マンションジャーナル

マンションジャーナル

【東京】緑豊かなマンションランキングBEST5!

マンションジャーナル最新記事

More
【東京】緑豊かなマンションランキングBEST5!

マンション購入を「終の棲家」として考える場合、できることなら緑豊かな環境の良いマンションをと、考える方も多くいらっしゃることでしょう。

樹木の緑は住環境に安らぎや癒しを与えてくれるだけでなく、有害物質を含む粉塵を吸収し、大気を浄化してくれる作用もあります。樹木や植物の力は私たちの健康には欠かせないもの。

今回は緑に囲まれたマンションをランキングしてみました。

第5位:シティフロントタワー

シティフロントタワー

2016y08m15d_113754146

シティフロントタワーは、隅田川沿いに位置する石川島造船所の跡地に、東京都の再開発事業の一環として造られた街「リバーシティ21」内の、8棟建てられた超高層マンションの一つ。

東京メトロ有楽町線・都営大江戸線「月島」駅徒歩6分、31階・地下2階建、総戸数290戸、間取りは1R~3LDKまであり、1991年8月竣工のマンションです。

「月島」という地名の由来は東京湾にあった月の名所「月の岬」から受け継いだとされていて、昔から風光明媚な地であったことがうかがわれます。シティフロントタワーも隅田川と豊かな緑に囲まれた素晴らしい環境です。

周辺の緑は美しく管理され、まるで公園の中に建つマンションのよう!仕事の疲れも癒されそうです。

マンション1階にはレストラン・スーパー・銀行などがあり、利便性も抜群ですね!

>>>シティフロントタワーの詳細データはこちら!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

第4位:プレステージ成城

プレステージ成城① プレステージ成城②

邸宅地「成城三丁目」にふさわしく、プレステージ成城のコンセプトは「邸宅の集合体」。

ブラウンを基調にし、3種類の美濃焼のタイルを張り付けた重厚な外観は、まさしくコンセプトのとおり格調高き邸宅のイメージ。そして敷地を囲む樹木は、金木犀や夏椿・さつき・つつじなど32種類が植えられ、四季折々に風情を見せます。

エントランス奥のラウンジからは、竹と石が配置された日本庭園風の中庭が眺められます。

プレステージ成城は小田急小田原線「成城学園」駅徒歩8分、地上3階・地下1階建、間取りは2LDK~3LDK、総戸数17戸、1998年2月竣工、築18年のマンションです。

>>>プレステージ成城の詳細データはこちら!

第3位:ジオ等々力

ジオ等々力① ジオ等々力②

ジオ等々力は東急大井町線「等々力」駅徒歩10分、人気のエリア二子玉川まで直通3分、自由が丘までは4分というロケーション。7階建、総戸数69戸、2015年4月竣工のマンションです。

このマンションのコンセプトは「悠久美の創造」。

周囲の洗練された風景に調和するようにと、外観の表情に奥行きを持たせるため、マテリアルに徹底したこだわりを見せています。

またランドスケープデザインも追及。ゆったりとした敷地を活かし、四季の風景を彩る植栽が多彩に設けられています。ウェルカムガーデンには、高さ10mのケヤキのシンボルツリーの他、ヤマザクラ・カエデ・モミジなどの植栽が。

道路側には「シーズンブリーズ」が計画され、常緑樹や花や実のなる樹木を多彩に植栽し、季節ごとの風景や風を作り出し季節の移ろいを身近に感じることができます。

休日には駒沢公園や多摩川への散策やサイクリングなども楽しめます。

>>>ジオ等々力の詳細データはこちら!

第2位:東急ドエルプレステージ瀬田

東急ドエルプレステージ瀬田① 東急ドエルプレステージ瀬田②

瀬田は昔より多摩川や富士山を見晴らす景勝地のひとつとして知られ、財界人や政界人が暮らす地域としても有名です。

東急ドエルプレステージは瀬田の閑静な邸宅街に、由緒ある1000本を超える樹木に囲まれた二つの低層棟(サウステラスノーステラス)で構成されています。まるで森の中に佇む邸宅といったイメージです。

背丈の高い樹木がマンションを守るかのように覆い隠す景観からも、このマンションの住環境の良さがうかがわれます。

東急田園都市線・大井町線「二子玉川」徒歩6分、ノーステラスは4階建・総戸数15戸、サウステラスは3階建・総戸数42戸。1999年2月竣工、築17年のマンションです。

>>>東急ドエルプレステージの詳細データはこちら!

第1位:パークコート二子玉川

パークコート二子玉川①

パークコート二子玉川② (2)

同じく東急田園都市線・大井町線「二子玉川」駅徒歩13分に建つパークコート二子玉川は、茶の湯の名庭「幽篁堂(ゆうこうどう)庭園」跡に建てられた5階建・総戸数41戸、2003年8月竣工のマンションです。

「幽篁堂庭園」は昭和初期に造られ、文化価値を高く評価された池泉回遊式庭園で、庭園に植えられていた樹齢100年にもなる20mを超すケヤキなどがマンションの敷地内に残され、周りの景観との見事な調和がはかられています。

ランドスケープには、日本庭園風の遊歩道、石造物、庭石、木立などが丁寧に配置され、散策するのも楽しめそうな癒しの空間になっています。

三井不動産のこのマンションは2004年度『グッドデザイン賞』並びに『緑の都市賞国土交通大臣賞(施設緑化部門)』を受賞しています。

>>>パークコート二子玉川の詳細データはこちら!

まとめ

住まい選びは利便性重視かそれとも環境重視か、その他にも選択肢が多く迷ってしまいますね。

でもこのような緑に囲まれたマンションを見れば、人々が樹木の緑をどれほど大切にしているのか、改めて知らされる思いがいたします。

マンション選びはやはり環境も重視したいですね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top