マンションジャーナル

マンションジャーナル

【リフォーム】失敗しない壁紙の選び方とは?

マンションジャーナル最新記事

More
【リフォーム】失敗しない壁紙の選び方とは?

マンションなどに張られている壁紙、その寿命は10年~15年と言われています。

寿命については使用状況などでも大きく変わってきますが、しかし生活をしていれば自然と汚れてくるのが壁紙というもの。

いずれ交換する必要が出てきます。壁紙を替える事で部屋の雰囲気もガラリと変わりますし壁紙だけのリフォームであれば費用もそれほどかかりません。

実際に壁紙の交換を考える方は多いのですが、いざ実行してみると意外と難しいのが壁紙のリフォームです。

大量のカタログやサンプルの中からどの壁紙を選べばいいのかわからない、部屋と天井の壁紙の組み合わせはどうすればいいか、リフォームしたのにほとんど前と変わらない…等々。

そこで今回はリフォーム時に失敗しないための壁紙の選び方について考えてみます。

リフォーム用の壁紙は何が違うのか

2016y08m15d_140925874
壁紙の中にはわざわざ「リフォーム用」と銘打たれたものがあります。しかし、壁紙というのは壁に張るだけのものにすぎません。

わざわざ「リフォーム用」と謳われている壁紙というのはそもそも普通の壁紙とどう違うのでしょうか?

さて、マンションであれ戸建てであれ、新築の場合はまっさらの壁に対し壁紙を張りますが、リフォームのときにはそうはいきません。

リフォームの場合、目当ての場所には古い壁紙が張られている場合がほとんどであり「前の壁紙をはがしてから新しい壁紙を張る」事になります。
古い壁紙をはがした後の下地はどうしても凸凹が多くなってしまいます。

もちろん壁紙を張る前には下地処理を行うのですが、リフォームの下地処理だけではなかなか綺麗に平らにするのが難しいのです。
そのため、リフォーム用とされる壁紙は、そのような下地に凹凸があっても目立たないように厚めに作られていて、下地の凸凹を壁紙の厚みで吸収し目立たなくするようになっているのです。
実際にリフォームを経験した方の中には、業者の方に「できるだけ厚いものを選んだ方がいいです」と言われた方も多いと思いますが、この壁紙の厚みがあるだけで仕上がりの印象がだいぶ違ってきます。

 

もちろんリフォーム用ではない壁紙であってもリフォームで使用する事は可能です。

 

たとえば外国産の壁紙には日本のものとは異なるおしゃれなものも多数あり使いたくなる事もあるのですが、しかし薄手のものが多いため張り替えたときにどうしても下地の凹凸が目立ってしまいます。

 

同様に表面に光沢があるようなものなども凹凸が目立つのでリフォームには向いていません。

 

とはいえ、「どうしてもこの壁紙が使いたい」という場合も多いもの。せっかく壁紙を刷新するのだから思いっきり自分の好みの壁紙を使いたいという方も多いはずです。
そういう場合には、例えば新しく下地を張る事でリフォーム用の壁紙でなくても綺麗に仕上げる事も可能です。お願いしている工事業者とよく相談してみてください。

天井と床はセットで考える

2016y08m15d_141311363
壁紙の事を考えるときに意外と忘れがちな事が、壁紙と天井の壁紙をそれぞれ選ばなくてはならない事です。多くの場合、壁の壁紙を替えるときには天井に張られている壁紙についても交換しなくてはいけません。
壁だけが寿命で天井は寿命ではない、などという事はめったにないですし、壁紙が変わるのであれば天井もそれに合わせたものに替えないと不自然な部屋になってしまいます。

 

「ん?壁紙と天井を同じ壁紙にしちゃダメなの?」と思われる方もいるかもしれません。ほとんど白一色のような壁紙ならもちろんそれでもいいでしょうが、実際には壁紙に適した柄と天井に適した柄は異なる場合も多いのです。

 

普段あまり気にする事はないと思いますが、あらためていろいろな部屋の壁と天井を確認してみてください。その多くでは違う壁紙が使われているはずです。

 

リフォームの際には壁紙だけではなく天井についても決めなくてはいけません。

実際に壁紙を選ぶ際には、壁紙メーカーの分厚い壁紙サンプルから選ぶ事になるのですが、それを観ると購入者が組み合わせに悩まないように、それぞれの壁紙に対してメーカー側で推奨する天井用の壁紙が指定されています。

 

