マンションジャーナル

マンションジャーナル

【初心者向け】人気の観葉植物“フィカス”の仲間とインテリア実例集!

マンションジャーナル最新記事

More
【初心者向け】人気の観葉植物“フィカス”の仲間とインテリア実例集!

緑とふれあう機会が少なくなりがちな、マンション生活。

マンションで手軽にグリーンを楽しみたい人向けといえば、観葉植物が特にオススメです。

なかでも、「フィカス属」の仲間たちはエキゾチックな雰囲気と育てやすさから、観葉植物を楽しむ人々から絶大な人気があります!

今回は、フィカス属の観葉植物として代表的な4種と、そのインテリア実例集をご紹介します!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

フィカス属(Ficus)ってどんな植物?

生物は大きなカテゴリーから門→網→目→科→属→種へと、その形態的特性で細かく分類されています。

フィカス属で言うなら、植物界→被子植物→真正双子葉類→バラ類→バラ目→クワ科に属しているということになります。

クワ科にはフィカスの他にも、クワや熱帯果樹のパンノキなどの仲間たちがいます。

熱帯から暖帯に分布するフィカスはエキゾチックな魅力を持つ植物が多く、観葉植物として栽培される品種もあります。幹に傷をつけるとゴムを含む白い樹液(ラテックス)が出るのもフィカス属の特徴です。

今回ご紹介する4つの観葉植物の他にイチジクや、つる性の観葉植物プミラもフィカス属の仲間です(フィカス属は和名をイチジク属と言います)。

今回はフィカス属のなかでも特に観葉植物として人気の高い、

  • ウンベラータ
  • ベンジャミン
  • インドゴムノキ
  • ガジュマル

をご紹介しましょう!

育て方のポイント

ウンベラータ・ベンジャミン・インドゴムノキ・ガジュマルの育て方のポイントは次のとおり。

  • 日光が好きなので、日当たりのよい場所で管理する。
  • 葉やけするので直射日光にあてない(斑入りの品種は特に直射日光に弱い)。
  • 室内では乾燥気味に育てる。土が乾いたらたっぷりと水やりをする。
  • 生育の止まる冬場の水やりは控えめに。
  • 夏は戸外での管理も可能。
  • 暖かい場所が好きなので、室内で越冬させる(耐寒温度は5度以上)。

土に水やりをするとともに、できるだけ霧吹きなどで葉に水を吹きかけてあげましょう。耐寒性もありますが、霜に耐えられるほどではないので冬場は室内で管理します。

日当たりを好むフィカスですが、耐陰性もあるため通年で室内で育てることができます。できれば春から秋にかけて、ときおり直射日光のあたらない室外で日光浴をさせてあげてください。

室内では、日当たりのよい場所に置きましょう。

1.ウンベラータ

  • 種:フィカス・ウンベラータF. umbellate
  • 学名:Ficus umbellata
  • 和名:ウンベラータ
  • 英名:Umbellata

ウンベラータは熱帯アフリカ原産の常緑高木です。ウンベラータという名前はラテン語の「日傘umbella」が由来。特徴的な大きな葉をインテリアに活かしてみましょう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-50-38出典:http://roomclip.jp/photo/Z06B

うねった枝が楽しい雰囲気に。ウンベラータはおしゃれな雑貨屋、美容院、洋服屋などでよくみかける観葉植物。ナチュラルテイストのインテリアによく似合います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-51-00出典:http://roomclip.jp/photo/hY8O

リビングで存在感を放つ大型のウンベラータ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-51-30出典:http://roomclip.jp/photo/hHYi

モダンなインテリアのアクセントとして。モノトーンな雑貨とウンベラータの葉のグリーンが美しいコントラストを魅せます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-51-55出典:http://roomclip.jp/photo/6w3W

低めに仕立てたかわいらしい印象のウンベラータ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-52-14出典:http://roomclip.jp/photo/fSd

ベッドルームに大型のウンベラータを。くつろぎのスペースにグリーンがあるとなごみますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-52-37出典:http://roomclip.jp/photo/hHD0

ウンベラータは挿し木や取り木でも増やすことができます。伸びすぎた枝を剪定した際に、それを挿し木にして小型のウンベラータを楽しむのも。

剪定した枝の切り口からは、白い樹液が出てきます。かぶれる可能性もあるので、肌や衣服などに直接ふれないよう注意しましょう。挿し木にする場合は、樹液が切り口をふさがないよう水で洗い流してからにします。

ベンジャミン

  • 種:ベンジャミンF. benjamina
  • 学名:Ficus benjamina
  • 和名:シダレガジュマル
  • 英名:Benjamin tree、Weeping fig

