マンションジャーナル

マンションジャーナル

【今すぐチェック!】中古マンションの購入時に確認したい3つのポイント

マンションジャーナル最新記事

More
【今すぐチェック!】中古マンションの購入時に確認したい3つのポイント

リフォームやリノベーションが注目されている最近は、中古マンションの購入を検討している家庭が増えてきています。

新築マンションを購入するよりも自由が利きやすく、またコストメリットが得られるためです。

では、中古マンションを購入する際にはどのようなところに気を付ければいいのでしょうか。

今回は中古マンション購入の注意点についてご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

価格は適当か

955728a628424429458e7c4d2c5b3447_s
中古マンションは、新築マンションよりも安く手に入れることができます。新築の時に3000万円だった物件が半額で手に入ることもあります。

しかし、価格が安いというだけで安易に手を出してしまう人がいるのも確かです。

例えば、もともと5000万円のマンションが2500万円で販売していた場合、半額になっていることでお得感は大きいでしょうが、それだけ値下がりをしていることにもなりますし、2500万円あれば新築マンションを購入することもできます。

住宅ローンを組んでから思ったよりも毎月の支払いが大変になることは往々にしてあるのです。安いという観点だけで見るのではなく、価格以上の価値があるのかをチェックするようにしてください。

また、中古マンション購入後のリフォーム代を入れると、同じ広さの新築マンション価格を上回ることもあります。

周辺の新築マンション価格は事前に調べておいて、売りに出されているマンションの価格が妥当かどうか、フラットな目線で判断をするようにします。

家族のための物件になっているか

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s
中古マンションを購入する時に周りの施設に目がいかないことがあります。

部屋の広さと状態、価格に意識が集中してしまうからであり、学校の位置や公園、スーパーの位置などを見落としてしまいます。

前に誰かが住んでいたからと安心するのではなく、周辺の施設はチェックしておきましょう。また、仕事場への交通についても同様です。

安い理由が駅までの距離が遠いことだってありますし、乗り換えが多くて通勤が大変になることもあります。

住みやすさは部屋の中だけではありません。マンションの立地もチェックすることを忘れないようにしてください。

管理がしっかりされているか

a6fe3d39500792f988b2d892b81e7076_s
不動産屋に案内してもらって部屋に行く途中、マンションのエントランスを通ります。2階以上であればエレベーターも利用しますし、階段も活用するかもしれません。

住みやすいマンションは管理が行き届いていることが必須です。ゴミが落ちていたり汚れていたりしないかは歩きながらチェックをしておき、部屋を見た後はマンション内を歩いてみるといいでしょう。

中古マンションの中には、管理費だけ高い割に、汚れが目立つところもあります。毎月の管理費や修繕積立金を支払うだけの価値があるのかをチェックするようにします。

まとめ

中古マンションであっても1生に1回の買い物になるかもしれません。

価格だけを見るのではなく、マンションを俯瞰してみることが必要です。奥さんや子供たちは直感で判断してしまうこともありますので、父親の立場として見極めることが大切なのです。

中古マンション購入時の注意点を守って、より良い生活を手に入れてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top