マンションジャーナル

マンションジャーナル

【意外と説明できない!】マンションとアパートの違いって何?

【意外と説明できない!】マンションとアパートの違いって何?

普段、不動産の広告などで何気なく目にしている「マンション」「アパート」という言葉。

では、「マンションとアパートは何が違うの?」と聞かれて、あなたは答えられますか?

多くの方ははっきりと答えられないと思いますが、それもそのはず。実ははっきりとした区別は決まっていません。

それでは広告の「マンション」「アパート」とは何を指すのか、詳しくご説明しましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションとアパートの定義は決まっていない!?

実はマンションとアパートの違いに明確なルールはありません。

建築基準法などの法律で共同住宅に対する定めはありますが、マンションとアパートの区別は決められていません。

建物の所有者が「この建物はマンションだ!」と言ってしまえば、どのような建物でも「○○マンション」という名前をつけて良いのです。

そもそも英語の「mansion」は、広大な庭を持つような大邸宅を指す言葉です。

海外で英語圏の人に「私はマンションに住んでいます」と話すと、とんでもない誤解を受ける可能性があるので注意しましょう。

アパートの語源となった「apartment house」の方が、日本のマンションに近い集合住宅を意味します。

では不動産業者が宣伝するときの「マンション」「アパート」の区別は、誰が何を基準に決めているのでしょうか?

その答えは「不動産業者が主観で決めている」となります。

業界の慣習で木造やプレハブ工法ならアパートでSRCRC造ならマンション、2階建てはアパートで3階建て以上はマンション、と呼ぶケースが多いのは確かです。

それではRC2階建ての集合住宅は、マンションとアパートのどちらなのでしょうか。

このような建物を広告する場合には、不動産業者が見た目や設備のスペックから判断して主観でマンション・アパートの区別を決めています。

こんなにある集合住宅の呼び方

集合住宅の呼び名にはその時代の流行があり、歴史が感じられます。

まだ集合住宅が珍しかった時代はマンションとアパートの区別はあまりなく、鉄筋コンクリートの立派な建物でもアパートを名乗っているものも多いです。

有名な「同潤会アパート」などが代表的な例です。

マンション・アパートとという名称が一般的になると、少しひねった英語名称が登場します。

「○○コーポ」「○○ハイツ」「○○ハウス」「○○ホーム」「○○レジデンス」などはよく使われる名称です。

少しおしゃれな雰囲気を出したいのか、フランス語で「メゾン○○」、イタリア語で「カーサ○○」と英語以外の言語を使う例も増えてきました。

最近人気の古い集合住宅をリノベーションした物件では、ヴィンテージ感を強調するためにあえて「○○荘」と名乗っているものも見られます。

きらびやかな名称に期待を寄せて内覧を申し込み、現地を訪れてギャップにびっくり……というのは、「不動産あるある」の鉄板ネタですね(笑)。

マンションとアパートの違いその1 構造の違い

アパートの多くは木造やプレハブ、マンションの多くはSRC造やRC

不動産業者がマンションとアパートを区別する際、一番の基準となるのは構造の違いです。

木造やプレハブ造(軽量鉄骨造)の建物はアパート、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)RC(鉄筋コンクリート造)の建物はマンションとするのが一般的です。

建物の骨組みとなる部分の話なので、外壁や内装など表面の仕上げの良し悪しはあまり関係ありません。

同じ新築物件であれば、ぱっと見ただけで木造とRC造を見分けるのはなかなか難しいと思います。

木造のアパートとRC造マンションは何が違う?

一見しただけでは分からない木造とRC造ですが、性能に大きな違いがあります。

RC造は耐震性・耐火性に優れ、安心して長く暮らせる建物です。

木造は日本の風土にあった伝統的な建物ですが、堅牢さはRC造に劣ります。

火事や地震などの災害時に、被害が少なく全財産を失う可能性が低いのがRC造です。

日々の暮らしに大きく影響するのは、防音性能の違いでしょう。

RC造の建物は壁や床が厚く、隣の家の音が伝わりにくい構造です。

木造はあまり防音を重視した造りではありません。

ひどい時には隣の家の歩行音まで聞こえます。

木造アパートで暮らすなら、多少の騒音は受け流す覚悟が必要です。

マンションとアパートの違いその2 分譲か賃貸か?

賃貸アパートは建築コストを節約したい

木造とRC造では歴然とした性能の違いがあるのにもかかわらず、なぜアパートの多くは木造やプレハブ造なのでしょうか。

アパートはほとんどが賃貸を前提として建設されます。

賃貸を前提として集合住宅を建築する場合、徹底したコストカットが行われるために木造やプレハブ造がほとんどになってしまいます。

分譲マンションは売主であるデベロッパーが自由に値付けして、売れた時点で利益を確保することができます。

賃貸物件の場合は、家賃収入が入っても土地の費用や建築費用などの初期投資をペイするまでは利益が出ているとは言えません。

いかに建築費用を安く抑えるかが、賃貸経営の成功の重要ポイントとなるわけです。

木造やプレハブ造はRC造に比べて建築コストが安く、初期投資が少なく済みます。

入居者も一生そこに住むつもりはないので、RC造ほどの丈夫な建物を求めていません。

費用対効果を考えると、賃貸アパートは木造やプレハブ造で十分という結論になるのです。

こんなに違う! 分譲と賃貸の設備スペックの差

賃貸アパートを建築する際のコストカットは、構造だけではありません。

住居内部の設備も分譲物件と比べてシンプルです。

賃貸アパートと分譲マンションで差がつく代表的な設備は、次のようなものがあります。

・ガス給湯器

分譲マンションでは24(1分間に25度沸かした湯を24リットル供給できる)が一般的ですが、賃貸では16号も見られます。

ほとんどの賃貸アパートでは追い炊き機能はついていません。

・浴室換気乾燥機

24時間換気が義務付けられた分譲マンションでは、換気機能付きの浴室乾燥機が標準で備えられています。

賃貸アパートではシンプルな換気扇がほとんどです。

・システムキッチン

分譲マンションはコンロ一体型のシステムキッチンが一般的で、ワークトップも人工大理石の一枚板です。

賃貸アパートはステンレストップのブロックキッチン(組み合わせ型のキッチン)が多く、物件によってはガスコンロが設置されていないことも。

・浄水器やディスポーザー

分譲マンションでも普及途中にある設備ですが、賃貸アパートで設置されていることはほとんどありません。

ディスポ―ザーは浄化槽の設置やメンテナンスが必要で、初期投資やランニングコストの負担が大きい設備です。

・床暖房

分譲マンションで一般的になった設備ですが、賃貸アパートで設置されていることはほとんどありません。

木造アパートはRC造に比べて気密性が低く、期待するような暖房効果が得られないためかと考えられます。

・オートロック・テレビ付きインターフォン

防犯性能も分譲マンションと賃貸アパートで大きな差があります。

最近は女性単身者向けにセキュリティを強化したアパートも増えてきました。

まとめ

マンションとアパートの違いに明確な決まりはありませんが、マンションと呼ばれる建物はアパートより住宅性能が高いのが一般的です。

住宅ローンの返済と家賃の支払いで同じお金を払うなら、賃貸アパートより分譲マンションの方がより快適に暮らせるでしょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top