マンションジャーナル

マンションジャーナル

犬や猫だけじゃない。マンションで飼うのに適したペット達

マンションジャーナル最新記事

More
犬や猫だけじゃない。マンションで飼うのに適したペット達

一昔前までは、マンションのような集合住宅はペット禁止が一般的でした。

ペットを飼いたくても「うちのマンションはペット禁止だから」と涙をのんだ人がいる一方、禁止にも拘わらずこっそりペットを飼ったあげくそれがばれて大問題になるようなケースも。

しかし最近はペットブームもあって「ペット飼育可」というマンションが主流となっています。

ところで皆さんは「ペットを飼っている」というとどういう動物を思い浮かべるでしょうか?

一般的にぱっと思いつくのは代表的な「犬」や「猫」であり、そうでなければ「ハムスター」といったところでしょうか。

しかし、ペットとして飼われる動物にはいろいろな種類のものがあり、犬猫以上にマンション向きの動物もいるのです。

今回はマンションで飼うのに適したちょっと変わった動物についてご紹介してみたいと思います。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションのペットトラブルの増加

その前に、多くのマンションでペットの飼育が可になったとはいえ、マンションでのペットトラブルはいまだに多く発生しています。

テレビでも動物番組は人気コンテンツですし、動物好きペット好きの方は世の中の人は皆動物が好きだ、と思いがちですが、実はそうではありません。

内閣府の世論調査では、ペットを飼うのが好きだと答えた人の割合が68%であるのに対し嫌いと答えた人の割合が29%となっています。

過去の調査と比べると嫌いの人の割合は減ってはいますが(32.9%→29%)、10人のうち3人は「ペットが嫌い」なのです。

規約上ペット可のマンションであっても、嫌いは人は他の家で飼っているペットに我慢ができない事も多く、実はかなり多くのトラブルが発生しています。

その原因の多くは「鳴き声」「におい」「毛」などです。

たとえば、犬の個体によっては無駄吠えをするものもいますし、猫であっても繁殖期や精神的に不安定なときには驚くほど大きな声で鳴き声をあげる事があります。

動物嫌いの人からすれば近くの家からしばしばそういう声が聴こえる事はとても我慢できないわけで、どうしてもトラブルになってしまいます。

いくらペット可のマンションであっても前提として「ほかの家に迷惑をかけない」事は絶対条件ですから、そうなるとペットを飼う事はむつかしくなってしまいます。

管理会社に聞くと、「ベランダに干していた洗濯物に犬の毛がついていた。●●号室の犬だ」とクレームをいれてくる人や(一種の難癖なので、実際にその毛がその部屋のペットかどうかは関係ないですし、違うと言っても納得されない事が多いです)

実際にはそんな事は行われていないのに「廊下で犬におしっこをさせている人がいる」などのクレームを入れてくる人は本当に多くいるのです。

もちろん、原因が実際にペットを飼っている家にある場合は論外であり、即刻改善するしかないのですが、しかし実際には「そんな事実はないのにクレームを入れてくる」ケースの方が現実的には多いのです。

これは先の調査結果にある通り「ペットが嫌いな人」が3割弱存在し、そういう人にとって見れば普段から近所で飼われるペットの存在がストレスになっていることが原因なのです。

そして特にペットが大嫌いな人から見れば、何らかの理由をつけてペットを排除したいと考えているわけですから、ペット飼育可であってもマンションではそういうトラブルは後を絶たないのです。

マンションに適したペットとは

マンションに適したペットと言えばなんでしょうか?

一般にはまずは「犬」「猫」、そうでなければ「ハムスター」、「小鳥」「熱帯魚」と言ったところが思い浮かぶと思いますが、これらの動物もマンションで飼うのに最善ではありません。

犬や猫のトラブルは先に書いた通りですが、たとえば熱帯魚であれば大量の水を扱う事から「漏水」「重量」の問題があります。

また、、そもそも家族というより「育成」「鑑賞物」としての要素が強いペットです。

(そういう意味では熱帯魚はガーデニングに近い要素をもっています)

鳥も種類によっては鳴き声が大きい事もありますし、これもどちらかと言えば「育成」「鑑賞物」的な要素が強いペットです。

他所へのトラブルではなくても、例えば猫は(飼ったことがある方ならご存じでしょうが)犬と違って縦方向の運動量が多いタイプの動物であり、室内の棚やテレビ等高さのあるところにはとにかく上がるため、いろいろな家具やインテリアの破損が避けられません。

またしつけを行っていても家具などで爪をとぐ場合もあります。

猫は、マンションの室内飼いには本質的にはあまり向いてないのです。

一方で犬は、基本的には散歩が必須であり毎日の散歩が必要となります。自然とマンション内の住民と接する機会も増えるのですが、その結果マンション内のペット嫌いの方のターゲットとされるケースも往々にして見られます。

