マンションジャーナル

マンションジャーナル

築30年のマンションを買ったら何年住めるのでしょうか?

マンションジャーナル最新記事

More
築30年のマンションを買ったら何年住めるのでしょうか?

中古マンションを買う時に、気になるのが「築何年のマンションなのか」という人も多いでしょう。

マンションは築20年も経てばほぼ半額で買える物が多く、一見お得に見えます。

しかし建物が建てられてからの年数が長いということは、マンションの建て替えまでの年数が短いということです。

築30年のマンションを買ったら何年住めるのでしょうか、またその傾向に変化はあるのでしょうか。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

40年で建て替えられているマンションが多い

実際に日本の中古住宅市場を見ると。築40年で建て替えられているマンションが多いようです。

その理由の1つには、1970年代に建てられたマンションが、1981年に定められた耐震性を満たしていないということで、震災以降建て替える必要が生まれていることが挙げられます。

またマンションの建材や素材、技術などの問題で1960~70年代に建てられたマンションが近年どんどん建て替えられているのです。

一方で1980年代に建てられたマンションは現在の耐震性基準を満たしているので、建て替えまでの年月は60~70年持つのではないかとも言われています。

鉄筋コンクリート造のマンションは、コンクリートの劣化で建て替えの必要性が出てきますが、その場合は1950年代に建てられたものでも60年はゆうに持つようです。

建物の寿命自体は伸びているが別の理由での建て替えも

bb6424ce7a3f288ed20b37ba35001bf5_s

ではなぜ頑丈な鉄筋コンクリート造りのマンションでも40年ほどで建て替えられてしまうことが多いのでしょうか。

結局のところ築年数の長いマンションの商品価値が大きく落ちてしまうからです。

1990年代から2000年には100年コンクリートと呼ばれる技術も出現し、マンションの建物自体の耐用年数は目覚ましい進歩を遂げています。

しかし住宅を探す消費者には一定の「新築マンションじゃないと住みたくない」という層がいて、特に日本は海外と比較して根強い新築信仰があると言われています。

築40年のマンションをリノベーションして売ろうとしても、築40年という文字を見ただけで購買意欲をなくしてしまう層が存在するので、マンションデベロッパーは常に新築のマンションを作り続けています。

また建設業者にとってはマンション建設も大きな仕事ですので、マンションの耐用年数が伸びて建て替えが無くなると、それは仕事の喪失につながります。

こういったマンション建設や売買をなりわいとしている業者の都合も大きく影響しているのでしょう。

そしてやはり築年数が古いとデザインの流行も変化し、マンションに付随する設備も必要性がないものが出てきます。

そうした消費者志向の変化に対応していくために、数十年サイクルでマンションを建て替えることが多くなっているのです。

海外では築50年を超える物件は非常に多い

8df4419a4a0c51a5f14f23251264a7a7_s

一方で日本以外の不動産市場に目を向けてみると、海外では築50年を超えるようなマンションは非常に多く売買されています。

日本では不動産市場の3割が中古物件と言われていますが、ヨーロッパやアメリカなどの欧米諸国では7~8割が中古物件となっています。

日本は木造平屋建ての住宅が多く、湿度の高い環境なので住宅の劣化が早いという事情もありますが、マンションに関しても新築の割合が高くなっています。

海外は日本ほど湿度が高くないので、住宅が長持ちする、またリノベーションして価値を高めてまた他の人に売却すると言ったことが当たり前に行われているのです。

日本でも建設技術の向上に伴い、耐用年数100年にもなるマンションがどんどん建てられていますので、今後はこのような不動産市場の変化が生まれていく可能性もあります。

まとめ

マンションの寿命自体は、近年建てられたものならば100年以上住居に耐得るものが増えています。

しかし消費者の嗜好が新築傾向である限りは、需要に対応するために建て替えられることは変わりないでしょう。

ただ欧米の影響を受けて、リノベーションしつつ同じ家に何台も住んでいく、もしくは価値を高めて売ると言った流れも生まれるかもしれません。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top