マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション投資の賃貸以外の3つの活用法とは?

マンションジャーナル最新記事

More
マンション投資の賃貸以外の3つの活用法とは?

マンションを購入したら、利益を得る方法としてはまず賃貸に出して家賃収入を得る、そう考える人も多いでしょう。

立地が良ければ常に需要があり、運用を不動産屋に任せることもできるので、不労所得に最もつながりやすく人気がある投資法です。

しかしそれだけに競合も多く、少し立地が悪いと一気に空き部屋リスクも増します。

そこで賃貸に出すだけではない、マンションの活用法を考えてみましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

民泊施設として活用する

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-12-52-06

出典:http://gate.estate/channel/archives/1394

いまマンションの活用法として最も脚光を浴びているのが、民泊施設への改装、そして貸出でしょう。

その人気の理由としてはやはり利回りの高さが挙げられます。

民泊施設として貸し出すために、設備や広さの規定はありますが、そのような安価で条件を満たしやすい物件を探せばそれほど費用はかかりません。

10万円で貸し出せるような2DKの部屋も、民泊なら1泊1万円で貸し出せば、月の利益は2倍以上になることも期待できます。

空き部屋は一度出てしまうと、大幅に利回りが低下する賃貸投資よりも、こまめに利用者がわかる民泊のほうが、利回り低下のリスクが少ないというメリットもあります。

また交通の便が良い場所や、駅近の物件の人気が高くなるのはもちろんですが、必ずしも駅に近いだけではなく、外国人に人気の高い観光スポット近くならば十分に駅から離れていても勝算があります。

最近では三鷹の森ジブリ美術館近くの民泊施設が外国人に大人気という話題も出ています。日本のアニメは海外から非常に人気が高いので、アニメの聖地付近に民泊施設を作っても面白いかもしれません。

ヨガスタジオなどにしてみる

534aa2ab41299d94439e0f4e7ddbaa5d_m

それほど大きくないマンションの一室ならば、そこを貸し出すのではなく、自分の起業スペースとして活用することも考えられます。

比較的小スペースでできるレッスンスタジオとして今人気があるのがヨガスタジオです。

鏡張りにするなどの内装工事は必要ですが、特に機材も必要ないので、スポーツジムなどよりも非常に安価で開業が可能です。

自分がヨガの講師ができるほどのスキルを持っている、もしくは知人でそのような講師をできる人がいるのならば、マンションを少人数制のヨガスタジオにすると言うのもありでしょう。

ヨガスタジオは女性にとって、あまりレッスン中の姿は見られたくないものであり、大人数よりも少人数のほうが好まれる傾向にあります。また少人数のほうが、先生から丁寧な指導を受けることができるメリットもあります。

写真スタジオにする

e72e5a5de3ee5c280e08ef21fe0a36d1_s

また最近増えている需要として写真スタジオが挙げられます。

ちょっと高めのデザイナーズマンションを購入し、貸し出すのではなく、おしゃれな写真が取れするタジオにしてしまうのです。

洋風、北欧風の家具をおいて写真館にするという活用法も考えられますし、特にいま需要が伸びているのがコスプレイヤー向けの写真スタジオです。

アニメやゲームのキャラクターになりきって写真を撮るコスプレは、若い女性を中心にどんどん数が増えています。

最近では安価な一眼レフカメラが増えたので、カメラマンの手を借りずに、女性どうしてコスプレ撮影をする人が増えています。

そういった人が求めるのは非日常的内緒言うにふさわしい、非日常的な背景です。

マンションの内装を作り込んで、非日常空間にしたり、真っ白な背景、真っ黒な背景など色々な背景を作り込んだりしていきます。

そのようなスタジオは1時間3,000円以上で貸し出すことも可能なので、一日で2~3万円稼ぎ出すことも可能ですし、きれいな背景があれば立地を気にせずに撮影に来る人は非常に多いです。

まとめ

マンションを貸し出して家賃を得るだけの投資法では、所有しているエリア付近の人口が減少した時似、いずれ全く入居者がいなくなるリスクがあります。

それよりも部屋を活用した施設としての運用ノウハウを持っていれば「需要を生み出す」ことができ、安定した利益を確保できます。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top