マンションジャーナル

マンションジャーナル

普段の食事を2倍美味しく!洋食器特集

普段の食事を2倍美味しく!洋食器特集

食卓を彩るための必要不可欠なアイテムといえば、食器類ではないでしょうか。

素敵な食器は、食べ物を美しく演出します。その中でも今回は、洋食器をピックアップ。

洋食器はシンプルなものから、デザインの高いものまでさまざまな種類があります。食卓で使いやすい洋食器と、カトラリーを紹介しましょう。

プレート類

プレートは、料理内容によってさまざまな大きさのものがあります。

ディナープレートやデザートプレート、ラウンドプレートなどサイズの他にも、用途別によって専用の名前が付けられています。

2016y12m03d_182739888出典:http://roomclip.jp/photo/hrgK

どんな料理にも合わせやすいシンプルな食器は、やはり人気があります。

イッタラの「ティーマ」シリーズは、フィンランドのデザイナーであるカイ・フランクの食器です。

一見シンプルながらも使い勝手をとことん追求して、手に触れたときにも馴染みやすいフォルムが特徴です。

普段の食卓にも取り入れやすいでしょう。また、洋食だけではなく和食や中華などの料理にも合うため幅広く使えます。

2016y12m03d_182951698出典:http://roomclip.jp/photo/qmLz

おしゃれな北欧食器メーカーアラビアの「パラティッシ」シリーズのプレート。

フィンランドの陶芸作家である、ビルガー・カイピアイネンの食器です。

大胆なフルーツ柄は、インパクトも強いでしょう。スタイリッシュなデザインのプレートは、食卓のイメージを華やかに演出してくれます。

また、このパラティッシシリーズはプレートだけではなく、カップアンドソーサーやマグカップなどもラインナップされているためトータルコーディネートも可能です。

イッタラ&アラビアの公式サイト https://www.iittalashop.jp/index.php

 

2016y12m03d_183224546出典:http://eeviskainen.blogspot.jp/2014/11/tan-vuoden-ekat.html?m=1