インド・東南アジア原産のベンジャミンは、別名ベンジャミンゴム、ベンジャミンゴムノキなどとも呼ばれています。濃い緑の葉が美しいベンジャミンは観葉植物としては、どこかシャープな印象があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-52-53出典:http://roomclip.jp/photo/qOxI

大型のベンジャミンをソファ脇に設置。木陰でリラックス気分を味わえそうですね。ベンジャミンの若い枝は柔らかいので三つ編みに仕立てることもできます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-53-03出典:http://roomclip.jp/photo/h1Gu

葉がカールしたベンジャミンバロックも人気の品種です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-53-12出典:http://roomclip.jp/photo/6JvQ

ブリキの鉢カバーで無骨なテイストに。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-53-28出典:http://roomclip.jp/photo/kr5I

玄関に置いたベンジャミンをウエルカムプランツに。ベンジャミンは寒さに弱いので冬場は玄関から暖かい場所に移動させます。ただし、育てる環境が変わると葉が落ちる習性があるので注意してください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-53-38出典:http://roomclip.jp/photo/kt2K

クリスマス時期にはベンジャミンに飾り付けをしてみても。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-53-55出典:http://roomclip.jp/photo/6Xy1

小型のベンジャミンを雑貨コーナーに。インダストリアルな雰囲気にもマッチします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-55-01出典:http://roomclip.jp/photo/hxfH

こんもりと仕立てたベンジャミン。生育が早いベンジャミンは剪定して好みの形にするのも楽しいものですね。


ゴムノキ(インドゴムノキ)

  • 種:インドゴムノキF. elastica
  • 学名:Ficus elastica
  • 和名:インドゴムノキ
  • 英名:Indian rubber tree、Indian rubber fig、Assam rubber,、rubber plant

ゴムノキ(インドゴムノキ)は、北西インド・インドシナ原産の常緑高木。ゴムの原料となるゴムノキですが、天然ゴムの原料は主にトウダイグサ科パラゴムノキ属パラゴムノキから採取しています。

観葉植物としてのゴムノキは通常、クワ科フィカス属のインドゴムノキのことを指します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-55-34出典:http://roomclip.jp/photo/hx8Y

高木性のインドゴムノキは大きく育つので、リビングの主役として存在感が。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-55-44出典:http://roomclip.jp/photo/kkhY

天井に届くほど大きく育つインドゴムノキ。伸びてきた枝を剪定しながら育てましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-55-57出典:http://roomclip.jp/photo/kkci

大きなインドゴムノキは広々とした空間にマッチ。空間のつなぎとしても機能します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-56-07出典:http://roomclip.jp/photo/g4wB

伸びた枝を剪定したら、挿し木にして仕立て直すのもおすすめ。小型のインドゴムノキを玄関のアクセントに。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-56-20出典:http://roomclip.jp/photo/qqAF

質実剛健な男前インテリアにもインドゴムノキはよく馴染みます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-56-31出典:http://roomclip.jp/photo/kEuX

日の光を求めてユニークな枝ぶりになったインドゴムノキを、雑貨とともに楽しく飾りたてて。

ガジュマル

  • 種:ガジュマルF. microcarpa
  • 学名:Ficus microcarpa L.f.
  • 和名: ガジュマル
  • 英名:Chinese Banyan、Malayan Banyan

ガジュマルは熱帯地方に分布する常緑高木。別名「榕樹」とも。沖縄ではガジュマルの大木にはキジムナーと言う妖精が住んでいると伝えられています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-56-44出典:http://roomclip.jp/photo/fV6

ガジュマルは光量が不足すると徒長しやすいので、日当たりのよいところで管理します。こんもりとした枝ぶりにしたいなら、こまめに切り戻しをしましょう。生命力の強いガジュマルはきつめに切り戻しをしてもよく生長して葉を茂らせます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-56-58出典:http://roomclip.jp/photo/6vQW

玄関のウエルカムプランツとして。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-57-12出典:http://roomclip.jp/photo/gae0

エキゾチックな陶器の鉢カバーで雰囲気満点なガジュマル。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-16-57-46出典:http://roomclip.jp/photo/qkEy

小型のガジュマルを雑貨のようにディスプレイ。特徴的な幹が楽しい雰囲気に。

まとめ

熱帯原産のものが多く、エキゾチックさが魅力のフィカス属。初心者にも育てやすい種類が多いので、ぜひインテリアに活かしてみてはいかがでしょうか!?

eye catch photo by roomclip

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top