男湯と女湯を日替わりで交換するスタイルを取っており、「陽の湯」と「月の湯」の両方が楽しめるようになっています。特徴的なのが富士山の画です。陽の湯と月の湯、どちらにも幻想的な富士山の画がかかっており、古くからの文化を継承しつつ、現代美術を取り込んでいることが分かります。

ワールドパレス戸越

5階建ての26戸とスマートな造りになっている「ワールドパレス戸越」は、下町の雰囲気がある戸越銀座に溶け込んでいるマンションです。戸越銀座温泉は日替わりでお風呂を変えているので、連続で足を運ぶ人もたくさんいます。また、休日には少し早い段階からお風呂に入り、都内でも有数の戸越銀座商店街で一杯飲んで帰る、という贅沢コースを楽しむことができるようになっています。

  • 東急池上線/都営浅草線「戸越銀座駅」より徒歩7分
  • 住所:東京都品川区戸越二丁目6-32
  • 建築年:1995年02月
  • 総戸数:26戸

>>ワールドパレス戸越の詳細はこちら

久松湯(東京都練馬区)

出典:http://hisamatsuyu.jp/

練馬区にある久松湯は、2014年にリニューアルされたオシャレな銭湯です。地下1500mから発掘した天然温泉で、練馬区では初めて天然温泉を楽しめる銭湯となっています。

久松湯に行ったら是非とも見たいのがプロジェクションマッピングです。夜は継続的に投影されていますので、湯船に浸かりながら独創的な世界に引き込まれます。古くからの銭湯好きの反感を買うかと思いきや、お風呂が気持ちよくなることを実感してリピーターが増えている銭湯です。待合室が広々としているので、夫婦や家族連れ、彼氏・彼女と一緒に行くこともできる銭湯です。

桜台パークホームズコンソート

桜台パークホームズコンソートは、氷川台駅より徒歩4分の好立地、緑の手入れがしっかりとされているマンションです。白の外観と緑のコントラストが美しく、とても清潔感があります。部屋の中は光を取り込みやすく、通気性も良いのでとても快適です。久松湯に出かけた後、落ち着いた街並みをとぼとぼと歩いて帰り、落ち着くマンションでゆっくりとする贅沢を味わってみてください。

  • 東京メトロ有楽町線/副都心線「氷川台駅」より徒歩4分
  • 住所:東京都練馬区桜台三丁目42-6
  • 建築年:2001年03月
  • 総戸数:40戸

>>桜台パークホームズコンソートの詳細はこちら

まとめ

東京にある有名な銭湯を4つご紹介していきました。どれもリニューアルして独自性を出している銭湯です。今でも人気があるのは、リニューアルをしながらも、昔からのお客さんに楽しんでもらうことを忘れていないことが大切です。今後、近くに引っ越すことがあれば、是非とも訪れてみてください。今住んでいる場所の近所にも隠れた銭湯の名店があるかもしれませんよ。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top