マンションジャーナル

マンションジャーナル

新築マンションを購入する時に知っておきたいおカネの話

マンションジャーナル最新記事

More
新築マンションを購入する時に知っておきたいおカネの話

新築マンションを購入する際には、数十万円~数百万円の費用がかかります。

住宅ローンを組むことがほとんどだと思いますが、最初に費用が発生することを知っておきましょう。

住宅ローンから充当することもできますので、まずはどのような費用が必要になるのかを知っておき、購入時に慌てる事の無いようにしておきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

新築マンション購入時の手付金

3f31cb6071cc78effb196b6a4c7cd399_s

新築マンションを購入する際には、手付金が必要になります。

購入の約束をするための金額であり、頭金を支払わない場合であっても必要になる金額です。

仲介業者によって支払う金額は変わってきますが、マンション価格の10%を上限として見ておくといいでしょう。

つまり、3000万円のマンションを購入する場合には、最大で30万円程度が必要ということになるのです。

頭金0円の新築マンションが増えています。

毎月のローンだけで支払っていくことになるので、頭金がなければその分残金が多くなるのですが、貯蓄がない若い世代には人気があるキャッチフレーズとなっています。

頭金が無いからと安心していると、手付金が想定外になることもあるのです。

ある程度物件が選択できるようになってきたら、手付金はいくらくらい必要なのかを確認しておくといいでしょう。

頭金とは別物ではありますが、手付金は物件購入額の一部になっています。

先ほどの例でいえば、3000万円の新築マンションを購入時、手付金30万円を支払った後は、2970万円でローンを組むことになります。

購入金額の一部になるので損をするわけではないのですが、最初にまとまったお金が必要になることは覚えておきましょう。

引き渡し時に支払う費用

手付金と同じように忘れがちなのが引っ越し費用です。

一人暮らしの引っ越しとは違い、家族で移動する場合には数万円の費用がかかります。

トラック2台になると10万円を超えてきますので、無視ができる金額ではありません。

引っ越し代金も予算の中に組み込んでおくようにしましょう。

引っ越しシーズンや時間帯をズラすことで安くすることもできますので、思いきって値切ることにチャレンジしてみてください。

また今利用している家具をそのまま持っていくとしても、新築マンションでは何かと費用がかかるものです。

これまでの家よりも大きくなることが多いため、スペースを埋めるための家具を用意したり、テレビを大きなものに替えたりと、気づいたら50万円を超えているなんてこともあるのです。

カーテンやカーペットの費用もバカになりません。新築マンション購入費用と同じように、初期の家具や家電の金額も加えておくことも大切です。

毎月の費用を考えておく

無事に手付金も支払って契約が終わり、引っ越しも終わって家具もそろった。

さあ、これから新生活だとテンションが上がるところでしょう。

ここで忘れてはいけないのは毎月の費用です。もちろん、購入前にしっかりと調べておかなければなりません。

毎月の費用は住宅ローンの支払いだけではなく、マンションの管理費用や修繕積立金が発生します。

住宅ローンが5万円、管理費や修繕積立金、駐車場代を入れたら10万円、と倍になることもあります。

マンションの購入金額を比較している時に、管理費用を含めた毎月の費用も計算しておきましょう。

購入費用の10万円差は、30年ローンにすると毎月の負担額が大きく変わることはありませんが、管理費用は違います。

5千円違うだけで年間6万円の差が出てきますし、30年にすると180万円もの差になってくるのです。

購入費用だけを見るのではなく、毎月の費用を頭に入れておくことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。住宅ローンだけを考えていると、手付金や引っ越し費用を見落としがちになってしまいます。

最初にいくら必要なのか、毎月の支払金額はいくらなのか、予算を立てるときに誤らないように注意しなければなりません。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top