マンションジャーナル

マンションジャーナル

狭いマンションでも子ども部屋を作る方法とは?

マンションジャーナル最新記事

More
狭いマンションでも子ども部屋を作る方法とは?

子どもがある程度大きくなったら、親とは寝室を別にしてひとりで寝る習慣をつけ、自立心を育てたいと考えます。

小学校就学の頃には、学習机を置いた独立した子ども部屋を与えたいとも。

しかし、今の間取りでは難しい、一部屋明け渡すには整理が大変、子どもが複数いるので個室は無理などの各家庭の事情もあります。

子ども部屋はどのようにして作ればいいのでしょうか?

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

子ども部屋はいつ頃作ればいいのか

多くのご家庭では、小学校就学を目途に子ども部屋を与えたいと思われるのではないでしょうか。

子ども部屋を作り、学習机を購入して、ベッドを置く。

しかし、あるデータによれば、東大生の半数近くが学習机で勉強していたのではなく、リビング学習だったという結果も出ています。

リビング学習をすれば誰でも東大に入れるわけではありませんが、そういう例もあるんだと考えると無理に子ども部屋を焦って作らなくてもいいのかな・・・とも思いませんか?

各部屋に“子どもコーナー”を設けることで自立心を育む

ba7a0a4793b7d8c029ea3cfb8f7fe610_s

  • 両親も眠る寝室に、子ども用のベッドを置く。
  • リビングには子どものおもちゃ収納を置く。
  • 両親が使う本棚の一角には、子どもの絵本コーナーを設ける。
  • ウォーキングクローゼットには子どものための収納ケースを置く。

こうして、各所に子どもコーナーを設けて、その管理は本人に任せるという方法で、子どもの自立心を育むことは可能です。

もし、兄弟がいるなら、個人ごとの収納を作ることで、それぞれの責任を明確にします。

そうすることで、子ども部屋がなくとも、自分のモノの管理は自分でしっかりと行う習慣を作って行きましょう。

収納は細かく分けているものを選ぶのはあまり好ましくありません。

長く使うにつれて、子どもなりの収納の仕方ができてきます。

最初から細かく仕切られていては、子どもが自分で考え工夫する余地がなくなってしまいます。

子ども部屋の作り方の工夫

幼児期からから子ども部屋を与える場合には、あまり家具は置かずに子どもが思い切りおもちゃを広げて遊べるような空間を作りましょう。

パステルカラーの家具は幼児期にはお似合いですが、男の子は小学校高学年になると嫌がる場合もありますから、長く使えるシンプルなものを選ぶといいでしょう。

子どもの成長を考えて、成長に合わせて座面を変えられる椅子を選ぶのもいいです。

椅子 子育て

出典:http://item.rakuten.co.jp/rcmdfa/ms-sk-trapp/

子ども部屋にちょうど良い部屋がない場合も、工夫次第で子ども部屋は作れます。

たとえば、広いリビングの一角や寝室の一角をパーティションで仕切って子ども部屋にする。

兄弟に一部屋しか与えられない場合、二段ベッドで仕切って二部屋のようにしてプライバシーを保つことも可能です。

二段ベッドで仕切る参考例

http://nasahome.co.jp/works/w_private/space-kidsroom.html

まとめ

子ども部屋の作り方のヒントをご紹介しました。狭いマンションでも工夫次第で子ども部屋は与えられます。

また、もし子ども部屋をすぐに与えられないとしても、子どもの自立心は工夫次第で育てられます。ぜひ参考にしてみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top