マンションジャーナル

マンションジャーナル

【知らない人は損している】あなたの部屋を見違えるほど広くする方法

マンションジャーナル最新記事

More
【知らない人は損している】あなたの部屋を見違えるほど広くする方法

中古マンションを購入し、新しい部屋に引っ越す場合には、部屋のレイアウトも考えなければなりません。

できれば前の家と似たようなレイアウトではなく、新しい部屋のレイアウトを作りたいものですよね。

今回は、部屋を広く見せるためのレイアウトのコツをお伝えします。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

家具の色を合わせる

2016y10m13d_110710867出典:http://www.interior-heart.com/

テレビや音響機器は、黒がベースになっているものが多いですが、これから購入する家具は気に入った色で合わせることができます。

部屋を広く見せるためには、白を基調とした家具にしてみるといいでしょう。外から入ってくる光がうまく反射して、部屋がすっきりと見えるようになります。

今住んでいるところで利用している家具を活用する場合は、一番多い色に合わせていくといいでしょう。

タンスや棚がブラウンになっているのであれば、テーブルもブラウン、本棚もブラウンで購入するといった色の統一が効果的です。

こんな家具が欲しいな、といった要望は誰もがあるのですが、実は色については妥協できるポイントであることが多いのです。

長く生活をする部屋だからこそ、色の統一で落ち着いた環境を作り上げてみてください。

部屋の中心に仕切りを作ってみる

2016y10m13d_111220226出典:http://fevecasa.com/

リビングは部屋の中でも一番大きな部屋になるでしょう。

そのため、広く見せるためには部屋の中心にモノを置きたくないと誰もが考えるものです。

しかし、大きなリビングを活用するために、部屋に仕切りを設けるのも広く見せる1つの方法なのです。

仕切りと言っても、ただ仕切りだけに利用するのはもったいないです。

向こうが空いている棚を入れることで空間はそのままにしてリラックスルームとダイニングルームを分けることができるようになります。

1つの部屋が2つに分かれ、仕切りの棚も活用できることで部屋の活用範囲が広がるようになります。

ここでのポイントはあまり背の高い家具を置かないことです。

その他の部屋レイアウトのコツ

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s
他にも部屋を広く見せる方法はたくさんあります。

例えばカーテン。新しい部屋ではカーテンをシックな色にして、ちょっとおしゃれにしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

部屋を広く見せるためには、カーテンは明るい色をお勧めします。暗い色のカーテンだと、特に夜になると圧迫するイメージを持たせてしまいますので注意が必要です。

しかし、しまった部屋になることも確かですので、好みで考えてみるようにしましょう。

また、テーブルやソファなどを低いものにしてみるのもいいでしょう。家具が低くなると空間が広くなります。

たったそれだけで部屋が広く見えますので、落ち着いた空間を作り出すことができます。

まとめ

部屋のレイアウトは少し変えるだけで、広く見せることもできれば、狭く見えてしまうこともあります。

部屋を広く感じるようにしたいのであれば、上記のような対策を取ってみるといいでしょう。

これらを1つの部屋レイアウトのコツとして知っておき、自分好みの部屋を作り上げてみてはいかがでしょうか?

アイキャッチ by https://suvaco.jp/

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top