そういう意味では「ハムスター」は飼育スペースも小さくすみ、飼っていてとても可愛ですし、他所へ迷惑をかける事もなくマンションで飼うのに比較的適しています。

あえて欠点をあげれば寿命が短い事や(あまり知られていませんが)複数飼いをすると共食いをすることがある事でしょうか。

ペアで飼うとすぐに子供が生まれて困るという話は知られていますが、しかしときにお母さんハムスターが生まれた我が子をバリバリと食べる事があり、それを見た子供が一生のトラウマになったとういう話もあります。

(まぁこれは複数飼いをしなければ問題ない話なのですが)

もう一点、マンションの特徴として一戸建てと比べて室内の気密性が高い事があげられます。

これはもちろんメリットでもあるのですが、毛が抜けやすい動物や臭いのする動物であれば、飼っていて臭いやアレルギーなどの問題が発生しやすいという問題もあります。

それまでは動物アレルギーなどなかったのに、マンションで犬を飼うようになってからアレルギーが出たという例も実際にあるのです。

このように代表的なペットは、必ずしもマンションで飼う事に向いていない場合も多いのですが、しかしこれらよく知られたペット以外にもマンションで飼うのに適したペットはいろいろ存在しています。

今回はそういった隠れた「マンション向けのぺット達」をいくつかご紹介したいと思います。

デグー

b60293bac76e8963b9a82e9dcd73b83a_s

名前くらいは聞いた事がある方もいるかもしれませんが、デグーという動物がいます。

少し前までは名前すら知られていませんでしたが、最近では普通のホームセンターのペットコーナーなどで販売されるようになってきていて価格も下がっています。

参考までに我が家の近所のホームセンターでは実際に5800円でデグーが売られています。

このデグー、ねずみやリスと同じげっ歯類に属する動物ですが、その中でも、特に高い知能と優れた学習能力を持っています。

もともとはアンデス山脈などの高地に住んでいた動物で、体長は尻尾を含めなければ12cm~20cmとハムスターなどより大きめでほぼリスに近いサイズです。

寿命は5年~10年程度で、2年程度で死んでしまうハムスターと比べると長命で、人間にべた慣れすることもあり、まさに家族の一員として迎える事ができるペットです。

デグーの欠点をあげれば、大きくはないですが鳴き声を上げる事。

デグーは別名「アンデスの歌ねずみ」と言いわれているように多彩な鳴き声を使い分ける動物で、飼っているとまさにそこがかわいいのですが、犬や猫のように大きな声ではないので近隣に対して問題になる事はまずありません。

またトイレを覚える事もありませんが、これはげっ歯目である以上ごく普通の事です。

ハムスターと比べると格段に人間とコミュニケーションが取れて寿命も長く、飼育に必要なスペースもあまり大きくありません。

価格面でも最近はかなり下がっていますから、「ハムスターではありふれているよな」と思っているような方には最適なペットだと言えます。

犬や猫と違い近所に迷惑をかける要素がほぼないため、非常にマンション向きのペットです。

実際のデグーについて動画サイトなどに動画が多数あがっているのでそれを見ていただくのがいいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=UpDwkmceUds

https://www.youtube.com/watch?v=bVqjlzoMiTM

めちゃくちゃかわいいですよね(笑)

レオパードゲッコー(レオパ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-13-35-03出典:https://goo.gl/Twk3HC

レオパードゲッコーというのは、女優の新垣結衣さんが飼っている事でも知られる最近人気のトカゲの一種です。通称は「レオパ」

和名は「ヒョウモントカゲモドキ」と言い、その名の通り大人になると「豹のような柄」になる事からその名がつけられています。

レオパードというのはドイツ語やイタリア語で「豹」を現しています。英語だと「レパード」ですね。(いずれにしてもスペルは同じLeopard)

ドイツの戦車には「パンター」「タイガー」「レオパルド」とネコ科の動物の名前を付ける伝統があるため、男性の方であれば戦車の名前として記憶している方も多いのではないでしょうか。

またゲッコーとは「ヤモリ」の事であり、実際にトカゲではなくヤモリ科に属する動物です。そのため和名も「トカゲモドキ」となっています。

(とはいえそもそもほとんどの方はヤモリとトカゲの違い自体わからないでしょうからこれはどうでもいいことなのですが)

