マンションジャーナル

マンションジャーナル

【あなたの適正はいくら?】年収別組むべきローン支払い額と家の金額

マンションジャーナル最新記事

More
【あなたの適正はいくら?】年収別組むべきローン支払い額と家の金額

そろそろ、マイホームをと考えておられる方、自分の年収ではいったいどのくらいの借り入れが可能で、どの程度の家が購入できるのかということが、最初に気になる重要なポイントになると思います。

漠然とマイホームが欲しい…だけでは夢が現実にはなりません。

安心して返済できる資金計画をしっかり立てるためにも、年収に応じた借入額の限度やローンの支払額を知っておきましょう。

年収に対しての適正借入額とは

ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s

住宅ローンを組む場合、毎月無理なく返済できる金額を組むことが最も大切なことです。

そのために適正借入額を計算することが必要です。借入額の理想は年収の5倍程度が理想とされています。

また、年収に対しての返済負担比率からも計算することができます。

住宅ローンの審査では年収に対して返済負担比率が35%が上限となっており、例えば年収500万円の場合は175,000円となり、月々の返済額は145,833円となりますが、自動車ローンなどがあればここから差し引かれます。

これはあくまで限度額であり、実際に借り入れする場合は無理なく返済できる25%以下が理想とされています。

年収500万円の場合、25%なら月々の返済額104,166円となり、金利1%として借入額を計算すると、3,600万円(月々の返済額101,623円)程度が適正借入額となります。

返済比率を抑えるためには物件のグレードを落とすか、頭金を多く入れるようにするしかありません。

一般的な頭金の金額は物件価格の1~2割程度が多いようです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

年収別、住宅価格とローンの借入額と支払額の例

e09fc631b56ca2c4ffc6f352ca25da4d_s

返済負担率を25%、頭金を1~2割入れることを前提に、金利を1%として考えた場合、年収別に住宅価格と借入額・毎月の返済額(ボーナス払いなし)を挙げてみました。

年収500万円

住宅価格:3,960万円~4,320万円 借入額:3,600万円 毎月の返済額:101,623円

年収600万円

住宅価格:4,730万円~5,160万円 借入額:4300万円 毎月の返済額:121,383円

年収700万円

住宅価格:5,500万円~6,000万円 借入額:5,000万円 毎月の返済額:141,143円

年収800万円

住宅価格:6,270万円~6,840万円 借入額:5,700万円 毎月の返済額:160,903円

年収900万円

住宅価格:7,150万円~7,800万円 借入額:6,500万円 毎月の返済額:183,486円

年収1000万円

住宅価格:7,920万円~8,640万円 借入額:7,200万円 毎月の返済額:203,246円

年収によって適正借入額でローンを組んだ場合、このような住宅の価格帯になりました。

「そんなに借り入れして大丈夫なの?」と驚かれた方もいるかと思いますが、住宅の購入には頭金や毎月のローン以外にも、住宅購入時やローン借入時に諸経費がかかるということも忘れないようにしてください。

諸経費の目安は、新築で購入価格の3~7%、中古で6~10%かかります。

また、住宅購入後にも不動産取得税や固定資産税の支払いがあります。返済負担率を抑えるために、自己資金のほとんどを頭金に回してしまっては、何かあった時には慌てることになるかもしれないので、ある程度の自己資金は残しておく方が望ましいですね。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

まとめ

c081e45d8bd710fba7db3c2de7f4d3d4_s

それぞれのライフスタイルによって、高額の住宅ローンを抱えての生活より、少な目のローンにして、その分人生を楽しむためにお金を使いたいと思う方もいると思います。

また反対に理想の住まいを手に入れるためには、少々の無理は構わないという方もおられるでしょう。ここに挙げた数字はあくまで参考例として、ご自分に合った住宅を探してくださいね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top