マンションジャーナル

マンションジャーナル

なぜ、世田谷区の待機児童は23区で最も多いのか?

マンションジャーナル最新記事

More
なぜ、世田谷区の待機児童は23区で最も多いのか?

日本がいま直面している大きな社会問題の一つに、待機児童の発生が挙げられます。

子どもを預けて働きたい両親がいてもその子どもを預けられる保育所がなく、やむを得ず会社を退職しければいけない、または待機児童のない絵地域へ引っ越しをしなければいけないという悩みを抱えた若い夫婦が増えています。

少子高齢化社会の解消のためにも、夫婦が子どもを安心して育てられる環境の整備は必達問題といえるでしょう。

待機児童の多いエリアは都心に集中していますが、中でも東京都世田谷区は23区の中でもずっと待機児童数が1位となっています。

なぜ世田谷区はこれほど待機児童が発生しやすいのでしょうか。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

待機児童が発生する理由とは?

2ba759b85e479c2cdb08894e3a9e4b82_s

まず待機児童が発生する背景を考えてみます。

待機児童は子どもを保育所に預けて働きたい家庭の数、そして子供の人数に対し、保育所で預かることのできる人数がそれを下回った時に発生します。

少子化と言われながらも子どもを預けて働きたい親、特に母親は増加しており、共働き家庭が増えていることが直接の要因と言えるでしょう。

では共働きが何故増えているのかというと、主に一家の大黒柱となる父親の収入の低下、リストラなどによる雇用の不安等が挙げられます。

特に20代から30代の若い父親層の収入は比較的収入の高い都内でも一人で家族を養うには心もとないものになっています。

都心は給与平均は高いのですが、住居費や生活費にかかる金額も高く、リーマンショックの影響でサラリーマンの平均給与が低下してからは、母親も働きに出て、二人で家計を支える必要が出てきています。

そんな時に、まだ一人で生活のできない子供を安心して預けられる保育所が必要なのです。

世田谷区ならではの問題点はあるのか

23526a4cd088e7a94b9a851e0546f43b_s

こういった問題は世田谷区に限ったことではなく、他の23区内や横浜、川崎などの東京への通勤圏の市区郡では頻繁に起こっています。ではなぜ特に世田谷で特に多いのかと言いうと

  • 世田谷では株式会社運営の保育施設の導入が遅れた
  • ビジネス街への通勤でしやすい住宅地として人気
  • 地価が高く保育所の設立に費用がかかる

といった問題が挙げられるでしょう。

世田谷は高級住宅地として人気のあるエリアであり、新宿や渋谷といった繁華街、ビジネス街へも非常に近い場所にあります。マンションや戸建てなどの住宅街エリアも多いです。

そもそも人口が23区の中で最も多い90万人弱なのでそれに比例して待機児童が多くなるのも当然といえば当然と言えるでしょう。

ただ区の対応が後手に廻ったという側面もあります。株式会社による保育所の運営は多くの自治体で認められていますが、世田谷区の場合は2015年まで認めていませんでした。

また世田谷区は地価や家賃も高いので、保育所開設が社会福祉法人等の資金力のない法人では小規模と言えども難しいという側面もあります。

今後の解消対策はどうなっているのか?

3601cc424f73c1b7136290556409212e_s

世田谷区でも一向に解決しない待機児童対策への非難が集中し、ようやく現実的なプランが始動し始めています。2016年7月にはようやく議会で具体的な案が提出され、実行に移っています。その内容は

  • 保育所定員数21,500人への増加
  • 保育室の運営費補助金の増加
  • 保育士に対し、月1万円の賃金補助

等が挙げられています。

保育士の待遇問題で、保育士の人手不足も続いていましたが、そこにもメスを入れる施策を採っています。

定員数は平成31年度の数値を目標としていますが、さらにスピーディーな対応が求められるといえるでしょう。

まとめ

世田谷区で特に待機児童が多い理由としては、人口が多い、住宅地として人気があり、通勤にも便利、区の対応が遅れていた、などの問題点がありました。

株式会社運営の保育所も徐々に増加しており、待機児童の解消も進んでいくことが予想されます。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top