組み合わせに悩んだ方は、素直にメーカーの指定に従えば大きなハズレはないはずです。

しかし、それでは無難すぎて面白くないという方、少し冒険してみたいという方は当然自分で選ぶ事になります。

自分で天井の壁紙を選ぶ際に注意するポイントは、「壁に選んだ壁紙と合う色である事」「柄に方向性がない事」「厚手である事」です。

基本的には壁紙と天井は素材感をそろえた方がまとまりよく見えますが、色調がそろっていれば異なった質感でも意外と気になりません。

 

また天井の色合いは、リビングなどでは明るめのものを選ぶのが基本です。たとえば、壁紙が茶系統であっても天井はより明るめのものの方が天井が高く部屋が明るく見えます。

一方で寝室などであれば、天井の壁紙をやや暗めにする事で落ち着いた部屋にする事ができます。

壁紙を検討する際に同時に検討する必要があるもの

986db3d2cf7064aebe1263ae31bd0564_s
壁紙のリフォームでよくある失敗なのですが、壁紙をキレイに張り替えたはいいものの、結果として壁に設置されているコンセントやスイッチなどの汚さが目立つようになり、結局後から追加で工事をするようになった、というものです。

 

コンセントやスイッチなどの配線を伴う工事の場合、壁紙を張った後に工事を行うとせっかく綺麗に張りなおした壁紙を痛める可能性もありますし追加で余計な費用も発生します。
壁紙を張り替えるときに一緒に工事しておけば壁紙も傷まず費用も時間も抑えられますし、出来るだけ一緒に終わらせておきたいところです。

このように壁紙を替える事により思わぬ追加工事が発生する事があり、壁紙を張り替える際に合わせて工事する必要があるところがあるかどうかについては事前によく検討しておいてください。

 

問題になりやすいのは、コンセント、スイッチ、天井の照明などです。またエアコンやカーテンレールなども要注意です。
可能であれば、それらをいったんはずしてそこにもしっかり壁紙を張るようにしてください。

エアコンを外さずに壁紙工事を行うと、もしそのエアコンを取り換える事になったときに「そこだけ壁紙が違う」という事になってしまいます。

もちろんエアコン工事するときになんらかの対応をしてもいい話ですし、同時に工事するとエアコンを取り外す費用も発生するのでどうするかを検討し結論を出しておいてください。

何年か後にそこだけ同じ壁紙を張ろうとしても、すでに廃盤で同じ壁紙が張れずちぐはぐになってしまうという事は意外とよくある話です。

また、居住したまま壁紙を張り替える場合、壁紙を張り替えるときの下地処理の過程で細かいほこりがでます。

 

もちろん工事業者は養生をしっかりしてから工事を行いますが、どうしてもほこりは避けられないのでほこりで困るようなものは別の部屋に移動してください。パソコンなどの精密機器やペット、掃除の難しい美術品などです。

もし移動が困難な場合は、ほこり対策を検討する必要があります。

移動が困難でほこりを嫌うものとしては例えば熱帯魚用の大型水槽一式などがあります。

難しい壁紙の色やデザインの選択

2016y08m15d_141010972
壁紙は何しろ壁一面を覆うものですから、変わったデザインや目立つ色の壁紙を使用するには躊躇します。

一時的には気に入ったデザインでも、長期間そこで生活しているとだんだん嫌になってくる可能性もありますし、なにしろ部屋全体がその壁紙で覆われるわけですから、リスクを考えるとなかなか冒険する気にはなりません。
そこで壁紙を選ぶ際には、どうしても無難な地味目のもの、今と似通ったものを選ぶ人が多いのですが、完成してみるとあまりにも無難で代わり映えせずにがっかりする人が多いのです。

 

壁紙のデザインは、実際にカタログで見ると「少し派手かも」と思うようなデザインでも実際に壁に張ってみると思いのほか目立たない事も多いですし、少し派手かも、と思うような色の壁紙であっても壁の1面だけに張る事によりアクセントとして使う事ができます。

 

そういう使用法であれば、かなり派手目な色の壁紙でもそれほど気にならず使用することができます。壁紙選びに悩んだときは工事業者とよく相談してデザインを選ぶようにしてください。

また子供部屋には子供部屋らしい壁紙を選ぶ方もよくいらっしゃいます。例えば全面に大きな星の柄が入っている壁紙とかです。

しかし、子供が本当に子供でいる期間は意外と短いものですし、将来的な部屋の転用や売買を考えると、あまりにも子供部屋風の壁紙を使用するのは避けた方がいいかと思います。

 

さていろいろ書きましたが、どういう場合であっても、工事業者はプロですからよく打ち合わせて後悔のない選択をしてください。

photo by https://iemo.jp/

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top