マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション売買を変革する不動産テック企業『Housmart(ハウスマート)』、オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合、BEENEXT、大和企業投資より第三者割当増資による約1億円の資金調達を実施

マンションジャーナル最新記事

More
マンション売買を変革する不動産テック企業『Housmart(ハウスマート)』、オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合、BEENEXT、大和企業投資より第三者割当増資による約1億円の資金調達を実施

最新のテクノロジーにより、スマホで簡単に中古マンション売買ができる『カウル』を運営する株式会社Housmart(本社:東京都渋谷区、代表取締役:針山 昌幸)はこの度、株式会社オプトベンチャーズ(本社:東京都千代田、代表取締役:野内 敦)が運用するオプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合、BEENEXT Pte. Ltd(本社:シンガポール、Director:Hironori Maeda)、大和企業投資株式会社(本社:東京都千代田、代表取締役:川﨑 憲一)から2016年11月1日に第三者割当増資による約1億円の資金調達を完了致しました。

消費者意識の変化、新築住宅価格の急激な上昇、国家戦略により中古住宅市場は今後大きな拡大が見込まれます。しかし、不動産業界は、規制の影響もあり、インターネットによる利便性が利きにくく他業界よりもビジネスイノベーションが遅れておりました。

株式会社Housmart(ハウスマート)は今回の資金を活用し、新機能の開発、人材の採用、マーケティングの強化等を図って行く予定です。

カウルについて

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e7%94%bb%e5%83%8f

ユーザーは『カウル』を使用することにより、従来では店舗に足を運ばなければいけなかったマンションの購入、売却をスマホアプリ、オンライン上で24時間いつでもどこでも行うことができます。

『カウル』では約1,000万件に及ぶ過去の売買事例や新築時の分譲価格、最寄り駅や築年数などのデータを集めてAIで分析し、現在売りに出ている物件の適正価格を推定。ユーザーは今まで不透明性の高かった不動産価格の適正金額を知った上でマンション購入をすることが出来ます。

また不動産取引業務の大半を自動化することにより内部のオペレーティングコストを削減。仲介手数料を通常の半額以下(注1)という価格で提供しています。

注1:物件価格の3%+6万円+消費税の法定上限金額に比べた場合

株式会社オプトベンチャーズについて

  • 社名 :株式会社オプトベンチャーズ
  • 住所 :東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
  • URL :http://www.opt-ventures.co.jp/
  • 代表者 :代表取締役 野内 敦
  • 事業内容 :ベンチャーキャピタル事業

BEENEXTについて

  • 社名 :BEENEXT Pte. Ltd
  • 住所 :1 Raffles Place, #13-01, One Raffles Place Singapore 048616
  • URL :http://www.beenext.com/
  • Director :Hironori Maeda
  • 事業内容 :ベンチャーキャピタル事業

大和企業投資株式会社について

  • 社名 :大和企業投資株式会社
  • 住所 :東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
  • URL :http://www.daiwa-inv.co.jp/
  • 代表者 :代表取締役 川﨑 憲一
  • 事業内容 :ベンチャーキャピタル事業

株式会社Housmartについて

original-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

株式会社Housmartは戦後60年間続いてきた非合理的な不動産売買を「ビックデータ」と「自動化」で根底から変えていく不動産テック(Real Estate Tech)企業です。

市場規模37兆円と言われる巨大な不動産市場。従来の不動産取引では、顧客に対する物件情報や価格についての情報提供が営業マンに左右され、客観的なデータや第三者の分析が欠如していました。またIT化の遅れが指摘されており、膨大なコストや非効率性、高額な仲介手数料が問題視されています。

「誰もがライフスタイルに合わせて、自由に住み替えを出来る世の中を創りたい」。そんな想いで我々は「圧倒的にわかりやすく、自由な不動産マーケット」を創造して参ります。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top