マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションで家具を上手に配置するためのテクニックとは?

マンションジャーナル最新記事

More
マンションで家具を上手に配置するためのテクニックとは?

家具の配置方法で、インテリアのイメージは変わります。

マンションなどの限られたスペースでも、家具配置の基本を押さえれば素敵なインテリアにすることは難しくありません。

今回は、誰でも簡単にできる家具配置の基本テクニックを紹介します!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ゾーニング計画をしよう

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-15-56出典:http://www.apartmenttherapy.com/tiny-swedish-apartment-under-500-square-feet-233078

ゾーニング計画とは、部屋の中を用途別に区分けすることです。

ひとつひとつの用途を、大まかにエリア分けしつつ、エリア自体の大きさや相互関係なども考えます。

最初のゾーニングの考え方として、家族の団欒を楽しむスペースや食事するスペース、眠るスペースなどと部屋の中で行う行動をピックアップします。

そして、家族で団欒するところはリビング、食事するところはダイニング、眠るところはベッドルームなど、大まかなところは、簡単に区分けできるでしょう。

大まかな区分けができたら、もっと細かいところまで考えます。

例えば、PCスペースに関して「PCは、家族みんなで使用するためリビングに置くのがいい」他には「PCは仕事で使うことがほとんどなので、ベッドルームか個室設置が最適」など、その人のライフスタイルによって設置する場所も変わってきます。

また、区分けした場所の相互関係も考慮する必要があります。

例えば、夫婦のベッドルームの一角にPCスペース設置を計画したとします。

その際に、眠っている人の睡眠を妨げないような工夫も必要です。枕元から離れた場所に、PCスペースを設置する。

家具で区切ったり、パーテーションなどを利用するなども考えられます。

動線計画で、人の動きを考慮しよう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-16-13出典:http://homesthetics.net/small-living-room-ideas-entertaining-social-circle/

部屋の中での人の動く線のことを「動線」と言います。どんなに素敵な家具を置いても、動線を無視した部屋は、使いにくい部屋になってしまいます。

動線計画の一番のポイントは、「単純な動線」です。なるべくシンプルな、動線が望ましいでしょう。

目的の場所まで、短い距離でスムーズに行けるということが重要です。家具を避けて迂回しないと行けない、といったような動線にならないよう注意しましょう。

動線は、人の動きが肝心なのですれ違いのときなど、ぶつからないスペースが必要です。家具の位置なども、歩行の妨げにならないか確認しましょう。スムーズな歩行が難しいと、家具にぶつかり怪我の恐れなどもあるので慎重に考えたいところです。

部屋の平面図に家具の位置を書き込み、動線に無理がないか確認してから、家具購入することをおすすめします。

広々と見せるためには、視線が重要

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-16-26出典:http://homesthetics.net/38-living-room-ideas-for-your-home-decor/

部屋の見え方も重要です。部屋を広く見せるために、視線の先はできるだけ遮らないようにしましょう。

マンションの間取りで一番多いパターンは、一方向に窓があるプランでしょう。

大きな掃き出し窓があり、ベランダへ出入りできるといった形が多いのではないでしょうか。

この大きな窓を、ソファなどの家具で遮ってしまうと、視線を遮ってしまい圧迫感を感じてしまいます。

部屋に置く家具なども、高さを揃えた方がスッキリ見えます。目線より低めの家具を全体的に配置して、上部の空間を開けると開放感もありますよ。

また、ソファを使わずに床に座るといったスタイルは、家具を減らすこともでき目線が下がるため、部屋を広く使えるといった利点もあります。

収納力アップのために、壁面収納を取り入れたいといった方もいるでしょう。

例えば、濃いダークカラーの壁面収納を壁一面に配置すると、部屋の広さによっては窮屈さを感じることがあります。

どうしても、限られたスペースに壁面収納が欲しい場合には、ホワイトやアイボリーなどの明るいトーンのカラーのものを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-16-43出典:http://www.apartmenttherapy.com/lori-montes-fun-california-modernism-house-tour-192785

家具配置というのは、そこに住まう人のライフスタイルが関係してきます。

自分以外にも、家族のことも考慮する必要がありますね。

まずは、どんなライフスタイルを送りたいのか、把握することから始めてみてはいかがでしょうか! 

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top