マンションジャーナル

マンションジャーナル

自分の年収で無理なく購入できるマンションの価格とは?

マンションジャーナル最新記事

More
自分の年収で無理なく購入できるマンションの価格とは?

マンションの購入とは、多くの人にとって人生で最も大きな買い物になるでしょう。

そのため資金計画は綿密に立てる必要があります。自分の年収でどれくらいのマンションを帰るのか、無理なく返済できるのかをしっかりと考え、何千万円までなら購入が可能なのかを決めましょう。

返済計画が破綻すれば、競売などで手放さなくてはいけないこともあります。

そうならないためにも、年収と購入可能金額の関係を知っておきましょう。

今回は、年収に合わせて、それぞれ無理なく買えるマンションの価格はどれくらいなのかを考えていきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

頭金をできるだけ用意しよう

まず重要なのは、住宅の購入費用は頭金と借入金で決まるということです。

当たり前ですが、手元に多額の現金があればお金を借りる必要もなく、現金で家を買えます。

4000万円の家がほしいと思っても、4000万円全てを借りるのか、それとも頭金1000万円があって3000万円を借りるのかで大きく違ってきます。

頭金があれば借り入れる金額を抑えることができ、金利で支払う分のお金も節約できるので、可能な限り住宅購入資金の中でも頭金の割合を高めるように、しっかりと貯金をしておきましょう。

可能ならば親や親族に頭金を借りるという方法もありです。身内ならば出世払いという名目にして無利子で借りることもできるでしょう。ただし借用書の作成などをしておかないと、贈与税の発生も起こりえます。

住宅ローンは年収の約7倍まで借りられる

では問題の住宅ローンです。ここでいくらまでのお金が借りられるかで、購入可能な住宅の金額も決まってきます。

住宅ローンの金額の上限も実際は非常にいろいろな要素によって左右されます。

  • 住宅ローン上限が増額される要素としては
  • ローンを組む人間の年齢が若い
  • 収入が上がる可能性の高い会社に勤めている
  • 公務員など失業する可能性の低い職業である
  • 貯金が多い

逆に住宅ローンをあまり借りられない人は

  • 会社の規模が小さく倒産リスクがある
  • 頭金が少なく貯金もあまりない
  • 年齢が40歳以上である
  • 年収の低い業界や会社に勤めている

なかなか厳しい要素もありますが、簡単に言えば「お金を持っていて、返せそうな人ほど多くのお金を貸してくれる」ということです。銀行や金融機関は貸したお金の利子を収入源にしています。

お金が返せる見込みのない人間には当然貸したくないのです。信用が高く収入が途切れる心配のない人間ほど多くお金を貸してくれます。

シュミレーション

35歳の人間が住宅を買うときの平均的なモデルを計算してみましょう。

35歳の妻子持ち男性の平均年収は転職サイトリクナビNEXTなどの調査では約450万前後になっています。

35歳ならば35年ローンを利用することもできるので、満額を借りて35年返済すると考えましょう。

フラット35では年収400万円以上の人間にならば、返済負担率35%までのお金を貸してくれます。

返済負担率とは手取り年収に占めるローン返済額の割合です。

450万円の場合手取り年収は360万円ほど。その35%と言うと126万円。126万円を35年返すと4410万円になります。

ただしこれは利息を含んだ額ですので、実際に借りられる金額は3500万円以下というところでしょう。

そして30代夫婦の貯金額は日経新聞調べでは650万円ほどになっています。

全額を住宅購入に充てるのは危険なので500万円を頭金にすると考えると、一人の稼ぎだけで考えるのならば住宅購入に掛かる諸経費込みで4000万円弱が現実的なラインと言えそうです。

共働きか、片側だけの収入で払うのかもよく考える

もちろんこれは一人の収入だけでローンを返済することを考えた場合です。

夫婦で子どもをつくる気がない、特に退職を考えないのならば夫婦それぞれがローンを組む、ペアローンの利用ができますし、フラット35でも夫婦の収入を合算して多額のローンを借りることができます。

育児休暇をとっても職場復帰が可能など、安定した職についている配偶者がいる場合は二人でローンを組んでも良いでしょう。

>>>東京都、神奈川県のマンション情報はこちら!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top