マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションの価格査定を正確に行うための3つのポイントとは?

マンションジャーナル最新記事

More
マンションの価格査定を正確に行うための3つのポイントとは?

マンションを販売するのは、購入するよりも難しいとされています。不動産査定をして売却を決意したとしても、すぐに買い手が見つかるとは限りません。

ここでは、不動産を売却する場合に最初に考えなければならない「不動産査定」について失敗しない方法をお伝えします。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

不動産会社検索サービス

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

マンションを売却するのであれば、1番高い不動産会社に売却したいものです。

かといって1件1件に問い合わせをしていたら時間だけが過ぎてしまいます。

どこに問い合わせをしたら良いか分からない場合には、1番高い価格で買い取ってくれる不動産会社を検索できるインターネット上のサービスが便利です。

有名なサイトは大手企業が運営をしていますので、情報を安心して渡すことができますし、ネットワークも広くぴったりの不動産会社を見つけてくれます。

詳細の情報を入力しなければなりませんが、1件1件探すよりもかなり手間を削減することができます。

無料査定を利用してみる

42b41b8fcc72a13fa23e12cde862c016_s

不動産を売却しようと思っても相場を調べるのが大変です。まずは気軽に無料査定をお願いしてみることを検討してみてください。

もし相場を知るためだけであれば、その旨も伝えておくといいでしょう。

なぜなら、無料査定を申し込まれた不動産業者は、売却してもらう事を最終的な目的にしています。

無料査定から売却まで行ける可能性が高いと思っているため、しつこい営業につながる可能性があるのです。

まだ売るかどうかも迷っている、ただ相場が知りたいだけ、という思いを伝えておくことで、しつこい営業をしてきませんし、それによって無料査定をしてくれない業者は信用ができないと割り切る方がいいでしょう。

最近では、カウルというサービスにおいて人工知能によるビッグデータを活用した価格推定機能が公開されました。

査定金額と売却額の関係

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s

査定金額が思ったよりも低かった場合は、売却希望額を高くしたくなるものです。

購入時から何年か住んだ分は、価格が下がるものであり、必ずしも得をするとは限らない事を知ってください。

だからといって不動産査定の価格以上の価格設定をすることが悪いことではありません。

これ以上下げられないという価格を持っておき、売却が決まらなければ売らないのも悪くありません。

不動産売却を検討している場合には、次に住む場所を探したり家族とのタイミングもあるでしょう。

不動産査定金額を聞いてから今後のスケジュールを立て直してみてください。実際にどれくらいの人にニーズがあるのか、査定をしてもらった不動産業者に相談をしてみてください。

まとめ

不動産を売却するのは、一生に一度の事ではないでしょうか。

だからこそ、不動産査定で妥協はしたくないものです。失敗しないためには、慎重になりつつもいざというタイミングで踏み切ることが大切です。

タイミングを逃さないよう、不動産査定をお願いした不動産会社とは密に連絡を取り合い、今後のスケジュールの見直しをしてみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top