マンションジャーナル

マンションジャーナル

不動産を売却する場合の仲介手数料はどうなるのか?

不動産を売却する場合の仲介手数料はどうなるのか?

不動産業者は、主に売買における手数料を売上の一部にしています。マンションを売却する場合には、売却における手数料を頭に入れておかなければなりません。

ここでは、不動産売却における仲介手数料についてご説明します。

不動産売却の仲介手数料とは?

不動産を購入する場合も売却する場合も仲介手数料が発生します。

不動産を売却する場合は、不動産業者が買い手を見つけてくれたことに対する手数料になります。

仲介手数料を払いたくないからといって自ら探すのはとても難しく、また個人同士での不動産譲渡はとても面倒です。

仲介手数料は発生するものだと割り切って考えておきましょう。

不動産手数料は、売買契約が成立した時に支払うものとなっています。

買い手を探してもらうタイミングで手数料の半額をもらおうと考えている悪質な不動産業者もいますが、売却が決まるまでは払う必要はありませんので注意します。

不動産売却時の仲介手数料相場は?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

不動産業者によって手数料は自由に決めてよいことになっていますが、上限は法律で決まっています。

大体売却額が400万円以上になるでしょうから、一律で3%となっています。

3%と聞くと安く感じるかもしれませんが、5000万円で売却が決まった場合は、3%なので150万円を支払うことになります。

不動産業者によっては、3%以下で設定しているところもありますので、探してみるといいでしょう。

また、買い手を見つけてもらう前に仲介手数料が何%なのかを聞いておくことをお勧めします。

まとめ

不動産を売却する際、ついつい忘れてしまうのが仲介手数料です。売却額が大きいので、数%でも大きな金額になってきます。

不動産売却時は仲介手数料があることを忘れることなく、また、仲介手数料の割合だけで業者を選ばないように注意をしてください。

関連記事:仲介手数料無料は詐欺?裏側のからくりを専門家が徹底解説

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top