このレオパ、日本だけでなく海外でも非常に多く飼育されているためペットとしての品種改良が進んでいていろいろな外見の種類がいて好みのものを選ぶ事ができます。

その外見の可愛らしさや美しさに加えて、丈夫で飼育が容易な事や、おとなしい性質をしていて人間になつく事、入手し易く品種が豊富なことなどから、ペットとして飼育されている爬虫類の中で最も有名で人気があるペット爬虫類界のスーパースターと言える存在です。

さて、トカゲの飼育というと最大のネックになるのが実は「餌」の問題です。

基本的にトカゲは「生きた虫」しか食べません。

(カメレオンが舌で飛んでいる虫を取る姿は有名ですよね)

そのためトカゲを飼うには常時生きた虫を用意してそれを餌として与える必要があったのですが、これは一般の人にとってハードルが非常に高く、興味があってもトカゲ飼育に二の足を踏む人がいる最大の理由となっていました。

しかし、その状況も最近は大きく改善していて、最近、虫を用意しなくても育てられるトカゲ用の餌が開発されたのです。

グラブパイと呼ばれる人口フードですが、現在はこの餌が売られているため、虫を扱えない人でも安心してレオパが飼えるようになりました。

実際に大手のペットショップや爬虫類店では、購入した人がグラブパイで飼えるように子供のときから餌付けしたものも販売していますから、それを購入するのが確実です。

レオパの価格は品種によりますが、7000円~3万円ほどです。

ホームセンターなどでもたまに販売されていますが、専門店の方が多くの種類を扱っていておすすめです。

また爬虫類関係の即売会も東京などでは多く開催されており、それらに出向いて購入するのもよいでしょう。

飼育にあたり必要になるものはケージとそのケージ内でレオパが隠れるためのシェルター、それに温度管理のためのペット用ヒーターくらいです。

後は水飲み場を用意して、床材としてペーパータオルを敷けばそれで終了。

初期投資は2万円程度で飼い始める事ができ、ランニングコストもあまりかかりません。

マンションで問題となりがちな鳴き声や毛という問題も発生せずもちろん散歩等も不要なため非常にマンションに向いたペットだと言えます。

また爬虫類には哺乳類と異なり体毛がないため、アレルギー体質の方でもトラブルが発生しづらいという面があります。

マンションは一戸建てと比較して気密性が高いため、毛の有無という要素は人によっては非常に重要な要素となるのです。

レオパについても実際に動画が多数あがっているのでそれを見ていただくとどういう生き物なのかがよくわかると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=zw3k32-F5zk

https://www.youtube.com/watch?v=FkOKA-H3VLQ

ミシシッピニオイガメ(ミシニ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-13-39-06

出典:http://matome.naver.jp/odai/2138305711464559201

一昔前は「カメを飼っている」というとミドリガメが一般的でした。

ミドリガメというのは正式名称を「ミシシッピアカミミガメ」といい、その子ガメが「ミドリガメ」として広く販売されていたのです。

しかしこのカメ、実はとても大きくなる上にやや気性が荒いという問題があり、子ガメだと思って飼っていたらすぐに20cm30cmと巨大化して飼いきれずに処分されるという問題行為が頻発していたのです。

これを読んでいる方の中にも「子供の頃飼っていたミドリガメが大きくなりすぎて困った」という経験をされた方はいるのではないでしょうか?

実際に捨てたられて野生化したミシシッピアカミミガメが日本の生体系に被害をもたらしている例は多く、今や日本では要注意外来生物に指定されています。

そして時代は変わり、今現在、ペットのカメというと「ミシシッピニオイガメ」(通称ミシニ)が一般的になっています。

店によっては「マスクタートル」などの名前で売られている事もありますが、マスクというのは「ムスク」つまり香りの事ですから「ニオイガメ」の事であり、同じカメを指しています。

「ニオイガメ」と言うと臭いの?と思うかもしれませんが、実際にはまったく臭くないので安心してください。

このカメの特徴は、非常に丈夫で驚くほど飼いやすく人間にもよくなつき、しかも大きくならない事です。

大人のカメでも、甲羅長は13cm前後ですから、スマホよりやや小さいくらいの大きさにしかなりません。

そのため40cmほどの水槽で容易に飼う事ができます。

またこのカメはドロガメ科という種類なのですが、その名の通り自然の状態では水の底の泥中にずっともぐっている種類のため、他のカメと異なり日光浴が必要ありません。

そのため、水槽の設置位置の自由度が高く、居住環境に制限のあるマンションで飼うにはうってつけのカメだと言えます。

他のカメであれば、基本的に紫外線が必須となるため、なんらかの形で日光浴をさせてあげる必要があるのですが、ミシニはその心配がいらないのです。

飼うのは非常に簡単で、40cm程度の水槽に水を半分ほどいれてあげてカメが休むための浮島を用意してあげれば本当にそれだけで買えます。

たとえば熱帯魚を飼うときに必要になる砂利や空気ポンプのようなものは一切必要ありません。

(温度管理を行うためのヒーターだけは必要になります)

