マンションジャーナル

マンションジャーナル

【正月太り不回避?!】寒くても行きたい食べ歩きスポット3選

マンションジャーナル最新記事

More
【正月太り不回避?!】寒くても行きたい食べ歩きスポット3選

日本は地域によって様々な名物があります。それぞれの地域に有名なお店があり、行くたびに新しい発見があるのが面白いところです。
休日にちょっと出かけて商店街に入れば、おいしそうなお店が立ち並び、食べ歩きしているとあっという間にお腹がいっぱいになった経験はないでしょうか。

ここでは、この冬行っておきたい食べ歩きスポットを3つご紹介していきます。家族でのリフレッシュや恋人とのデートに活用してみてください。

戸越銀座

出典:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/

誰もが一度は聞いたことがある日本一長い商店街、「戸越銀座」です。全長で1.3kmもあり、ゆっくり歩けば半日をつぶすことができる商店街です。

戸越銀座に行ったら絶対食べてほしいのが「コロッケ」です。戸越銀座ではコロッケを名物にしようという働きがあり、歩いているといたるところにコロッケ屋さんが目に入ります。コロッケを1回で3つ、4つと食べるわけにもいきませから、行きたいお店を先にリサーチしておくといいでしょう。中には変わりものコロッケもあります。梅の味にしているコロッケやおでんコロッケなど、戸越銀座でしか味わえないコロッケに出会うことができるでしょう。

疲れた時にはお団子がおすすめです。お腹にしっかりと残りますので、小さめの団子を選ぶことをお勧めします。甘い団子であれば、歩いて疲れた体を癒してくれるでしょう。400店以上ある戸越銀座で、満腹になる食べ歩きを試してみてください。

アメ横

出典:http://www.guidenet.jp/tk/yearend/?pagename=top_2015

都心以外からの修学旅行生が外国人も多く立ち寄る「アメ横」です。お店の人が大きな声で商品アピールをしている姿は、見慣れない人には珍しく感じるかもしれません。

アメ横の名物にもなりつつある、ニューフルーツでは、お店にフルーツが並んでおり、串を刺して食べるシステムになっています。とにかく安いのが特徴で、新鮮でおいしいフルーツを堪能することができます。
出典:http://www.ameyoko.net/shop/295

食べ歩くとゴミも大変ですし、汁も落ちるものが多いため、その場で食べきってしまうのがいいでしょう。夏に食べるスイカは格別です。

出典:http://hitosara.com/tlog_13135605/

西湖春上海小龍包の「焼き小龍包」も人気の商品です。口に入れた瞬間に肉汁が口の中に溢れてきます。すぐに食べると口から汁がこぼれることがありますので注意してください。

疲れた時にはソフトクリームはいかがでしょうか。茶の君野園というお茶屋さんで出される抹茶ソフトは、とても濃厚で「これぞ抹茶」と言いたくなる上品な味になっています。
出典:http://www.guidenet.jp/shop/055s/

甘すぎませんので子供だけでなく年配の方にも人気があります。抹茶だけだと渋くなってしまうため、バニラと合わせているところも人気の秘密となっています。

鎌倉

出典:http://taspy.jp/24499

オシャレなカフェが増え、街の雰囲気も日々進化している鎌倉です。鎌倉といったら食べ歩きを想像する人も多いのではないでしょうか。古くからあるお店もあり、食べ歩きをしながら歴史を感じることができるのが特徴です。

出典:http://gazoo.com/my/sites/0001470013/takanish/default.aspx

まずは、鎌倉壱番屋のぬれせんべいを目指しましょう。鎌倉にはせんべい屋がたくさんありますが、ここのぬれせんべいは別格です。小腹が空いた時にぴったりのおやつになっています。バリバリっとしていないのがいいですよね。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/gourmefighter/35833355.html

続いて、いも吉館の「紫いもソフト」です。辛いものを食べた後は甘いものが食べたくなるもので、人気の鎌倉らしい人気のソフトクリームです。案外、紫いもがベースになっているソフトクリームって食べたことが無い人も多いため、観光を目的にした思い出にもなりますね。

食べ歩きとは違いますが、大仏ビールも飲んで欲しい商品です。夏だけでなく、冬に飲むビールもおいしいですよ。地ビールのブームに乗ってしまいましょう。お土産として購入する人も多い商品となっています。

まとめ

食べ歩きスポットをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。近場でも古くからある商店街はたくさんあり、毎週違った食べ歩きを体験してみるのもいいでしょう。

地域の違いを実感することができ、飽きることがありません。どこの食べ歩きスポットに行っても友達に紹介したくなること間違いなしです!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top