マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション購入の達人が実践する、失敗しない物件探しのコツとは?

マンションジャーナル最新記事

More
マンション購入の達人が実践する、失敗しない物件探しのコツとは?

これからマンションを探そうと思っている人は、インターネットや雑誌で情報を収集しているかもしれません。

また希望条件が定まっておらず、とりあえず管理会社に訪問してみようと思っている人もいるでしょう。

ここでは、新たに物件探しをしようとしている人が失敗しないためのコツについてまとめます。物件探しの参考にしてみてください。

情報収集がスタート

2016y12m01d_155442846

物件探しを失敗しないためには、物件の情報を収集しておくようにします。

インターネットで検索をしてもいいですし、無料の雑誌を駅の構内でもらってきてもいいでしょう。

情報収集段階で調べておくべきポイントをお伝えします。

まずは、相場です。引っ越しをしたい場所がある程度決まっている人は、駅の周辺地区の相場を調べてみましょう。

インターネットであれば、駅名を入力するだけで簡単に検索をすることができます。1LDK、2LDKと条件を変えて検索を続けていると、自然と相場が見えてくるようになります。

1つの駅で相場が見えてくると、他の駅を検索した際に「高い」「安い」の判断ができるようになります。勤務地までの距離を1時間以内にしたいのでれば、沿線は様々なものが当てはまるはずです。

同じ1時間でも沿線によって価格に差が出てきます。情報収集しておかないと、最初に住みたいと思った駅とは違う場所に目がいかなくなるものです。

住みたい地域と、あんまり考えていなかった地域とで比較して見るのもいいですね。最初は住みたいと思っていなかったけれども、気になる駅が出てくることもあります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

近所を歩いてみる

気になる物件が出てきて不動産屋さんに条件を伝えるとマンションまで一緒に訪問することになります。

しかし、不動産屋さんとの行動では周辺を歩くことはほぼできません。

駅までの距離は資料を見ればわかりますが、駅まで実際に歩く機会は住むまで訪れないのです。

駅までの距離は1分が80mと定められているため、時間に嘘はありませんが、途中にどのようなお店があって、街灯がどれくらいあるのか、などは資料だけでは分かりません。

不動産屋さんに説明してもらうこともありますが、できれば自分の足で歩いてみるといいでしょう。

時間が無い人は、紹介してもらったマンションから駅まで歩く道を車で連れて行ってもらうといいです。例えば、途中に遅くまで開いているスーパーやドラッグストアがあると生活をする上でかなり便利です。

小学校が近く公園が多いことも家族連れにとってはメリットになるでしょう。

部屋のレイアウトや設備、家賃が最重要であることには変わりませんが、生活の充実度は近所の施設によっても変わってくるのです。

信頼できる不動産を選ぶ

インターネットで調べた後、契約するためには管理会社や不動産屋に訪問しなければなりません。

では、どのような業者選びをすればいいのでしょうか。良い不動産屋さんの第一条件として、訪問した際の元気さがあります。

全員が挨拶をしない、挨拶をしても声が暗い、といった業者さんは、やっぱり信頼度が薄れてしまいます。実際、元気のない不動産屋の場合は、部屋探しも真剣にやってくれないとか、ただ売り込みだけをしてくるといった業者さんであることが多いです。

入店したときの第一印象は大切です。また諦めずに探してくれる業者を選ぶようにしましょう。

こちらの条件が飛びぬけて厳しいものでない限り、良い提案をしてくれる業者さんを選びます。

2階以上に住みたい要望を伝えた場合、1階のメリットもありますよ、でもデメリットもありますよ、とあくまで訪問したこちらの意向を考えつつ親身になって答えてくれる人を選びましょう。

1つの不動産屋さんだけだと当たりはずれもありますので、いくつかの不動産屋を短いスパンで訪問してみるといいでしょう。

まとめ

マンションを購入する場合も賃貸にする場合も、情報をしっかりと集めておき、信頼できる管理会社に出会うことが失敗しない物件探しでは大切です。

時間が許す限り、じっくりと物件探しをして失敗のない新しい生活を手にれるようにしてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top