マンションジャーナル

マンションジャーナル

手厚い住宅手当がある会社まとめ

マンションジャーナル最新記事

More
手厚い住宅手当がある会社まとめ

企業が社員を対象に支給を行う福利厚生。食事の補助や家族手当、その他記念日を対象にした特別休暇など、近年ではユニークな種類のものが増えています。

しかし数ある福利厚生の中でも、最も人気の高いものと言えば住んでいる家の家賃を一部負担してくれる「住宅手当」です。毎月の固定の出費でも住居に関するお金が一番かかるという人も多いでしょう。

その金額の次第で年収が50~100万円違うということもあるようです。

そんな住宅手当ですが、特に手厚いことで知られる企業をここではピックアップしてみました。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

朝日新聞はとても手厚い

日本でも有数の新聞社として知られる朝日新聞。大新聞社は学生の就職人気ランキングでも常に上位にあり、給与面を代表に従業員の待遇が優れていることでも知られています。

どうしても勤務時間が長くなりがちですが、残業代もしっかりと支給されますし、不動産物件の運営も行っているので、会社の収益も安定しています。そんな朝日新聞ですが、毎月の住宅手当額はなんと最大で9万5千円になるようです。

全国に支社があるので、転勤が多いことがその理由のようですが、18万円の物件に住めば半額以上の9万5千円が支給されるので、家族を持っている人間でも安価で十分な広さの家を借りることができます。

一定の時期をすぎると最大5万円になるようですが、それでも十分な額と言えるでしょう。さらにグループ会社の朝日写真ニュース社でも、同様に住宅手当が支給されるようです。

この会社はわずか30名前後の小さな会社ですが、朝日新聞の関連会社だけあって、福利厚生は大変充実しているとようです。

大手電機メーカーだけに、手厚いものがある

日立ソリューションズはエン・ジャパン調べの「IT・WEB業界」を対象にした福利厚生満足度ランキングで1位になった会社です。その内容を見ると、年齡などに応じ最大で家賃の75%もの金額が支給されるようです。その他にも多彩な福利厚生があり、住宅手当だけではない、全面的な待遇の良さが浮き彫りになっています。

NTTデータも独身者4万円、既婚者は7万円とかなりの額の住宅手当が支給されているようです。大企業のグループ会社は、やはり住宅手当を代表とした福利厚生で、かなりのメリットがあることが分かってきます。

IT系の会社に多い「ご近所手当」

アメーバブログやスマホアプリで有名なサイバーエージェント。IT系の会社の中でも特に勢いがあり、社長の藤田氏もカリスマとしてよく知られています。

そんなサイバーエージェントでは、住宅手当として会社の2駅内に住めば3万円を支給するというルールを設けています。さらに勤続5年以上の社員は5万円に増額されるなど、会社に長くいる人間に対して手厚い福利厚生を行っています。

ベンチャー出身企業というと、福利厚生は二の次になりがちですが、サイバーエージェントではその面でも他とは一線を画しています。

サイバーエージェントは渋谷にあるので、会社のお金で渋谷の近くに住めるというのも嬉しいところですね。会社側にとっても交通費で多額のお金を支給するよりも、通勤時間が短くなる会社の近くに住んでもらったほうが、何かと都合が良いのでしょう。

IT系には似たような「会社の近くに住めば家賃を一部支給」という制度を設けている会社は多いようです。

まとめ

住宅手当が手厚い会社は、やはり大企業やそのグループ会社であることが分かりました。

一方でIT系ベンチャーでも会社の近所に住めば住宅手当が支給されるというものもあり、この背景には「会社に休日でもすぐに来られる」「終電の時間が過ぎても歩いて帰宅できる」など長時間勤務や残業が多い業界ならではの背景もありそうです。

最近では住宅手当を支給する会社も減少傾向にありますが、やはりもらえるならば、もらっておきたいもの。伝統ある大企業に就職するメリットはこのような福利厚生の手厚さも理由に挙げられそうです。

参考サイト

http://www.mynewsjapan.com/reports/120

http://news.mynavi.jp/news/2016/05/19/126/

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top