マンションジャーナル

マンションジャーナル

中古マンションを購入する前にチェックすべきポイントまとめ

マンションジャーナル最新記事

More
中古マンションを購入する前にチェックすべきポイントまとめ

ほとんどの方が中古マンションを購入する際に仲介会社を利用します。

インターネット上で相場を調べ、連絡し、紹介をしてもらう方が探す側も手間が省けます。

また住みたい場所が決まっている場合は、地元に特化している不動産屋とつながっておくのもいいでしょう。

どちらにせよ、中古マンションを購入する前には最低でも1回は見学をしておくことが欠かせません。

ここでは中古マンションを購入する前に、見学でチェックしておくべきポイントについてまとめます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

中古マンションの見学について

step5-7-w2000-h2000

中古マンションを見学する場合、すでに家が空いている場合とまだ住んでいる人がいる場合で違います。

  • 家が空いている場合→見学も自由にできます。

売りに出されている状態ですから、早く入居してもらおうと仲介会社も必死になっているのが空き家です。

良い物件であればあるほど、ライバルが多いのも特徴で、早めの見学をして決定までの判断スピードを早めれるようにしましょう。

一方で、

  • まだ人が住んでいる場合

まだ人が住んでいる場合は、見学させてくれない場合もありますが、家を早く売りたいと思っていますから部屋の中は見せてくれることが多いです。

事前にスケジュールを組んでおき、仲介会社と一緒に見学をするようにします。

少し気まずいところもありますが、生活感が見えるチャンスでもありますので、じっくりと見学させてもらうようにしましょう。

部屋を見学する際のチェックポイント

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

部屋を見学する場合には、リフォームポイントを探してみるといいでしょう。

例えば、キッチンはリフォームするものだと思っていたとしても、前の人が綺麗に使っているのであれば、そのまま利用することもできますし、何より費用を抑えることができます。

今の状態を把握しておくと、後からのリフォーム計画が立てやすくなります。

リフォームしにくい場所、例えばベランダの状態や窓の大きさ、方角についてもチェックが重要です。

掃除をしてきれいになるレベルなのかどうかは、同行している仲介業者に聞くようにします。

まだ人が住んでいる場合は、住みやすさやお気に入りのポイントをストレートに聞くといいでしょう。

粗探しのようにもなりますが、傷んでいるところをチェックしておくようにし、修繕できるかどうかも確認が必要です。

マンションを見学する際のチェックポイント

中古マンションを購入する場合は、部屋の中だけが全てではありません。

マンション全体を見学する時間をじっくりと取るようにしましょう。

  • 郵便ポスト1つを見ても、使いやすいものと使いにくいものがあります。
  • 階段やエレベーターに関しては清掃状況をみます。

管理費が高い割に汚れが酷かったりすると快適な生活を送れるとは限りません。

  • 壁がはがれていないか
  • 丈夫な柱になっているか

など、隅々まで確認をしておくことをお勧めします。

まとめ

中古マンション購入は安い買い物ではありません。

だからこそ、見学時にはできるだけ細かいところまでチェックしておくことが大切であり、また1回で納得がいかなければ複数回見学をするのもいいでしょう。

メモを取っておき、後で見返してみると購入の判断がしやすいですし、リフォームの計画が立てやすくなります。

中古マンションの購入は見学から始まります。

そこに住んでいる自分を想像して、失敗しない中古マンション購入を実現してください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top