マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンション売却に適した2つのタイミングとはいつなのか?

マンション売却に適した2つのタイミングとはいつなのか?

マンションを売却する際には重要なポイントがいくつかありますが、その中の1つに「いつごろ売るのがいいか」という観点があります。

特に新築で購入した様な場合には愛着もあるでしょうから、どうせ手放すのであればできるだけ高く売りたいというのが、一種の親心というものではないでしょうか。

今回は「マンションを売却するタイミングはいつがいいか」ということに関してご説明していきます。

>>>マンションを売却するなら知らないと損するサービスとは?

1.購入してから5年目

まず1つめのタイミングは「購入してから5年目」です。

これは不動産の売却に関わる「譲渡所得」にかかる税金に関係しています。

「売却価格-(取得費+譲渡費用)-特別控除」で計算されるものを譲渡所得と呼びますが、これには所得税や住民税がかかってきます。

そして不動産を所有している期間が5年以下か5年超かで譲渡所得はそれぞれ「短期譲渡所得」と「長期譲渡所得」に分かれます。

短期譲渡所得にかかる税金は「所得税30%、住民税9%、合計39%」で、長期譲渡所得にかかる税金は「所得税15%、住民税5%、合計20%」となり、短期譲渡所得の税金倍率は長期譲渡所得の税金倍率の2倍ほどになるのです。

売った後にかかる税金はできるだけ減らしたいもの。ですので、長期譲渡所得に切り替わる「5年目」というのが1つの目安なのです。

2.購入してから10年目

2つめは「購入してから10年目」です。

これは特に新築マンションに当てはまる話なのですが、物件というのは築10年目頃から徐々に壁などの経年劣化が目立ち始めます。

そこでマンションでは築10年を超えると、外壁などの大規模修繕工事が必要になり、その工事の規模等によってはまとまった金額を支払わなければならなくなります。

もちろんそれまでに毎月修繕積立金を払ってきているはずなのですが、その額では補いきれないぐらいの工事になるかもしれませんからね。

ですので、大規模修繕が行われる可能性のある10年目を目安に物件を売ってしまうというのが、1つの売却タイミングになるわけです。

同じようなことは同じマンションの居住者も考えているはずなので、新築マンションは築10年目を目安に、売却物件が一気に増える傾向にあります。

同じマンションが一気に売りに出ると、値崩れを起こす要因になるので実際は10年目よりも少し早く売りに出すのが、マンションを希望価格で売却するためには重要だと言えるでしょう。

最後に

以上がマンションの売却を検討するべき2つのタイミングでした。マンション売却を検討されている人は売却のタイミングなどの必須知識を抑えておきましょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top