マンションジャーナル

マンションジャーナル

【朝派必見!】朝活しやすいマンション選び3つのポイント

マンションジャーナル最新記事

More
【朝派必見!】朝活しやすいマンション選び3つのポイント

2年ほど前から朝活が注目されるようになり、利用する人はどんどん増えていっています。

朝活とは、自己啓発やリフレッシュのために、朝に活動をすることの総称をいいます。受験勉強は夜にやるよりも朝の方がはかどるのはみなさんご存じのことでしょう。

朝の方が頭がよく働くことは分かっていても、前の日に夜更かしをして朝はダラダラと過ごす日々が続いている人もいるのではないでしょうか。

今回は、「朝活を始めるためのマンションを選び」として、朝活をするためにはどのようにしてマンションを探せばいいのかをご紹介していきます。

朝活をすることで生活のリズムが整い、活動的な一日をスタートさせることができます。自分を変えたいと思っている人は、是非とも参考にしてみてください。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

大都市がある沿線のマンションに住む

f38ed990e715a6850d1819431af68dda_s朝早くからビジネススクールやリラクゼーションサロン、スポーツジムなどがオープンしているのは、大都市が大半です。仕事に行く途中にビジネス街や路線が多く交差する駅を通るところを選んでみてください。

集合体で実施している朝活は、ビジネスマンやOLの方がほとんどです。

大きな駅は人通りも多いのですが、朝活をしている時間帯はまだ人もまばらになっていますので、通勤しやすいメリットもあります。

例えば、会社まで片道1時間の場合、45分かけていった都市で朝活をすれば、残りはたったの15分です。朝活をすることで、通勤時間のストレスを削減させることもできるのです。

また、会社の近くで朝活をしていないか探してみるのもいいでしょう。

会社の最寄駅まで朝早くに着くようにして、朝活をしてから徒歩で出勤するのもいいですし、余った時間を利用してカフェで朝食というのもリラックスできます。

最高の状態で一日の仕事をスタートさせることができるようになるのです。

歩いて通うことができるマンションを利用する

b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s

会社の立地にもよりますが、会社まで歩いて通勤できるマンションを探してみるのもいいでしょう。

会社の多くは都市部にありますので、会社近辺だと家賃が高いという先入観を持っています。場所や築年数によって、支払いが十分可能なマンションも多くあります。

歩いて通うことができれば、始業の1時間、2時間前に出勤をすることができるようになります。

7時に出勤し、1時間ほど自分の好きな本を読む、8時になったら朝食を食べに出て、8時半に戻って仕事の準備をする。

これも立派な朝活です。

通勤時間を反収することで、時間を有効的に使うことができるようになるのです。

途中始発駅近辺のマンションに住む

6c9d9fd1c543b5c3cfe184c49843fdd7_s

朝の通勤ラッシュ、ずっと立ったまま長時間の通勤をしている人がほとんどではないでしょうか。

しばらくすれば慣れてくるとはいえ、朝から疲れが貯まってしまいます。

朝活のために早起きをして出かけることができれば、電車に座りやすくなります。電車の中での時間を有効活用することができれば、疲れることもなく資格の勉強や自己啓発ができるようになります。

もう1つ、早起きをしなくても電車で座って朝活をする方法があります。それが、途中始発駅を利用することです。都心でいえば、池袋や立川、川越が途中始発駅になります。

路線のスタートじゃなくても、時間を合わせれば始発になる電車があるので、座ることができる方法です。途中始発駅は調べると結構あります。

途中始発駅の近辺でマンションを探すことができれば、朝早くに起きる必要もなく、朝の電車通勤時間を効果的な朝活に利用することができるのです。

まとめ

45d332709126521eb474ed96f1ab6750_sビジネスマンやOLにとっては、朝活を継続することにどこか憧れのようなものがあります。

良いことは分かっていてもなかなか実行できないのです。これからマンションを探そうと思っている人は、朝活しやすい環境を自ら作れるように探してみるといいでしょう。

一度朝活をやってみるとハマること間違いなしです。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top