水槽に水が入っているだけですから、水替えも簡単で、水槽の水を全部捨てて水道の水を入れてあげるだけで済みます。

カルキ抜きも必要ありません。

ただ水温だけは考えてあげる必要があるため、冬であれば水道水+お湯で適温にしてあげる必要はありますが、必要な手間はそれだけです。

水替えが簡単という事は水が汚れる事もすくなく、臭いなどという問題も発生しませんし、水槽が小さめで水量が少ないわけですから、水のトラブルも発生しづらく、同じ水槽で飼うペットである熱帯魚の飼育などとは比較にならない簡単さで飼えるのがこのミシニなのです。

しかも飼い主の顔を覚えてよくなつき動きもユーモラス、餌への反応がいいため餌やりも楽しいというまさに理想的なペットがこの「ミシシッピニオイガメ」であり、そのため最近は子供のペットとして購入する親も増えていて、今はホームセンターや熱帯魚店で広く入手できるのもありがたいところです。

販売価格は5000円前後のところが多いと思います。

近い種類には「カブトニオイガメ」という少しサイズが大きく見栄えのするカメもいますから、これは好みで選んでいただいて構わないと思います。

このカメの寿命は30年~50年以上と言われているため、たとえば小学生の子供に買い与えた場合、その子が大人になり定年になる頃までずっと一緒にいる事になります。

まさに一生を共にすごす、ペットの中のペットなのです。

これでサイズが大きかったり手間のかかるような動物であればそんなに長期間飼い続けるのは大変ですが、スマホサイズで水替えだけしていればいい動物ですから、飼っていて負担もありません。

餌は普通に売られているカメの餌でいいですし、哺乳類と違い2,3日餌をあげなくても死ぬことはないですから仕事が忙しい一人暮らしの方でも全く問題ありません。

ある意味で理想のペットだと言えるミシシッピニオイガメ。

最近人気で広く飼われているのも納得のペットです。

https://www.youtube.com/watch?v=kRlYsexDOjs

https://www.youtube.com/watch?v=zxyJlexBuVc

ちなみにこちらの動画では魚といっしょに飼われていますが、なんでも食べるため普通は一緒に飼っている魚を全部食べてしまいますし、魚などがいると普段の水槽のメンテナンスも少し面倒になります。

もちろん多少の手間はかかっても水槽内のレイアウトをいろいろ楽しんで飼うのもまたありです。

そのほかにもいろいろなペットが

ef1e3143563c247e01f47578d651bc92_s-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

人懐っこく、いわゆる普通の犬猫に近い感覚で飼える爬虫類の代表がリクガメです。

性格も温厚で、癒し系ペットの究極ともいえる存在です。

初めての方にはヘルマンリクガメが一番のおすすめです。

問題があるとすれば餌代がかかる事とある程度の飼育スペースが必要になる事。

飼育スペースについては、犬のケージを設置すると思えば全く問題ありません。

餌については小松菜やサラダ菜を普段与えるのですが、今のように野菜の価格があがっているときなどはその餌代が結構な金額になってしまいます。

https://www.youtube.com/watch?v=sMZPkPTxMII

また最近はペット用にヘビなどを飼う方も増えていて、ヘビと言ってもペット用のものは大変大人しく人になつく種類も多いのですが、やはりヘビとなると抵抗が或る方も多いと思います。

また餌にも冷凍マウスなどが必要であり、そういう点でもやはり一般の方には少し敷居が高いと思います。

カエルやイモリなどの両生類は、非常に飼いやすいのですが、魚と同様人に特になつかず、あくまでも育てる感覚で楽しむペットです。

祖父母が孫に無限におやつを与えるような感覚でしょうか。

しかしやはりその外見に抵抗がある方も多く、一部の好事家が育てている域を出ていないのが現状です。

またペットとしてはまだマイナーでも、実際に飼えて可愛いものをあげていけば、ハリネズミやアルマジロ、スカンクはてはペンギンまでいろいろな動物が現在はペットとして流通しています。

しかし一般にはなかなか入手が困難である事や、価格が高い事、その特性がペットに向かない事などいろいろな理由があり、一般の方に気軽に勧めるわけにはいかないというのが正直なところです。

ペットとしてある程度広く飼われている動物には、やはりそれだけの理由があるのです。

特にマンションであれば、共同住宅という性格上の制限があり、同じ敷地内に動物嫌いの人が住んでいる可能性があるわけですから、近隣トラブルができるだけ起きづらいような動物をペットにする事をおすすめします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top