たくさんある北欧デザインの中でも、始めに思い出すメーカーといえばマリメッコと、いった人も多いのではないでしょうか。

マリメッコといえばケシの花をモチーフした「ウニッコ」も素敵ですが、今回はフィンランドの老舗百貨店の生誕150周年を記念して作られた「ケスティト」を紹介します。

レトロな花柄のケスティトは、フィンランド語で「楽しみ」「楽しませる」といった意味があります。ケスティトで食事をすると、毎日の食事タイムが充実しそうですね。

マリメッコ公式サイト http://www.marimekko.jp/

2016y12m03d_183643800出典:http://roomclip.jp/photo/hj8N

お鍋で有名な、ル・クレーゼにもプレートが用意されています。サイズも豊富で、形も多種多様にラインナップされています。

かなりのカラーバリエーションを用意しているため、好きな色をチョイスしても良いですし、いろいろな色を組み合わせてカラーコーディネートを楽しむことも可能です。

またル・クレーぜの食器には、赤ちゃんのお食い初めや離乳食の食器などにも最適です。

機能面からみても、電子レンジやオーブン料理などに使用可能なので毎日の食卓で大活躍できるでしょう。

ル・クレーぜの公式サイト https://www.lecreuset.co.jp/

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

カップアンドソーサー

お気入りのカップアンドソーサーは、午後のティータイムを素敵に演出してくれるための重要アイテム。

そんなカップアンドソーサーにも、紅茶用やコーヒー、エスプレッソ用、スープ用などの種類があります。

2016y12m03d_183822359出典:http://roomclip.jp/photo/6hTO

上品でクラシカルなブルーのティーカップアンドソーサーは、デンマークのロイヤルコペンハーゲンのもの。

この「ブルーフルーテッド・プレイン」は、ロイヤルコペンハーゲンの工房が初めて開窯されたときに制作されたものです。

まさに、ロイヤルコペンハーゲンの原点といっても過言ではありません。

特徴的なデザインの、可憐な小花柄は中国が起源と考えられています。

西洋的でありながらも、どこかオリエンタルな雰囲気もあり魅力的な食器です。

ロイヤルコペンハーゲン公式サイト https://www.royalcopenhagen.jp/

2016y12m03d_184046003出典:http://roomclip.jp/photo/ZkOE

小さな野いちご柄が可愛らしいこの食器は、ウェッジウッドの「ワイルドストロベリー」です。

イギリスが本場のウェッジウッドは、世界の中でも最大級の陶磁器メーカーでもあります。

また、ウェッジウッドはテーブルウェア以外にも、ピクチャーフレームやオーナメントなどいろいろなものを制作しています。

このワイルドストロベリーは、ウェッジウッドの中でも代表的な柄です。自然をこよなく愛する英国人だけではなく、世界中の人々に愛されました。

ウェッジウッド公式サイト http://www.wedgwood.jp/

2016y12m03d_184212518出典:http://roomclip.jp/photo/hfuZ

西洋ブランドだけではなく、日本にも優れた洋食器メーカーがあります。

このカップとソーサーは、初めて西洋の食器を作ったメーカーであり、100年の歴史をもつノリタケの「アルマンドティー」です。

ゴールドの唐草模様とブルーのアクセントが、高級感を演出しています。上品かつ、ゴージャスな雰囲気も感じますね。午後のティータイムの時間を、優雅なひとときに変えてくれそうな食器ではないでしょうか。

ノリタケ公式サイト http://tableware.noritake.co.jp

>>>素敵な食器が似合うお部屋探しはコチラから!

カトラリー

カトラリーとは、食卓で使用するスプーンやフォークなどの総称です。

カトラリーと一言で言っても、コーヒースプーンなどの小さなものから、ディナー用の大きなスプーンまでいろいろな種類があります。

素材としては、ステンレス製や銀製、ニッケルシルバーなどがあります。

現在、主に流通している素材はメンテナンスも楽なステンレス製がほとんどです。

2016y12m03d_184604489出典:http://shop.yamazakitableware.jp/

新潟県燕市にある山崎金属工業のカトラリー。この「YAMACO」は山崎金属工業で制作した、はじめてのブランドです。

ホテルやレストランに使用されている本格的なカトラリー。シンプルながらも美しい曲線が印象的です。

また、海外でも活躍しておりアメリカのレストランで使用していたり、なんとノーベル賞晩餐会でも使用されています。

世界から見ても高い評価を、受けているメーカーでしょう。

山崎金属工業公式サイト http://shop.yamazakitableware.jp/

2016y12m03d_184902630出典:http://roomclip.jp/photo/ICV

世界でも有名なインダストリアルデザイナー柳宗理のカトラリーも人気です。柳宗理といえばバタフライスツールが有名ですが、こういったキッチン用品もデザインしています。

柳宗理のカトラリーは、シンプルでありながらも使い勝手もよく、美しいデザインが特徴です。またこのカトラリーは、種類もたくさんあるため選ぶ楽しみもあります。

世界的なデザイナーの作品を、毎日の食卓で使ってみてはいかがでしょうか。

柳宗理 製品サポートサイト http://www.yanagi-support.jp/catalog/09.html

2016y12m03d_185031941

出典:https://www.amazon.co.jp/

今や北欧を代表する人気ブランドのイッタラは、プレートやマグカップだけではなくカトラリーなども用意しています。

この「チッテリオ 98」は世界的な建築兼デザイナーのアントニオ・チッテリオとグレン・オリバー・ロウによって生み出されたカトラリーです。

ナイフ以外はS字になっているため、握りやすいと評判のカトラリーです。

プレート類で紹介したのティーマとは好相性なので、一緒に使ってみてはいかがでしょうか。

イッタラ公式サイト https://www.iittalashop.jp/index.php

まとめ

2016y12m03d_185207153

いかがでしたでしょうか。

素敵なデザインがたくさんあるので、見ているだけでも目移りしそうですよね。食器は、毎日使うものです。

デザイン性だけではなく、自分の家の食卓に合うかどうかということも考慮しましょう。

ぜひとも、自分だけの素敵な洋食器を見つけてくださいね。

>>>素敵な食器が似合うお部屋探しはコチラから!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top