マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

専任媒介契約の物件は他の不動産会社でも買えるのか?

専任媒介契約の物件は他の不動産会社でも買えるのか?

よくSUUMOやHOME’S、不動産会社のWEBページを見ていると、こんな広告文句を目にします。

当社専任媒介物件!お気軽にお問い合わせください」

こんな文言を見ると「この会社でしか取り扱っていない物件なのかな?」という印象を受けます。

果たして、本当にそうなのでしょうか?

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

そもそも不動産会社が紹介出来る物件数とは

専任媒介物件についてご説明する前に、そもそも不動産業界の仕組みについて簡単にチェックしましょう。

実は「どの不動産会社でも取り扱っている物件数」は同じ、という事実があります。大手の不動産仲介会社でも、街中のちっちゃな地元の不動産会社でも取り扱いしている物件数、紹介出来る物件数は同じなのです。

不動産会社は情報を共有している

なんでそんな事が可能かというと、不動産会社は皆「レインズ」という情報ネットワークで物件情報を共有しているからです。

マンションなどの物件の売却をお客様から依頼された際、不動産会社は基本的にこの「レインズ」に登録する義務があります。

このレインズは国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構という組織が運営しています。

不動産会社はどんなに小さくても、このレインズをチェックすることで、世の中の不動産情報を自社のお客様に紹介することが出来ます。

レインズとは、世の中の不動産取引を活発化させるため、国によって定められた仕組みなのです。

専任媒介の本当の意味

不動産会社であれば、大手も地元の不動産会社であっても、ほとんどの物件を取り扱うことが出来るとご説明しました。

これはつまり、普段付き合っている不動産会社があれば、SUUMOやHOME’Sなどの不動産ポータルサイトで見かけた物件を「あれ紹介して」と指定出来るという意味です。

では専任媒介契約とはどんな意味なのでしょうか?

専任媒介契約は購入者には関係無い

実はこの専任媒介契約というのは、不動産の売主(所有者)が不動産会社と結んでいる契約になります。「お宅にだけ、売却活動をお願いするよ」という意味の契約なのです。

売主が売却活動をお願いする不動産会社は一社だけですが、その不動産会社は他の不動産会社と協力して買主を探しますので、買主にとってみるとあまり関係がありません。

専任媒介契約であろうとそうでなかろうと、普段付き合っている会社から、その物件を紹介してもらうことが出来るのです。そうであれば、サービス品質が良かったり、仲介手数料が安い会社に任せた方がお得ですよね。

関連記事:仲介手数料無料は詐欺?裏側のからくりを専門家が徹底解説

世の中のほとんどの物件は専任媒介契約

余談ですが、世の中で販売している物件の多くは「専任媒介契約」になっています。売却の依頼を受ける不動産会社からすると、専任媒介契約を締結することで、他の不動産会社に売主が浮気するリスクが無くなります。

売買契約が成立すれば、100%自分に手数料が入ってくるので、積極的に専任媒介契約を取りに行くのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。文字からだと意味を誤解してしまいかねない「専任媒介契約」。もし不動産ポータルサイトやWEBページで見たとしても「フーン」と思うぐらいで、問題のない意味だと理解して頂ければと思います。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top