マンションジャーナル

マンションジャーナル

物件情報を正しく見るために欠かせない3つのポイントとは?

マンションジャーナル最新記事

More
物件情報を正しく見るために欠かせない3つのポイントとは?

これまでに賃貸物件や中古マンション情報をよく見ている人でも物件情報の正しい見方については案外知らないものです。

また個人的な好みもあるでしょうから、何を優先して考えるのかによっても見方は変わってくるものです。

ここでは、物件情報を手に入れる方法から正しい見方についてまとめます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.資料請求は少しずつする

39f45a7a1298de65aac4087bf10fc1fb_s

「とりあえず資料請求してください!」といった案内をよく見ます。詳しい資料を見ない事には物件のことを知りえることはできません。

ただし、資料請求をするということは、自分の情報が不動産屋に伝わることでもあります。

不動産屋からすれば、中古マンションを探している人が優良顧客になるのです。

そのため、資料請求をすることで必ず電話がかかってきます。「いつごろをお考えですか?」「予算はどれくらいですか?」と購入してもらうための営業活動があるのです。

不動産屋によっては、どうしてもすぐに買ってもらいたいための強引な営業をしてくる場合もあります。

一度に複数の不動産屋に資料請求をすることで、電話対応だけで嫌になってしまうことがあります。中古マンションを手に入れたい時期が少し先にあるのであれば、一度に資料請求をするのではなく、徐々にしていくことをお勧めします。

一方で、近くに中古マンションを購入したい思いがあるのであれば、一斉に資料請求をして、中古マンション購入に向けた対応に時間を使ってしまうのも1つの方法です。マンション購入は思い切りの良さも重要なポイントであり、購入した人の多くは「あの時購入に踏み切ってよかった」と後で思うことが多いのです。

不動産屋も必死ではありますが、相手の人間性をよく見て信頼できるところと相談をするようにしてください。

2.物件情報の価格について

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

中古マンションを調べるときは価格だけに左右されないようにしてください。

新築マンションの場合、1つのマンションの価格差は広さや階数によって平等に決められています。

そのため、物件情報を素人目に見ていても価格差の理由が分かりやすくなっています。

その点、中古マンションは価格に平等さはありませんし、近所の物件であっても大きな価格差が生まれることがあります。売りたいと思っている人もある程度の市場調査はしているでしょうが、販売価格には差が出てくるものです。

中古マンションの物件情報を見るときには、価格差がどこにあるのかを考えつつ、思ったよりも安い価格の部屋を見つけたら「ラッキー」とお得感にだまされてもいいです。

比較だけをするのではなく、そのマンションが自分にとって合っているのか、住みやすいのか、といったポイントに視点を移すことも重要です。

3.物件の維持費を頭に入れておく

637052704b946054df1e8e9d08461cc0_s

中古マンションの販売価格だけを見るのではなく、年間、月間にかかる費用を計算しておいてください。

広い部屋は固定資産税が高くなりますので、その土地の固定資産税の相場を不動産屋に確認してみてください。また月にかかる費用も重要です。マンションを購入する際には、修繕積立金がかかります。

修繕積立金が1万円と2万円では、年間で12万円もの差が出てきます。また、修繕積立金が少ないからお得だと考えないようにしてください。

マンションを維持する価格が高いということは、それだけきれいなマンションであることを表しています。清掃にお金をかけており、外観も定期的に修繕していることを表しています。

物件情報の修繕積立金が納得いくものであるかどうかは、マンションを見てから判断するといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。物件情報だけを見ているだけでも、いろんな背景が見えてくるようになるものです。

他のマンションと比較して見ることも大切ですが、最後に決めるのはそこに住みたいと思えるかどうかです。

高い買い物ですから、妥協をすることなく、自分のこだわりの中古マンションを探してみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top